« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月22日 (金)

ただのスコーンに・・・

はい、またピンチね。

以前もコストコで買った「ゴルゴンゾーラ」 の期限が迫って、慌てて使ってましたが。

 

今回はこれ。

Dc072202
                       「フェタチーズ」

 

ギリシャのチーズで、羊や山羊の乳から作られるものらしい。

そんなに癖がなくて食べやすいんだけど、食塩水の中で熟成するとやらで、

やや塩分強め。

 

 

この商品は「クランブル」ってくらいなので、細かく砕けていて、

そのままサラダにパラパラかけたり出来るじゃん!と思って、買った訳なんですが。

「結構期限も長いし~・・・。」とか、余裕をこいて選んだはずだったのに。

Dc071951
ブルスケッタなんかにもして、結構食べていたけれど、

塩分強めだからそんなにたくさん入れないし、レシピ検索しても、

もっぱらサラダに合わせるっていうのが多くて、気付けば期限を過ぎ始めてしまった。

 

 

これは、どうにか大量に使うレシピを探さねば・・・とみていたら、

COOKPAD先生で、トルコの惣菜パン、「ポアチェ」っていうのを見つけて、

早速作ってみました。

 

行程も少なく、簡単レシピなはずなのに、ほらまたやらかしたよね。( ノД`)シクシク…

読解能力、皆無だよね。

どうやら、作った生地で、

フェタチーズを肉まんみたいに包むってことだったみたいなのに、

何をどう勘違いしたのか、生地の中にチーズも入れてしまった。

あかーん!しかも、パセリって書いてあるのになくって、乾燥バジルを適当に入れる。

 

仕方ないので、チーズが混ざりまくった生地を丸めて、天板に並べる・・・。

Dc072203

                      鶏ひき肉団子みたい。(笑)

180℃で、40分ほど焼きました。

お?おおお?なんかいい匂いだぞ~!

ちょっと不格好だけど、スコーンという感じにはなった。

Dc0722294

Dc0722296
焼きたてを早速頂いてみる。

 

 

いけるやーん!good

サクサクしてるし、フェタチーズもとろけるってわけでもなく、

ちゃんと生地に馴染んでる。

Dc0722299
パセリの代わりに入れたバジルも、チーズとだから相性も良く。

正解レシピを食べてないから、アレなんだけど、

私は案外、真ん中にチーズが集中より、全体的に混ざってる方が好きかもしれない。

 

 

甘くないから、お食事のスコーンとして、これはイケるぞ~。

いっぱい出来たから、取り敢えず冷凍して。

派手にレシピを間違えたけど、結果オーライでした♪

Dc0722290

・・・って、それでもまだチーズが残ってるっていうね。がーん。 

| | コメント (0)

2016年7月21日 (木)

株分け成功!?

先日の日記で書いた、5年前購入のモンステラ。

ヒョロヒョロ上に伸びる一方で、下に葉っぱがなく・・・

というところから、思い切ってバサバサ切って

プランターに挿し木、花瓶に水差ししておりました。

Dc060443

Dc060444
こんな棒みたいな状態から、ほんとうに増えるんだろうか?とやや心配してたけど

黄緑色の新しい葉がニョキヒョキ。

花瓶に挿していた方からも、もやしみたいに白い根っこがたくさん出てきたので、

鉢に植え替えることにしました。

 

今まで、購入した時のプラスチック鉢に植わっていたので、

素焼きの大・中・小の植木鉢を買って、大元を大きい鉢に。

切り分けた葉の方を、中・小に分けて植えてみました。

Dc071911
ベランダだと、盛大に土をひっくり返せないから、非常にめんどくさい。

(うちのマンション、ベランダに水栓も無いし。がーん)

日焼け止め塗りたくって、汗だらだらで作業。

 

土まみれで写真撮りそびれたけど、プランターに植えていた挿し木からは、

ファッサファサに根っこがはっていてびっくりしました。

知らぬ間に、ちゃんと成長してた。疑ってごめんよ。

 

大元の方は、鉢の中がほぼ根っこで覆われていて、引っこ抜くのが大変で。

連休で帰宅していた夫くんに、ちょいと手伝ってもらいました。

 

無事3つのモンステラ鉢に分割。

大元も、思い切って古い葉っぱはみんな切っちゃったら、

下の方に新し葉がたくさん出てきて、「NEW!モンステラ」な感じになってきてます。

Dc0719107

おや?って思うかもしれませんが、新しい葉っぱには

モンステラ特有の穴が開いてないのね。

茎の部分が太くないと、穴のある葉っぱは出てこないらしく。

そこまで行くのに2~3年かかるらしいよ!

・・・ということは、購入した時の立派な鉢は、何年もかけて育ったものだったんだね。

 

 

中くらいのほうには、穴の開いた葉っぱのわき芽を剪定して寄せ植え。

Dc072008
新しい葉との色の差が歴然ですね。

 

 

一番小さい鉢植えは、挿し木で出てきた葉っぱを中心に植えてみました。

小さめの鉢なので、床に置くと、犬が土とかフンフンしそうだったので、

IKEAに行って、お安い木製スツールを花台代わりに購入してみました。

Dc071989
来客で、椅子が足りない時に使える一石二鳥!座布団も買っといた。(笑)

1300円台で、組み立ても簡単だし、無垢材なところがナチュラルでいい感じに。

Dc071998

モンステラは6~8月くらいまでが成長期らしく、

大元の方にもまだまだ、黄緑色の芽がちらほら顔を出しているので、

今は、1日に何回も新芽の様子を眺めちゃうのが楽しみの一つ。

 

 

枯らし屋のワタクシが、株分けまで到達するとか、

「植木はほぼほぼ枯らす」部の皆さん!朗報ですよ!

モンステラ、おすすめですよ!((*´д`人´д`*))ワァイ♪

エアプランつも枯らすワタクシがっ!ですから。

 

 

すっきり植え替え作業を終わらせ、緑が増殖!?していい気分な感じで、

44回目の誕生日を迎えましたー。

Dc071926
私のツボや、好みをよくご存じで~♡なプレゼントを贈ってくれた皆さん、

メッセージを贈ってくれた皆さん、すごく嬉しかったです。

歳を取ればとるほど、なんだか「おめでとう」と言ってもらえることが

とても有り難いことだと感じるようになりました。 

 

44歳もそこそこ適当に、じわじわ楽しみながら堪能したいと思います!

これからもどうぞよろしくです~。(*´з`)チュッ

A

| | コメント (4)

2016年7月 4日 (月)

文字を嗜んでみる。

前回の台東区散策の続き。

革や、どのほか問屋さんがたくさんあるようで、

それらを職人技で活かしたかばん屋さんや、センスのあるお店が点在している

「蔵前駅」周辺へ。 

 

私、ほんとうに都心のことに詳しくなくて、友達に声かけてもらわなかったら

どんな街かも全然知らなかった蔵前は、最近は注目されているスポットなんですね。

 

で、事前に下調べした時に、

「このお店はぜひ立ち寄りたい!」って思ったお店がこちら。

Dc062724
 

                       たのしく、書く人。

                  カキモリ

 

もう、ここからして素敵。

ノートと、筆記具を扱っているお店で、

表紙や、中紙を自分で選んで、その場でオリジナルノートが作れます

ノート希望の方は、外で順番待ちされていて、賑わっていました。 

 

万年筆用のインクも、自分で調合して好みの色を作れるらしく、

そこに飛びついたワタクシですが、現在、オリジナルインクの方は

仕入れの都合などから一時閉店中だそうで、残念。

 

いつか自分の一品が欲しいな~っと憧れる、ガラスペンを眺めながら、

まだちょっと手が出ないわ・・・とうっとり眺めるに終わるかと思いきや、

すごくちょうどいいものを見つけてしまいました!

 

Dc062823

Dc062825

「万年筆インク専用のボールペン」なんだってー!

ローラーボールという商品。

中に、インクが入っていない状態のボールペンを購入し、

インクは、好みの万年筆インクを選べるの。

こういうしくみ。

Dc062828
 

調合は出来ないけれど

、日本ならではの景色の浮かぶような名前のついたインクがずらり。

 

パイロット社の「iroshizuku(いろしずく)」というシリーズですって。

すごい悩んだ末に、選んだ色はこれ。

Dc062835

                        「霧雨」

 

帰宅して、早速、ボールペンにインクを入れてみました。

まずは、本体を3つに分けて・・・

Dc062837

この、真ん中の部分(コンバーターというらしい)の黒いところを回すと、

上から棒みたいなのが下りてきます。

Dc062840

 

次に、インクの瓶にコンバーターを立てて、先ほどと逆に回すと、

注射器のように、インクが上へ吸い上げられてきました。

ぉぉぉーぅ。(心の中の盛り上がり)

Dc062846
 

あとは、ボールペンを元の状態に戻すだけ。

Dc062848
ほんのちょっぴりで、、満タンになったから、瓶一本で相当使えるわ♪ 

 

 

書いてみました、こんな色。

Dc062850
 

薄墨のような、まさに霧雨の日の視界みたいな、ふわーっとした色。

強すぎず、でも、日常使いできそうな、初心者っぽいチョイスだよね。(笑)

 

 

色を変えるには、もう一本ボールペン買うのかな?って思ってたら、

普通に、本体を水洗いして乾かせば、他の色に使用できるらしいよ。

冒険カラーも、いつか挑戦したいから。

 

本体が透明なのは、入れたインクの色味自体がデザインになるからなんだって。

なにそれー、素敵すぎる。

Dc062853
 

書き味もよくって、すごく、文章を書きたくなってきた。

手紙か・・・日記か・・・。

最近手にしたものの中で、一番ワクワクしました。

本体(ローラーボール)は、カキモリさんのオリジナルのようです。 

 

あ!そうだよ。オリジナルインク作りも年内には復活するみたいだから、

2本目のインクはそれにしたいな。

 

まさに、

「たのしく、書く人」

という言葉がぴったりの、とっておきの一品になりました。

 

★「カキモリ」 お店情報はこちら

★蔵前周辺散策 情報はこちら

 

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »