« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月28日 (水)

地元野菜キッシュ

このところ、緑の野菜はお高いですね~ (;'∀')

今の季節ものじゃないから、仕方がないっちゃ仕方がないんだけど。

食卓に緑がないと、やっぱりなんだか彩りがさみしいし。

 

 

 

 

スーパーで買うと軽く200円台行っちゃう野菜たち。

こんな時期は、

VIVA!東京郊外!shineshine

なんですよ~・・・。

 

 

露地ものっていうんですか?

うちの近隣は畑が多く、木箱にちゃりーんとお金を入れて購入する、

農家さんの無人販売所がたっくさんあるのです。

最近は、犬の散歩がてら無人販売所めぐり♪

「ちゃりーん方式」なので、どれも100円!消費税無し!!

                            ((*´д`人´д`*))アリガタヤー♪

 

 

 

採れたて新鮮な、緑濃いほうれん草が、みっちり束になって100円だったので、

思わず2把購入。

冷凍庫に「え・・・いつの???Σ(ll゚艸゚ll)」という感じに潜んでいた、

パイシートをひっぱり出してきて、これまた中途半端に残ってた

エリンギさんと一緒に、久しぶりのキッシュ作りました~

New_image

くはー・・・昼間っから、白ワインでも飲んじゃいたいところを堪えたさ。(笑)

ほんと、野菜だけは助かる。郊外住んでてよかったわ~。

歩いて巡ると運動にもなるしね。

 

 

つって・・・買ってきたもので、食べ物ばっかり作ってるから、

歩いた分は帳消しですけどね。(T-T*)ウウウ 

 

 

 

 

まだまだ寒いけど、梅の蕾がそろそろ準備を始めたようですよ~♪

日も少し長くなってきたしね。春が待ち遠しいなー。

Dc011455

 

| | コメント (2)

2015年1月18日 (日)

ちょびパン工房

どうしてなんだったか忘れたけど・・・

昨年の秋あたりから、パン焼きにはまっています。

お菓子でも料理でも、レシピの内容が盛りだくさんだと萎えてしまう質でして、

そんな時見つけたのがこちらの本。

1
 

 

「こねなくていい」っていうのに惹かれて、挑戦してみました。

ボウルに、ぬるま湯に塩、砂糖、ドライイースト、油を入れたところに

粉類をざーっと混ぜ、ヘラとかで混ぜるだけで発酵させて作ります。

2 

夏場だったら、室温で発酵させればいいんだと思うけど、

寒い時期なので、オーブンの発酵機能を使って、35℃で90分とか発酵。

 

 

 

長くなるので工程は省くけど、

最終的に、こんな道具を使います。

「発酵かご」です。

3
これに、粉を振って生地を入れ最終発酵させると、

ひっくり返した時に、あの、縞々模様になるんですね~。

普通に、100均のザルとかでも代用できるみたいですよ。

4
 模様を付ける以外の、このカゴの意味合いが謎なんだけどね。形から入るタイプなので。(笑)

 

この最終発酵のラスト10分くらいのところで、かごから出して

そっと模様面を上にひっくり返し、ナイフなどで「クープ(切れ込み)」を入れて、

残りの発酵をすると・・・。

6vert

それっぽくなってきたでしょ~!?

で、これを焼くわけなんです。

すると、自家製カンパーニュの出来上がり♪

7vert

これが、想像以上にいい感じにできまして。

東京郊外、ここいらのパン屋さんには、こういったハード系のパンは

あまり置いていないので、じゃ、作ってみるか・・・ということだったのだけど、

夫くんにも好評で、それ以来、パン作りにはまっています。

 

 

 

紹介した、藤田千秋さんの本がすごく良かったので、

他のシリーズも集めてみました。

83

冒頭の本は、ボウルで混ぜるだけだったけど、こちらは捏ねるレシピ。

今までめんどくさいと思っていたけど、捏ねる工程がね、

すごいストレス発散できるんです。

生地を引っ張っては戻し・・・引っ張っては戻し・・・

私の中では、この工程がある方のアレに似ていることから、こう呼んでいます。

Photo

 

この工程「武藤」をがっつりやっておくのが美味しくなるポイント。

お勧めとしては、武藤さん本人よりも、神無月バージョンでやるのがいいと思います。

Da90f0d3s

さて、脱線しましたが、捏ねるレシピで作ったカンパーニュ。

じゃじゃん!

9
薄く切って、サンドイッチなんかにしてもおいしかった~。

写真撮り忘れたけど。

それからは、週に2回くらいのペースで焼いちゃいましてね。

10

クリスマスには、プレッツェルにも挑戦してみました。

棒状にした生地を伸ばしていって、成形して・・・。

特徴としては、最後にフライパンで沸かした、重曹水に生地をくぐらせるんです。

11vert
 

プレッツェルがあんなに真っ茶色なのは、焦げてるんじゃなくて

化学反応なんですね~。

ドイツでは、苛性ソーダ水に浸すらしいです。

 

 

 

そんなこんなで、全粒粉のカンパーニュやら、ライ麦パン、プレッツェル・・・

と、いろいろ焼いてみました~。

12

炭水化物ダイエットとか・・・ほんと無理だな、私。

調子に乗って、週2とかで焼いてたら、電気代が跳ね上がって

ズガビ━━Σ(ll゚艸゚ll)━━━ン!!

ってことになったので、作る頻度を下げてお楽しみ中です♪

123

| | コメント (2)

2015年1月 3日 (土)

3!

Dc0103139_3
 

なんざましょ、なんざましょ?この一品は。

・・・ってこれ、毛むくじゃらの、この方のごはん。

 

 

 

本日、3歳の誕生日を迎えた「むくさん」」のでした。

New_image

昨年のケーキもどき は、がっさりジャガイモ使って作ったんだけど

あとから、「そういや、ジャガイモアレルギーだった・・・」

というオチがあり。

今回は、茹でたささ身と、ブロッコリー、ニンジン、リンゴで作ってみましたよ。

Dc0103143

この一年で変わったのは、白髪!?が増えてきたこと(飼い主もだけど。笑)と、

リンゴが好きになったこと。

去年は、上に乗ったリンゴをのけて、食べなかったんだけどね。

基本的に、野菜もほとんど食べてくれないんだけど、ささ身と一緒に茹でたら

お肉の出汁が染みて美味しかったのか、

ニンジンのかけらも残さず食べました。 単純だなー。(笑)

 

Dc0103146

 

 

周りの犬飼いの方に、口をそろえて

「3歳になると落ち着くよ~」

と聞いているのですが、ほんとかなー?

2歳の時もそう聞いたけど、あんまり落ち着いてないです。( ´,_ゝ`)プッ

 

 

人間で言ったら20代後半くらい?

3歳も元気に過ごせますようにー。(*'ω'*)

| | コメント (2)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »