« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月16日 (月)

目標達成!

すっかり園芸ブログになりつつある今日この頃・・・((φ(-ω-*)。o○

 

 

 

さて、4年前にベランダ菜園で「キュウリが残念な結果に」という経験を持つ私。

野菜作りの師匠から

・1つつのプランターにいろんな野菜と一緒に植えない

・とにかく朝晩、水はたっぷりあげる

・・・などなどのアドバイスを頂き、

苗屋さんで育て方の極意なども聞いて、

今夏、キュウリ栽培に再チャレンジ!

 

 

5月下旬に苗を植えました。

キュウリは、「うどんこ病」などの病気にかかりやすいのだそうで、

接ぎ木の苗を選ぶとよいらしいです。

1

以前は、適当に選んだ小さなプランターで育てたけれど、

このくらい深さがある大きめのプランターに、苗1つくらいがよく育つコツとのこと。

 

 

 

お陰様で、ものすごい勢いで成長。

私の身長を軽く超えるほどになりました~☆彡

Linecamera_share_20140616075536

途中で、お隣に侵入しかけて、先端15センチほどカットしているので、

実際はおそらく、3メートル以上の高さなんだと思います。

 

 

弦も必死にしがみついております。

。*†*。☆キャワヾ(*´Д`*)人(*´Д`*)ノイィ☆。*†*。

2

 

 

そしてついに先週、収穫することができました!!

キュウリって、朝晩に収穫できちゃうほど成長が早いって聞いたんだけど、

ほんとすごいんです。

 

 

前日、んー、まだかな?

って思っていたのに、一晩であっという間にこんなに大きくなってて、びっくり。

4
もう、過去の「つちのこみたいなキュウリ」を思ったら、

格段の成長に、ちょびすけ感激 (*ノω`゚)。シクシク

 

 

 

 

5
                新鮮だから、とげがツンツンしております♡

 

 

最初はやっぱり、そのまま味わうのがいいよね~と思いまして、

こんな感じで頂きました。

10

味が濃い!

んでも、水分がちょっと少ないような、ぎゅっと詰まった食感。

瑞々しさがちょっと足りないような~。  |ω・) YOU ノ オハダモネ ←ガーン

水やり足りなかったのかな~。試行錯誤です。

 

 

 

トマトも色づき始めましたよ。

6

7
黄色の品種の方が、先に育っています。

小さかったけど、いい色になったので収穫してみました。

Dc061606
甘い!

これは大成功!!!

トマトは、苗の成長段階はたんまり水をあげて、

たくさん実がなりだしたら、水やり頻度を落とすんだって。

「喉の乾いたストレス状態」によって、実が甘くなるんだとか。

ストイックですね、トマトさん。

水の少ない土地でも育つ野菜だからね。 

 

 

 

はー、楽しい。

こうなると、料理もやる気がわいてきて、

特売だった手羽先を揚げてみました。

Dc061602
 

片栗粉まぶして、パリパリになるまで揚げ、

揚げたてを、煮詰めたタレ(醤油、みりん、酒、メープルシロップ)に絡めるだけ。

9

工程も楽だし、食べるのに時間かかるから、

ちょっとでたくさん食べた気になって、ヘルシーかも!?

冷めてもおいしいし、手羽先って安いし。

ちょっとこれははまったわ。ビールに合うし。

 

 

んふ。

「キュウリを収穫する」

っていう、今年の野望はとりあえず達成しました。shine

 

 

8
トマトも早く、自家製を並べたいっ

| | コメント (2)

2014年6月 5日 (木)

倍量にしてみた!

いーやもう・・・全国各地、いきなりの気温上昇、湿度高いわでぐったりですね~。

 

そんな時期には、籠って何かに没頭です。

というか、スーパーに行くと衝動に駆られるこの季節です。good

沖縄で「島らっきょう」にはまってから、毎年漬けるようになった

「甘酢らっきょう」

Dc060129
 

 

実は今まで瓶が小さすぎて、翌年までに食べきってしまう・・・

ということが続いて、最後のほうは、一粒だけ一粒だけ・・・

ってな感じで食べていたので、

今年は2キロ漬けることにしました。

Dc060127 

                       鹿児島産だって♪

 

                              大きい粒の選んでみました。

 

 

 

 

たくさん置く場所はないのと、らっきょうの瓶は匂いがついてしまうので、

思い切って「らっきょう専用」に、保存瓶を調達。

 

 

 

漬けるのは2キロでも、調味液なんかが入ると、もっと容量がいるので

4キロ入るものを探してみましたら、こんなの発見!

Dc060123
 

「ん?復刻ってなに?」

 

 

 

 

保存瓶って、あまりに馴染みすぎてて

「赤い蓋のでしょう?」って印象しかなかったんだけど、

見てみたら思いのほか、いい感じだった!

Dc060102 

 

持ち手がステンレスなのね。

物心ついた時には、既に持ち手も赤かった気がするんだけど、

いつ頃の復刻なんだ?

・・・と思ったら、1970年代のなんだって。

あら~・・・まさにどストライク世代だった。

 

ついに「復刻」されちゃう世代だった。(笑) 

 

 

 

現行のは、注ぎ口のついた中蓋がついているんだよね。

そのまま注げるのが便利!

Naka

復刻版には、中蓋がついてない代わりに、レードルがセットでついてきました。

よくわからないけど、ひっかけてみたらちょうど着かない長さで

ちょうどいい!

Dc060103

 

 

あと、間口が広いような気もする。

そこも結構ポイント。中洗うとき楽なのは助かる。

居酒屋みたいに、これで色々漬けてずらりと並べたくなっちゃうね。

でも、復刻のはサイズがそんなにないみたいです。

 

 

Dc060130

 

1カ月後くらいから食べれるみたいだけど、

うー・・・これでもなんか食べつくしてしまいそうな気がする。(-公- )ゥ~ム

来年は2瓶漬けるか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (3)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »