« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月22日 (火)

瑠璃唐草

うーん、いつ頃だったかな~・・・とさかのぼってみたら、

その頃ははまだこんな季節でした、

1

 

犬の散歩をしているこの公園で見かけた花がとてもかわいくて、

何の花だろう?と聞いてみたところ、教えてくれた友達が、

「種を見つけて撒くから、半分あげるよ~」と分けてくれました。

撒き時ぎりぎりに駆け込みで撒いて、どうだろう~?と眺めていたら、

芽が出てきました!

1120

 

もうすぐ冬だという季節に、あれよあれよで10日ほどでここまで成長。

1130

 

 

植物の生育に疎い私としては、

冬=枯れる

イメージしかなくて、今こんなで大丈夫なのかい?って思ったわけですが、

これが本当に、ぴゅーぴゅー冷たい風が吹いても緑が衰えることもなく。

少し大きくなったところで、仮植えした鉢から、プランターにお引越し。

 

無事年を越したと思ったら、40数年ぶりの大雪で、ベランダがこんな状態。

Photo

のけてものけても、伸びてきた葉の上に雪が積もってしまって、

重みで倒れてしまい、さすがにこれはだめだろうなぁ・・・と思ったら、

雪解けの後に、

「全然平気!」

という姿で持ち直し、びっくりしました。

しばらくは、春菊みたいな葉が、ゆっくり伸びるだけで、

大きな変化は見られなかったのだけど、

 

 

 

3月初旬に入って春の到来を、ほんのり感じ始めたころ、

植物も敏感に春を察知したのか、一気にぐんぐん大きくなりました。

323

38

 

 

後から種まきした友達のところは、蕾が付き始めたよ~とお知らせがあったのに、

うんともすんとも、やる気ない感じの我が家の人たち。(笑)

 

 

遅ればせながら、蕾を発見しました!

328

323_2

 

 

急がねばって慌てて、次々に蕾が付き始め、うっすら花びららしき、

青紫がちらほら。

328_2

ここからは、後に続けとばかりに、張り切り始めました。

こうなってくると、春だなぁ~と人間のほうも、ほんのり気持ちが暖かくなるわけです。

 

 

328_3

 

 

そして、3月27日、お昼ごろには遂に花が開きました!!!

長かった~・・・10月に種まいて、3月下旬まで、待ちました。(*´σω・、)ホロリ

328_4

328_5

 

「ネモフィラ」という花です。

和名は「瑠璃唐草」

葉っぱの形が、唐草模様ににていることから、この名前がついているんだって。

 

 

翌日からは、朝起きてみると、どこかしらに花が咲いていて、

楽しみにしていたわけなんですが、そんな矢先、

桜の開花直後に、花散らしのごとく、

台風並みに強風が吹き荒れた日がありまして、なぎ倒されてしまいました。

331

もう、これはいよいよダメかな・・・と思ったけど、

ネモフィラの花言葉「どこでも成功する」にのっとって、

逆境には強かった!

 

 

331_2                     ひょろひょろでもアタシ咲くわよ!

 

 

・・・というわけで、4月に入ってからは、ベランダを毎日彩ってくれました。

曇りの日でも、眺めると、小ぶりなブルーに和む。

42

 

 

44

 

種からここまでお花が満開になるのを見たのは、初めてだったので

感無量でした。

 

 

ギリシャ神話にも登場するというネモフィラの名前の語源は、

「nemos(小さな森・小さな林)」「phileo(愛する)」を合わせたもの。

まさに、この春は「ベランダの小さな森」を思う存分、愛でることができました。

46

48_2

20140408153528

 

ピークを過ぎたら、今度はにょろよろ、ひょろひょろ伸びすぎてきて、

だるーん・・・と広がってしまったので、少しカットして、お部屋に飾ってます♪

Dc0419141

 

はぁ~。うっとり。

青くて小さい花、大好き。 (勿忘草が好きなので)

 

憧れは、国営ひたち海浜公園のネモフィラ

圧巻です。

こちらは、まだ見ごろのようなので、ぜひぜひ!

この景色を、ほんのほんの一部だけベランダで再現。(笑)

New_image

 

 

種を分けてくれた、友達に感謝!

楽しい、秋冬春を過ごせました、ありがとうね。(人´∀`*)

来年はもっといっぱい撒いちゃおうかな~♪ ←スペース無いってばっ

Nemo  

 

調子に乗ったちょびすけは、また、夏野菜への野望を目論むのであった・・・。

                                     続く ( ̄▽ ̄)








ハンドメイドのミニチュアパーツ!azi-azi ナチュラル雑貨 ハウス L MA-206 インテリア 置物

| | コメント (2)

2014年4月20日 (日)

窓際○○○

Photo_4

金曜日は、夫くんの42回目の誕生日でした。

二人ともちょっとバタバタしていたので、とりあえずケーキだけ買ってお祝い。 

 

 

自分の誕生日じゃないのに、珍しくデパ地下うろうろしたら、

かわいいケーキに、私が心ときめいてしまって、つい、自分好みをチョイス。

Cake3_2

青山の「アニバーサリー」っていうケーキ屋さんの系列店の。

ショートケーキなんだけど、ほんのりグラデーションからになっていて、

かわいいのだ~♡

Photo_5

ほんのり、口の中にいい香りの風味も漂って、美味しかったです♪ 

 

 

 

 

さて、過去にはトランぺットや、ハーモニカをゲットした夫くん。

今年の誕生日プレゼントは、こんなの。

Photo_6

遂に、パーカッションか!?  キ、キ、キタ━(゚д゚(゚д゚(゚д゚≡゚д゚)゚д゚)゚д゚)━ッッッ

 

 

 

・・・と思わせておいて、中から出てきましたのは、このアイテム。

2_2

 

少し前に、ホームセンターで実演販売しているのを見かけ、

二人そろって「これいい!」っと意見一致だったので、

これをチョイスしてみました。

 

 

Box_2

ドイツ生まれの、無煙BBQコンロなのです。

しかもね、「炭火」!

4

真ん中の筒に炭を入れると、反射板になっているボウルから熱が伝わるという構造。

どうして一目惚れしたかというと、

なんと、外側は一切熱くならないので、直置きできること。

そして、油が炭の上に落ちないので、煙も出ないのです。

 

つまり、テーブルの上に置いても大丈夫ってこと。

もともと、BBQしたいよね~と以前から言っていたので、

こっそり、ガスのアウトドアコンロをプレゼントしようかと目論んでたんだけど、

このコンパクトさ、気軽さが、初心者の我が家にぴったりで。

 

朝もはよから、夫くんが自分で燃料を買ってきた。(笑)

必要なのは、着火剤と炭だけ。

Vert

網を外し、筒の下にあるお皿に、着火剤をぐるりと一回り出します。

着火剤に火をつけたら、

その上から、炭を入れた筒を乗せ、網をセットし、

外側についているダイヤルを回すと、ファンが回り一気に炭に火が着きます。

 

あっという間に炭が赤くなってきましたよ~。

これなら、薪割り、火おこしが苦手な男子諸君もモテモテですね。((* ´艸`))ムププ 

Photo_7

Photo_8

 

 

というわけで、突然思い付きで、まさかの「窓際BBQ」をやってみました。

煙でないんだけど、一応、火災報知器なったら大騒ぎなので、

お試しで窓際です。

 

家にあった野菜と、買い置きしてあったお肉を解凍して、レッツBBQ

Bbq

購入前にいろいろレビューを見たときは、火力が弱い・・・と書いている方も

いたのだけど、いやいや、十分十分!

お肉もじゅっといったし、むしろ、これくらいでじわじわ焼けてくれたほうが、

せわしなく食べずとも、ゆっくりおしゃべりしながらいいペースで食べられるので

いいような気がしました。

 

Bbq_2                       ザ・窓際。(笑) 

ぎゃー!なにこれ、気軽ー!

私なんて、起き抜け洗濯しながら、パジャマで食べてましたからね。(`・ω・´)キリッ

 

 

ほんとに、煙でないです。

ベランダに思いっきり洗濯物干しつつ出来ますです。

そのまんま付属のケースにすっぽり入って持ち歩けるし、

あとは着火剤と、細かい炭だけもってけばいいし、ちょっと河原へ~とか。

 

この「ちょっと」っていうのがポイント!

思い立ったらBBQ!goodみたいな。

片付けもね、網とボウルをしゃしゃっと洗うだけ。

食洗機に入れてもいいらしいです。

 

あ、でも純正の網だけだと、落っこちたりするので、もう一枚網乗せると良さそう。

Photo_9

 

 

やー、これいいです。

ジャガイモなんかも、生のまんまのっけたけど、

外がちょっとパリッと焼けて、中ほっこり。

一応炭火なので、遠赤外線効果か美味しく感じました。

Bbq3

 

ネットで探せば、15000円台。

また、我が家に

「無きゃ無いでいいんだけど、あったら楽しいアイテム」

が増えました。(笑)

 

 

夫くんも楽しそうだったので、よかった~♪ ( ´艸`)ムププ 

Bbq2

 

 

**************************************************************

| | コメント (3)

2014年4月15日 (火)

医の原点

Dc0413101

先週金曜、すっかり葉桜になってしまった上野へ行ってきました。

平日だけど、ぽかぽか陽気でたくさんの人。

小学生以来来てない?ってくらい懐かしい、

「国立科学博物館」へ。

Dc0413106

                    巨大クジラが迎えてくれます

Dc0413105

ここへ来たのは、首をずーっと長くして待っていた、コレを観に!!!

Dc0413102

           
                           
                          「特別展 医は仁術」
                     

Dc041314

なんで待ち遠しかったかかといいますと・・・

TBS主催ということもあり、スペシャルナビゲーターがこの人なんだもの。

                         (*ノωノ)

Dc041317

入り口で、音声ガイドを借りますと、音声ガイドとこんな用紙が手渡されます。

各展示に合わせて、番号にタッチペンを合わせると、ヘッドホンから

大沢たかおが、耳元でささやいて解説してくれるという・・・。  (鼻血)

Dc041320

Do

のっけから、タイムスリップシアターという映像があり、

大沢たかおにいざなわれるという、ちょびすけがニヤニヤしないわけがないスタート。

Dc041308

行く前から冗談で、

「やーもう、耳元でささやかれちゃったらアレだよねぇ♡( *´艸`)」

とか言ってたんですが、それはもう、想像以上に、たかお萌えでアレでして、

医学用語が並ぶ解説文に集中できないできない・・・。(*ノ∀´)ノ゛))ニヤニヤ



コホン!

気を取り直しまして。

「医は仁術なり」とは『広辞苑』によりますと、「医は、人命を救う博愛の道である」

という意味の格言です。  ※仁=他人に対するやさしさ

日本は仏教の思想により、人体に傷をつけてはいけないということから

江戸時代に入るまで、解剖が許されなかったのですね。

それまで、東洋医学が中心だったけれど、西洋から蘭学が入ってきて、

初めて解剖が行われたことにより、日本の医学は江戸時代に格段の進歩を

遂げたわけです。



そんな、日本医療の原点「江戸の医」を紹介するのが今回の展示。

Dc041302

Dc041237

                      会場内、写真撮影OKです
                         (WEBへの掲載に制限あり) 

圧巻です。

江戸時代に、ここまでのことが行われていたのかと心底驚きました。

技術以前に、道具も私たちが子供時代に見たことのあるようなものが、

もうこの時代に既に出来ているんです。

そして、西洋から入ってきた本を、懸命に訳し、

印刷技術がないので「写本」し。

その強い志というか、医学に関する情熱がひしひしと伝わってくる資料の数々。

目の前の人をどうにか救いたい・・・と、奔走した人々が

ドラマ「JIN」に出てくるような人々が、実際にこんなに努力をしていたのかと

胸が熱くなりました。




江戸の医学に感心した後は、第2会場の「現代の医」へ。

ここでは、プロジェクションマッピングや、3Dプリンターなどを利用した、

最先端の医療を紹介。

P_2

既に、手術の際に患者さんの体に、患部をプロジェクションマッピングで映して

位置を確認したり、

癌の位置なども示した臓器を、3Dプリンターでモデル化して可視化したりすることが

実現しているのですね~。

Dc041246_2

                     左が、肺がん患者のモデルだそう
                       腫瘍の位置まで正確にプリントされています

 

 

 

そして、何より感動したのは、

電子顕微鏡で「ヒトiPS細胞」の実物を見ることができたこと!

シャーレの中で動いてました!!!

これは貴重だった。

自分の目で実際に「iPS細胞」を見ることなんて、そうそうないだろうと思うし。

 

非常に見ごたえのある展示で、ざっと3時間かかって見学しました。

グッズ売り場では、夫くんに手ぬぐいを購入。(*-`∀-)ψヶヶヶ...

Dc041325_2

 

自戒の念用には、こちらのクリアファイル。

Dc041323_2

「養生(ようじょう)」とは、日ごろから自分の生活習慣は、食生活を見直し、

病気にかからないよう心がけることで、

日本では、江戸時代に庶民に、この概念が浸透したらしい。

そうか~、昔から当たり前にそうしていたわけではなかったのね~・・・






・・・とか、感心しながら、帰り道にアイリッシュパブで、欲のままにビールを飲む。

飲むよね~、旨いよね~。

全然養生してないよね~。

Dc041393_2

                   おいしいぞ!ヨナヨナビール!

 

「特別展 医は仁術」

6/15まで上野・国立科学博物館で開催中なので、

皆さんもぜひ、萌えてください(←いや違うって、だからsweat01 HPはこちら

| | コメント (2)

2014年4月 4日 (金)

日本橋で江戸桜を愛でる

もう終わってしまったのですが・・・。

3/30まで開催されていた「江戸桜ルネッサンス~夜桜うたげ~」

というイベントに行ってきました。

1

 

 

ん?なんとなく見たことのあるような、聞いたことがあるような?

・・・そうなんです、昨年夏に大盛況だった

「アートアクアリウム」をプロデュースした方が、

今年は「桜」をプロデュースということで、これは行かねば!と思っていました。

 

 

で、なんだかんだでもたもたしていたら、

「コレド室町が日本橋にオープン!」って

TVで話題もちきりになっていて、

              ((((((((((((((Σ(*`Д´*)ノノヒョェェエェェ!!!

何?何それ?全然そんなの知らなかったんだけど~!

混むじゃん!混むじゃん!わーん。

と嘆いていましたが、いよいよ覚悟を決めまして(←大袈裟)

いざゆかん、コレド室町へ。 オープンしたての総合商業施設に行くなんてドキドキ

2

                                  金魚の紋が入った、素敵な暖簾が出迎えてくれました

 

 

コンセプトは、

江戸で名を馳せる歌舞伎者が、有力者を「江戸で最も早い花見を」と招待する。

屋敷を訪れると、庭の桜は咲いていないが、屋敷の中には咲き乱れている

・・・と。

 

一歩踏み入れると、そこには満開の桜が。

3

ずらりと並んだ、桜の模様が散りばめられた、色とりどりの着物。

ぉぉぉ・・・日本人特有の「愛でる」っていう言葉がしっくりくるような、この感じ。

 

 

 

4

 

 

5

 

 

年季が入っていましたから、それなりに時代を重ねた着物と思われます。

「絞り」だったり、一つ一つ「刺繍」だったり・・・。

コンセプト・・・というよりも、江戸時代は本当にこうして着物を飾り

桜を楽しんだのでしょうね~。

部屋が華やかになるのがわかるような気がしました。

 

 

 

今回も、プロジェクションマッピングで、巨大な桜が映し出されていました。

写真では見えないのだけど、ガラスで再現された桜の花びらが

天井から吊るされていて、それは「江戸切子」の技術を駆使して作成されたのだとか。

6

 

 

 

会場には他にも、日本ならではの文化や技術を取り入れて、

桜をイメージさせる展示がいっぱい。

7

                 桜が散りばめられたテーブルセッティング     

 

 

 

これは、子供用の下駄「おべた」と呼ぶのだそうですよ。

8

2歳くらいまでの幼児に下駄をはかせると、指で鼻緒を挟んだり、

バランスをとったり、土踏まずが鍛えられたり・・・と、

歩行機能の育成に良いのだそうで。

 

 

 

 

筆や、干菓子、お茶などの日本文化の展示もその繊細な技術に改めて感心。

千代紙も障子代わりに貼ったら、こんなに素敵!

9

・・・と眺めていたら、千代紙のアーチの向こうに、何か見えてきた~!

キャァ━(艸゚Д゚*)(艸゚Д゚*)(艸゚Д゚*)━ァァ★

10

 

 

 

 

このイベントのメイン展示です!

シャンデリア!?

11

 

「江戸桜シャンデリア」という作品。

近づいてよく見てみて、またびっくり。

これ、江戸切子のグラスで構成されてました。

12

                    綺麗~  うっとり~   (*ノェ・。)  

 

 

 

シャンデリアの下には、大きな桜の花。

「サクラリウム」という作品。

14

色が変化していき、雰囲気も変わります。

水槽には金魚が泳ぎ、桜の花びらが舞い散る様子を表現しているんだとか。

16

 

 

花の真ん中には、これまた切子グラスが置かれ、

その特色を活かし、光の反射で様々な角度から楽しむことができました。

15

142

 

 

この「江戸桜シャンデリア」と、「サクラリウム」を合わせて、

「江戸桜リウム」という一つの作品なのだそうです。 

13

 

 

会場では、お茶菓子や日本酒を愉しめるコーナーもありました。

(これは見本なので、食べていません。笑)

18

20

 

 

 

グッズコーナーで、心ときめくものを発見!

