柴ワンコ

2016年12月30日 (金)

2016年、〆

今年も、ブログの更新、連投だったり、とんとご無沙汰したり。

うっすら生息気味になりましたが、懲りずに訪れてくださった皆様、

何かの検索でたどり着いてくださった皆様、

ありがとうございました。

 

 

来年は、遂に「アラフィフ」に突入し、

まぁ、「白髪が怒涛の如く増えた」とか、「老眼が進むわ~」とか、

「老年性のいぼが出てきたわ~」とか(ほぼ実話)、

いろいろとぼやきつつも、地味に面白いことを、ニヤニヤしながらうっすら更新

していく所存でおりますので(笑)、

またまた、期待せずにお付き合いいただけたら幸いに存じます。

 

                                            ちょび

Dc123006

え?ツリーが出てるって?

ちがうよちがうよ?飾りを取った後に、

「冬のイルミネーションバージョン」として、

しばらく出しておこうかなってことにしたんだよ。

Dsc_4134

                   あー・・・めんどくさいっ!とかじゃ絶対ないよ。(笑) 

| | コメント (2)

2016年11月25日 (金)

遂に!

いやぁ、雪ががっつり降りましたね。

水分を多く含んでいたから、かなりべっちょりな感じで、

道路などにはあまり積もりませんでした。

 

子供たちが下校時間になる前に、一足お先に公園でまっさらな雪を堪能。

ワンコ大はしゃぎで、

遂に二足歩行を始めましたよ。 (なんつって!)

Mu

久しぶりにこの防寒ウェア着せたら、パッツパツで、

ボタンが一個しか閉まりませんでした。(笑)

 

もう、明日にはべちょべちょになるね。

路面の凍結、皆様、足元に気を付けてお出かけくださいね。 

| | コメント (2)

2016年11月14日 (月)

ちょび家、残暑の走り書き。 前編

いやぁ・・・また更新が3ヶ月も開いてしまいましたね。

こちょこちょ細かく用事があったりでタイミングを逃したまま、もう冬。

チーン・・・。(-_-)

 

名古屋にパソコンが設置されまして、

こちらからも更新できるようになったので、残暑あたりの出来事を

一気に書いちゃいます。

 

 

この夏、13年間乗り、沖縄生活も海を渡って共にした車を買い換えました。

ちょびすけ、愛車の歴史は、日産→ホンダ・・・・から

1
SUBARUになりました!

4WDの自動ブレーキ付きになり、

おどおど山道や高速を走っていた私にも、重心が安定していて走りやすく

長距離が少し楽になりまして。

 

 

夫くんだって新しい車に乗りたい!ってことで、遅めの夏休みは

東京から犬を連れて、山梨→長野→名古屋というコースで残暑旅行。

 

山梨では、清里に滞在。

牧場で、おいしい牧草を堪能(犬がね。笑)

2

3

                     アルパカさん

4

5
             びびりすぎ。牧羊犬にはなれませんね。

6

清里では、ドイツ人オーナーさん経営のペット可のペンションに一泊。

ドイツビール好きちょび家、ビールとソーセージを堪能。

7

翌日は、昇仙峡のロープウェイが犬が抱っこで乗車できましたので

登ってみました。

8

9

10_2
ロープウェイの麓駅の前に、一押しな感じで、

流しそうめんの店があったので浮かれて入ってみました。

どっちかっていうと、回しそうめんじゃ?と思ったら、

脇に短い「流しゾーン」があり、地味に盛り上がりました。

川沿いで気持ちよかった~。

11

12
 

その後は、長野県の蓼科へ移動。

産直店で、こちらでは見かけないブドウやら、食材を買い込んで

素泊まりコテージに一泊。

我が家は、この「素泊まり泊」が結構お気に入りで。

ワンコも、広い一棟建てで大はしゃぎ。

13

ご飯食べて大満足~って思ってたら、翌日にかけて土砂降り。

さすがは妖怪あめふらしの私。

いかんなく発揮してしまい、散歩もまともにできないまま、

名古屋へ移動と相成りました。

                         後編へ続く。

 

| | コメント (0)

2016年8月27日 (土)

磯辺焼きからの、ペンギンからの・・・

さて、谷中から歩いて、千駄木駅周辺へ。

ここでも、以前からどうしても行ってみたかったお店があって、

お付き合いしてもらって。

 

Dc082419horz

Dc082443

「あめ細工 吉原」さんです。

子供のころから、縁日にやってくる飴細工職人さんが、白鳥やうさぎなどなど

ハサミでチョキチョキ切って形作っていくのを見ているのが大好きでした。

まねっこしたくて、家の仏壇でロウソクのかけらをちろっと炙っては、

爪楊枝であんなこんなして、よく祖母にたしなめられたものです。(笑)

 

 

そんな憧れの実演が見られるお店ということで、訪れるのを楽しみにしていました。

店内には、昔見たよりも、うんといろんな種類の、

色鮮やかな飴たちが並んでいました。

撮影OKとのことで、写真撮らせていただきました。

Dc082422vert

そらもう、ここまで来たら、目のまえで作ってもらわなくっちゃぁ♡

動画撮影もさせていただいたので、

さて何が出来るかご覧くださいね。

飴の温度は、80℃。

冷えて固まってしまうまでの3分間で形を作らないとならないのだそうです。

 

出来ました~(笑)







Dc082433
かわいいー!(悶絶)

見本の柴犬は、茶色かったんですが、「黒でもできますか?」と

お願いしたら、快く引き受けてくださり、一瞬写真を見せただけで、

なんとも特徴をとらえたお嬢が。(笑)

 

友達のわんこ、ミニチュアダックスも作っていただきました。

Dc082439

同じ、丸い玉から始まって、3分でこんなに異なるものができちゃいました。

友達と感心してたんだけど、同じ犬と言えど、骨格とか筋肉のついているところが

全然違うんですね。

私も、自分の飼っている犬種のこと以外は全然わからないのだけど、

この職人さんの、観察力、ほんとうに圧巻。 まさに職人芸。

 

 

気に入りすぎて、四十路女が二人、途中で袋から取り出しては眺め・・・

また取り出しては眺め。(笑)

飴の味は、バニラで、30℃以下の部屋であれば、2か月ほど飾っておけるそうです。

それを過ぎると、ちょっと表面がてかってきて形が崩れてくるらしいので、

そこが食べ時ですね。

Dc082603

           バニラのにおい大好きなのに、見せられるだけといういぢわるプレイ

はーん、大満足ぅ~。

ちょっと雨に降られながら、根津神社を参拝。

Dc082450
徳川綱吉が創建した社殿は、当時のまま現存しているのだそうですよ~。

こちらの神社で有名なのは、千本鳥居。 

Dc082445
圧巻だわ~、雰囲気あるわ~って、ずいずい進んで行ってたら鳥居終わっちゃって。

どうやら、途中にあったのが「乙女稲荷」だったらしい。

思いっきり通り過ぎちゃって、女子力0 ズガビ━━Σ(ll゚艸゚ll)━━━ン!!

Dc082448

 

ものすごく暑かったけど、素敵なタワシ屋さんがあったり、

めったに見かけない、柳の木が揺れて風情があり、

Dc082454

Dc082456

そして、ラストには猫好きで有名な、女優の川上麻衣子さんをお見かけするという

実に「谷根千めぐり」らしい締めくくりで、残暑満喫しました。cat

★「あめ細工 吉原」情報  HPはこちら 

★谷根千観光案内 こちら

| | コメント (2)

2016年6月28日 (火)

Brit Bowl 【ブリットボウル】でカフェランチ

名古屋滞在中は、基本的に・・・

Dc062101vertこんな感じで過ごしています。

やはり、行ったり来たりなので、

ワンコも行くたびに環境になれるのに時間を要するし、

犬の届くところにいろいろ置いてあって、

出かけるとなるとケージにいれっぱなしになるし。

いかんせん、私自身、あちゃこちゃ出歩くとお財布事情も大変だしね。 

よって、名古屋市内はほぼほぼ散策できてません。Σ(゚д゚lll)ガーン 

 

 

今回の滞在は、雨&蒸し暑くて、家で犬と一緒にロボット掃除機ウォッチング。

Dsc_3863 

これが、想像以上に見ているのが楽しくって(笑)

普通は出歩いてる間にやっておいてもらうものなんでしょうけどね。

毎日、動かしては驚きのごみ収集量を、

帰宅した夫くんに鼻息荒く報告する妻を、憐れんでくれたのでしょうか、

行きたかったCAFEに付き合ってくれました♪

Dc0621157

「ブリットボウル」というお店で、名古屋市のお隣、日進市にあります。

車だとものすごく近くて、なんと店内もペット可!

この日は雨が降っていたのだけれど、大賑わい。

テラス席のほうに案内して頂きました。

 

 

Dc0621152
 

一般的に「ペット可」となっているお店は、大概「テラス席のみ」で

屋根が付いていなかったりすることも多く、雨の日や日差しの強い日は厳しいことが

多いのだけれど、こちらは屋根付きで助かる。

しかも、奥の方にテラス席を増築中っぽい。

 

店内も、半分、床がレンガになっていて、その範囲はペット同伴化なので、

大型犬を連れていらっしゃる方もちらほら。

 

しかも、お料理がとても充実してました。

夫くんは、トマトを豚肉で巻いた揚げ物。ご飯もお味噌汁も付いてきます。

Dc0621146
 

 

私は、サラダきしめん

こちらも、玄米おにぎりとお味噌汁が付いてきます。

Dc0621143
大根や茄子の素揚げしたものや、かき揚げもサクサクで、

ボリュームあるのも嬉しい。

 

 

Dc0621153

ドリンクも、デザートも付いて1360円。

お腹すごい満たされて、大満足でした。 

真ん中のは「生姜のゼリー」だったんだけど、この季節のデザートに最高。

 

 

これは、賑わっているのも納得!

席数もかなりあるし、駐車場も広いし。

ケーキや、ぜんざいなんかも美味しそうだったんだよね~♡

またリピートしてしまいそうです。いい店発見して、嬉しいわ~。

 

ワンコ用メニューもあるようですよ。

Dc0621138
 

・・・はい。いつもいつも、すみませんね。(;^ω^A ァセァセ

 

 

★Brit Bowl【ブリットボウル】 お店情報はこちら

 

 

 

 

| | コメント (0)

2016年6月27日 (月)

季節のごちそう

モネ池を鑑賞した後は、お昼ご飯。

 

池自体が、観光地化された場所にあるわけではないので、

少し車を走らせて、板取川の清流沿いにあり、ペットもテラス席で入店できる

「おもだか」というお店に行ってみました。

Dc062193

 

犬連れさんが座れるのは、屋根のある、風通しの良い2テーブル。

いいわぁ。和む。

Dc062192

 

岐阜は本当に河が綺麗で、車をひたすら走らせていても、

いつもとても気持ちの良い景色で。

しかも、ちょうどこの数日前から「アユ漁が解禁」したばかりだったので、

いたる所で釣りをしている姿が見られ、

和製「リバー・ランズ・スルー・イット」といったような、心洗われる感じです。

Dc0621100

 

そらもう、鮎食べるっきゃないでしょ~・・・とお財布と相談。

コースは行けそうになかったので(笑)、単品で頼んでみましたよ。

Dc062194

                                                先付が出てきまして・・・

Dc0621108
                     「鮎のから揚げ」

 

サクッとした歯触りの中には、ふわっふわの身が。

頭も骨も、かりかりぽりぽり。うまーい!

ビール飲みたい!車だから飲めない。(*ノω`゚)。シクシク

 

 

 

 

Dc0621111
                      「鮎の塩焼き」

 

こちらも、塩の塩梅もよく、ふわりとしているのに、しっとしして、

焼きすぎていない感じが絶妙。

夫くん曰く、今まで食べたことのある鮎の中で一番おいしい!とのこと。

やっぱり「天然」っていうのは違うのかな~。

 

お腹の部分の苦みとかも、一口食べては「んーっ!」って唸っちゃうくらいおいしく。

これは完全に、大人になってからわかる「美味さ」って感じだよね、と。

大人のご褒美だよね、と。

 

〆には、

Dc0621113
                      「鮎ぞうすい」

いい出汁が出ていました~。

ほんのり甘みを感じる味付けが、またいい!

すごく暑い日だったけれど、逆にぞうすい食べたら、涼やかに気分になって

最高でした。

 

お腹いっぱい食べるものでもないけれど、ものすごい満足感に浸った、

季節の贅沢を堪能させていただきました♪

とりあえず、食事中、目のまえで釣ってるおじさまに当たりがなかったのが

残念でしたけど。(笑)

★「天然鮎料理 おもだか」 情報はこちら

| | コメント (3)

2016年5月19日 (木)

長瀞ウロウロ

G.Wの埼玉1泊旅行。

秩父(ちちぶ)のコテージでキャンプ気分を味わった翌日は、

車でちょいと北へ移動。

「長瀞(ながとろ)」町へ。

 

メイン観光スポットと言えばここ。

1

「岩畳(いわだたみ)」です。

南北に流れる荒川が流れていて、渓谷になっています。

岩が、地表に露出して、一帯が岩の階段のようになっています。

3

渓谷では、ライン下りや、カヌー、ラフティングなんかも楽しめて、

長瀞観光といったら、これ!といった感じ。

2
    小型犬を乗せていらっしゃる方もお見かけしましたが、うちの犬はパニクりそうなので、自粛。 

カヌーものんびりしていて、いいですねぇ!

5

4
結構な断崖なので、高所恐怖症のワタクシは、端っこまで行くのは躊躇だわ~。

 

自生している藤の花が至る所にあって、藤祭りなんかもやっていたみたい。

少しピークは過ぎていたけれど。

6
 

 

岩畳のあたりから、「長瀞駅」までの間は、お土産屋さんや飲食店がずっと

連なっていて、とても賑わって楽しかったですよ~。

暑かったので、こんなのも買い食い。

キュウリとミョウガの浅漬け♪

7

ミョウガが大好きなので、この組み合わせ最高だなぁ!

 

 

ワンコ連れの方もたくさんいらっしゃって、外席で同伴させていただけるお店も

多く、助かりました。

お腹も空いたので「丹一」というお蕎麦屋さんでお昼ご飯。 

8
夫は天ぷらそば、私はごまだれ蕎麦。

お蕎麦のモリモリ具合が、大食いにはたまらん。

9
 

 

腹ごしらえをした後は、何やら、駅付近がざわついていて、耳を澄ませてたら

「あと15分で、SLが走ってくるらしい」との情報ゲット!

なんて絶妙なタイミング~!

 

秩父鉄道が週末や、行楽シーズンに運転していて、

路線は、三峯神社のある「三峰口」から、北東方面「羽生市」まで走ります。

Ro

 

線路際には、本格的な「撮り鉄」さんから、にわかさんまでカメラ持ってスタンバイ。

長瀞駅で、乗降を済ませ、「ぽぽぉぉぉおお!!」っと汽笛が鳴ると、

みんなのテンションも上がります。

SL時代に育ったわけではないのに、シュッシュッシュッシュ・・・・って聞こえると

ワクワクするのは、「銀河鉄道999」世代だからかしら♡

 

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

12

見ているのも断然かっこいいんだけど、一度でいいからこれに乗って

渓谷を駆け抜けてみたいわ~。いつか叶えよう!

 

って、あれ?最後尾の車掌室から、何やらが手を振っていたよ?(笑)

13 

 

さて、長瀞を満喫した後は、また少し秩父へ車で移動して。

「聖神社」に車を止めて、少し歩きます。

14

15
一人だったら、ちょっと躊躇しちゃいそうな静かな森の下り坂を歩いていくと・・・

 

 

どどーん!!!!!

16

162

巨大な「和同開珎(わどうかいちん)」のモニュメントです。

日本最古の流通貨幣です。

教科書で読んでたよね~、うんうん。

まさにこの山奥で、自然銅が発見されたことにより、貨幣が作られたのね。 

 

自然も豊富で、銅山もあって、平城京から秩父の文字の入った木簡が出土したり、

平安時代に元号が「和同」になったくらい、歴史に登場する風土なんだなぁ。

へろへろと1泊でいったけれど、見どころ満載で充実した旅だったなぁ。

帰りは、下道が混んでいたので、関越自動車道の花園目指し、巨大な道の駅で

「メロンパンアイス」を食べて帰りました♪

17
                                      おしまい。

| | コメント (2)

2016年5月12日 (木)

秩父のコテージでキャンプ気分

三峯神社を参拝した日は、そのまま「PICA秩父」というところに一泊。

 

 

秩父ミューズパークという広大な公園の中にある、コテージ施設。

たくさんのコテージの中に、5棟だけ犬と滞在できるコテージがあります。

1

                      こちらが、ドギーコテージ

ドッグリゾートとかではないので、ドッグランなどはないですが、

建物の周りに囲いがあって、自由に走り回れるようになっていますよ。

はしゃぎまわって大興奮。

数分後には、自分のテリトリー化とし、敷地内をくまなくチェック。

3

コテージの中には、犬用のケージも用意されています。

結構広いよ~!

4
普段、部屋とベランダなどを行き来させないように飼っているので、

縦横無尽に走れるのが嬉しいらしく、出たり入ったりしてました。

5 

施設の方の話だと、夜の間に姿が見えなくなったと思ったら、

コテージの軒下が気に入って、出てこなくなったワンコがいたんだとか。(笑)

 

 

そうそう、今回利用しませんでしたが、宿泊者は別館の大浴場が利用できるため、

コテージには簡単なシャワーのみです。 

(ドライヤーなかったから、必要な方はお忘れずに~)

、ドギーコテージのプランは、朝夕の食材付きのみです。

そう、食事じゃなくて、食「材」ね。

というわけで、自分たちで作るわけなんですが、

立派なBBQコンロが付いてるんですね~。( ´艸`)ムププ 

2

6
 

食材は、チェックイン後に夕食用と朝食用、まとめて渡してくれますので、

あとはチェックアウトまでゆっくり過ごせます。

野菜などは、全部カットした状態で渡されるので、超楽~!!!

 

チキンコースを選んだので、まずは、オイルと添付のスパイスなどを塗り塗り。

7

 

ポトフの材料も、投入するだけ。

8

 

なんだか夫くんが、売店でキャンドルを買ってきたので、

出た出た、ムーディー夫!(笑)

9

って思ったら、蚊除けのキャンドルだった。なるほどなるほど。

 

バケットや、果物、前菜は出来上がった状態で渡されるので、

お皿に盛りつけるだけ。

11
                     結構、ちゃんとした前菜だわー。

 

チキンを半分にカットして、BBQコンロで焼いて・・・

焼きあがるまで、まったりタイム。

10

12
 

すみません、お肉全部味付けちゃったので、あなたはいつものカリカリです。

チキンの焼けるいい匂いだけで、いつものカリカリ。

すねる犬。( ノД`)シクシク…

13

14
         ちゃんと、常に入り口付近にいるのは、侵入を見張っているのか?いじらしい。

ほらほら、気を取り直して、写真撮るよ~!

 

142

         飼い主に似て、絶妙な確率で、目をつむってしまう我が犬なのであった・・・。      

 

 

さて、ポトフも出来上がり、チキンも焼きあがりましたよ。

15

16

17
ガーリックオイルと、塩コショウ、鷹の爪、ローズマリーで味付け。

高温でじっくり焼いたので、香ばしいけど柔らくて、めちゃくちゃ美味しかったです。

 

 

 

この日は、秩父あたりは肌寒くて、コテージ内の床暖房を付けてぬくぬく。

犬はやはり、慣れないケージには入ってくれず、持参のベッドで寝ておりました。

18

19

 

一夜明けまして、爽やかな朝!

前日に受け取った食材で、朝食作りです。

20

21
                    この他、果物も付いてます。

 

ソーセージと、クロワッサンを焼こうかねぇ。

22

23

好きなものを挟んで食べるんだけど、クロワッサンがふわふわ過ぎて、

上手くカットできなかった~。

そして、このセンスのない、挟み方ね。

ほんとA型かな?って疑うレベル。(笑)

24
 

結構、食べ応えありましたよ~。

でも、犬や小さい子供連れての、食材用意とか大変だし、

仕上げ段階まで半調理してあるっていうのは、気軽ですごく良かったなぁ!

 

コテージは、最近流行りのラグジュアリーなタイプや、テントタイプとか、

星空観察の望遠鏡付きタイプなんかもあって、

週末に友達みんなで!とか、お子さん連れのファミリーも、

公園内に、ゴーカートや、アスレチックがあって、楽しめると思うなぁ~♪

25

26
 

★PICA秩父情報 HPはこちら

 

                                            続く

| | コメント (0)

2016年5月10日 (火)

秩父~の~パワーをもらいましょっ♪

G.W がっつり休みが取れて、帰京していた夫くんに、

「どっか行きたいところないの?」と聞かれて、

犬連れで行けるところも限られるし、連休の高速渋滞は想像しただけで無理・・・

で、ずっと気になっていて、行きたい!と思っていた場所をリクエスト。

一路、埼玉県秩父市目指して車でGO!

この時期、ここ界隈が大変混雑する「羊山公園 芝桜」 は、以前堪能したので、

渋滞を回避して、目指した場所は・・・

 

 

42

「三峯(みつみね)神社」です!

ヤマトタケルノミコトが、

日本の国土を産んだと言われる、「イザナギノミコト、イザナミノミコト」を祀ったとされる

神社です。

 

雲取山・白岩山・妙法ヶ岳という三つの峰に囲まれていることから「三峯」という

名前になったようです。

その昔、空海が観音菩薩を収めたとか、修験道の開祖・役小角(えんのおずの)が

修行をしたという言われもあることから、

関東の強力パワースポットとして、有名らしい。

そのかわり、ものすごく強力なため、気が弱っている時や、体調が悪い方が行くと

逆に、気に負けてしまうとも言われているようですよ。

 

そうなんだー・・・と聞きながらも、呼ばれるっていうか、求めているというか

直感で行きたい!って思ったのはたぶん・・・

15
三峯神社には、オオカミが祀られているということ!

私が動物界で、一番惹かれる生き物オオカミが、守護神とされているのです。

この地を訪れたヤマトタケルの前に、山犬が現れて案内したことから

神の遣いとして崇められているらしいです。

 

 

三つ鳥居という、変わった形の鳥居のもとには、狛犬ではなく狼。

1

2

          狼のDNAを一番引き継いでいるらしい、柴犬さんもご挨拶。 

通常、神社は、四足の動物は「穢れ(けがれ)」の扱いなので、

鳥居をくぐることは良しとされていませんが、狼が祀られているこちらでは、

建物に同伴させず、排泄させないようにすればお参りすることが出来ます。

 

鳥居をくぐってしばらく歩くと、立派な「随身門(ずいしんもん)」が見えてきました。

3
神仏習合の時代には、仁王門として、仁王像がいらっしゃったようですが、

今は、同県鴻巣市のお寺に移設されているみたい。

 

 

そして、1800年に建立された、拝殿へ。

4

6

7
色とりどりで、美しいですねぇ。

拝殿の前には、両脇に御神木があり、三回深呼吸してから触れると、

気がもらえるらしいです。

5

8

 

拝殿前には、もうひとつ気になるスポットが。

9

ひしゃくが置いてあって、水を撒けるようになっているのですが、

なんと!

石畳に水を撒くと、龍神が現れるのだー。

10
しかも、こちら、2012年の辰年に、急に浮かび上がってきたんだとか。

いやぁ、そんなことってあるんだなぁ。

こういう話って、非常に興味が沸いちゃいます。

隣のおじさんが、「飲みなさい~、喉渇くから飲みなさい~」って

いっぱいかけてあげてて、和んだ。(笑) 

きっと、おじさんには良いことがあるね、うん。

 

 

 

さらに、拝殿の左方向に進んでいくと、狼が祀られているお宮があります。

11
狼は「大口真神」という神様で、普段は山奥に身を潜めているため、

仮のお宮として置かれていると書いてありますね。

早速、お参りさせていただく。

 

12

13
 

なんだか、ワンコの方が気を頂いたのでしょうか・・・心もち、

きりりとしておりました。ちゃんとご挨拶できたのかな?

Dc050363

で、ここでもまた、いいところに気づく夫くんがあるものを発見。

お宮までの石段に、点々・・・と。

14
 

足跡だー!((((((((((((((Σ(*`Д´*)ノノヒョェェエェェ!!!

まるで、ディズニーランドのように、隠れ足跡が。

神様か!?神様なのか!?と思ったけど、夫くん曰く、犬の足跡ではないらしく。

どちらにしても、コンクリが渇く前に、何やら動物がお宮参りした模様。

これの発見には、二人してかなり盛り上がってしまいました。(笑) 

 

 

今度は、拝殿向かって右方向へ。

ヤマトタケルノミコトの銅像が見守っておりました。

16

Dc050377                  何気に、5.2メートルと、でっかい。

 

 

お次は、遥拝殿(ようはいでん)

三峯神社には、奥宮があって、そこへはかなり険しい山道を1時間ほど歩き

妙法ケ岳山頂まで行かないとなりません。

その奥宮方面を望むことが出来る場所なんですが。

17

18 

ものすごい霧で、何も見えない~!

麓で、今から奥宮に行きますって、オオカミ犬 を連れていた方がいらしたんですが、

無事たどり着けたのかな・・・。

 

お犬様が描かれた、御朱印も頂いてきました。

20

そして、密かに話題になっている、三峯神社の「気守り」

21

22
このお守り、赤、緑・・・などの色があるんですが、

毎月、1日にだけ手にすることが出来る、木箱に入った白いお守りがあるんです。

「白い気守り」と呼ばれていて、

浅田真央選手が現役復帰の際に、姉・舞さんが購入したことから、

これを求める人たちで、毎月1日はえらいことになってるみたいです。

 

整理券をもらわないと購入できないのだけど、紅葉シーズンには

8時間待ちだったとか。

我が家が参拝したのは2日で、「前日はどうったんだろう?」とSNSなどで見てみたら、

夜中の2時には駐車場が満車だったって~!

ひぇぇぇ・・・・皆さんすごいなぁ。

 

ちなみに、白い気守りの方は、裏側に三峯神社という文字が刺繍されているので、

狼は描かれてないみたいです。

普通の気守りの方は、通常の参拝で手にすることが出来るので、ご安心を。

知らずに1日に参拝に行くと、漏れなく大渋滞なので気を付けてくださいね~。

 

 

あともう一つ、行ったら絶対買う!と鼻息荒くしていた、

ガラス製のオオカミ箸置きも購入して、ご満悦な三峯神社参拝でした。

23

         このCMでお馴染みの、「わらじかつ」も食べたよ~。サクサクで、美味しかった



19


 

                                    旅日記、続く・・・

| | コメント (0)

2016年4月 5日 (火)

(*´Д`)

いやいやいや・・・間あけすぎでしょ、私。がーん

 

|ω・) 生きてますよ~・・・ひっそり生息してますよ~・・・

 

さて、東京はすっかり曇天。

今年のお花見のタイミングは難しかったぁ。

いきなりぱぁぁぁああcherryblossomっと開きだしたかと思ったら、即、気温低下と雨でね。

ポカポカ陽気で、花を眺めながら・・・なんていうのにちょうどいい日は、

一日二日あったかな?くらいでした。

というわけで、たまたま墓参りで帰京していた夫くんと実家家族と、

ワンコを連れてお散歩がてら、恒例の川沿いへ。

1
花曇りでしたが、咲いている週末がそこしかなかったので、

それなりに賑わってましたが、みなさん、豚汁とか食べて暖を取っている感じ。

 

2
しかし、ここの桜は本当に見応えあるのに、穴場です。

早朝から場所取り・・・というほどでもなく、そこそこ屋台も出ていて。

地面に直はなければ、火を使ってもいいしね。(ガスコンロとか)

 

 

なにより、水辺の桜って不思議と水面の方に枝垂れているから、

より一層近い場所で桜を眺めることが出来る。

3

             桜と柴犬の組み合わせは、一年通して一番見ごろ。(笑)

 

まぁ、犬の方は花よりも、地面に生えだした新しい草に夢中で、

食べまくってましたが。clover

 

5

                 これは何の新芽じゃろうかー?たらの芽?

 

この時期、電車が高架線を走っているといたる所に桜が咲いていて、

「ぁぁ・・・普段気付かないけど、こんなにいろんなところに桜が生えてるんだ~」って。

小さい花びらなのに、すごく遠くからでも、ほんのりなピンク色が

ここにいました、実は!って主張してて、かわいいですね。

4
良いタイミングで夫くんも帰京できてよかったね。

 

 

帰宅してから、違う場所の桜も観に行ってみました。

ベランダから、広大に立派な桜の園が見えるんだけど、近くで観たことがなかったので。

犬は連れてはいれないので、お留守番。

 

場所は、国立多磨全生園

ハンセン病の患者さんが、強制隔離されていた場所です。

現在は、「らい予防法」も廃止 され、近隣の皆さんもお住まいの方も、

花見や、夏祭りなど自由に行き来することが可能になっています。

 

 

桜の園に足を踏み入れると、なんとも素敵な景色が広がっていました!

7
小学生の子供たちが、すっかり見えなくなるくらいの背丈の菜の花と桜。

桜の木のもとに、たくさんの方々がレジャーシートを敷いて、お花見していましたよ。

 

 

強制隔離されていたころは、この桜の園の外側には、お堀が彫られ水が張られ

外に出られないようになっていたと読みました。

今は、その堀も埋められ、地域の子供たちも走り回っていました。

 

生涯をそこで過ごすこと、子供をもうけることも禁止された患者さんたちが、

何十年もかけて、思いを込めて植えた桜は、

その願いを受け止めるように、今まで見たことのある桜よりも

うんと空高くその枝を広げていました。

 

8

彼らの人生を簡単な言葉では表すことはできないけれど、

この桜から伝わってくる「託した想い」に、

こうして木の下でたくさんの方々が集うようになった今からでも、

私なりに寄り添っていけたらいいな・・・

と思った、2016年春のお花見でした。 

 

桜ってやはり、日本の人々には特別な存在だなって改めて感じました。

6

| | コメント (2)

より以前の記事一覧