この催事、お茶は「伊右○門」のCMでお馴染みの、

「京都 福寿園」さんが提供されていたんですが、その福寿園のお茶が

手のひらサイズの茶箱に入って販売されていまして。

19

 

ちゃんとした木製の茶箱なんですよ、これが!  しかも限定よね、このラベル?

昭和世代なら、押し入れで見たことがあるかもしれない、立派なあの茶箱。

「ぐぅぅぅ~・・・欲しい~・・・・・」と悩んでいたところ、

店員さんが

「残すところ、あと○品です」って言った瞬間、

隣の女性がすかさず言ったよね、それくださいっ!って。

 

 

なんと、最後の一つだった

(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(´  )━(Д´ )━(`Д´)ウワァァァン!!

迷ってる場合じゃなかった。

ちょびすけ・・・また無駄遣い?

とかよぎってる場合じゃなかったよね。YOUすかさず買うべきだったYO!

悲しかったよ、久しぶりに。ぐすん。

 

 

ちょっと展示数少なかったけど、このシリーズ、今後も行ってしまうと思います、はい。

17

 

屋敷主人(プロデューサー) 木村 英智氏

「日本橋も、1604年に全国に繋がる街道の起点となった時から、

人・物・文化が往来し江戸の中心として栄えた街です。

いろいろな地域から人が集まり、商売が盛んになり、江戸の中でも一番賑やかな場所でした。

そんな時代にこの江戸の中心に生きていた人は、

少しずつ生まれた生活の余裕の中で、生計のためだけでない人生の余分を楽しんで、

そしてそこで生まれた感性が現在にも続く日本の「粋」(意気)となったのではないでしょうか。」

                               (HPより、一部を抜粋)

 

 

**************************************** 

 

そのあとは、せっかくなので新しくできた「コレド室町2」「コレド室町3」を散策。

事前にチェックした時は、飲食関係が多くてあまり見ると来ないかなと思ったんだけど

これがまた、昆布の専門店、お出しの専門店、製菓材料の専門店・・・と

想像以上に面白かった!

最近、ご当地調味用とかにはまっているので、存分に堪能。

21

                           戦利品

 

 

 

「コレド室町3」のほうは、雑貨店も多く入っていて、

その中でも、懐かしい~!っていうアルマイトのお弁当箱や、やかん、

たらい、心くすぐる日用雑貨のお店があって、一目惚れして購入したのが、これ。

22

これ、色といい、デザインといい、ツボすぎるんですけど♡

帰宅後、なんていうお店だったかな?と思って検索したら、

期間限定ショップだったらしく、

しかも、やかんTシャツは、コレド室町開業記念ものだった!

*「松野屋」さんはこちらのお店

Matsu

 

★゚+。:.゚☆ヤッタァァヽ(*´∀`)ノァァァン★゚.:。+゚☆

福寿園の悲しみ、巻き返したー! (←根に持つよね。笑)

 

 

 

                  今夏は、胸にやかんを掲げて、地元を闊歩したいと思います。
                                  
                                                      (`・ω・´)キリッ

Ya

| | コメント (2)

2014年4月 3日 (木)

お花見 2014

 

NEWパソコンから初投稿でごわすね。

 

今日はあいにくの雨模様ですが、開花から2回に渡って、

いつもの川べり にお花見に行ってきました。

サンドイッチなど作ってみたりして。

1

   
先週土曜日の段階では、まだちらほら咲いている程度でして。

やや、お花見にはフライング。

2

 

 

花より団子で、外ごはん。

陽気はぽかぽかだったんだけどもね。

3

 

 

 

 

けれど桜ばかりが注目されるこの時期、ほかのお花も見ごろを迎えていましたよ。

レンギョウの黄色や、雪柳も綺麗だ!

4

5

6

 

この日が暖かかったので、周辺も一気に満開になりました!

 

 

 

 

というわけで、2日の火曜日に、実家の家族を誘って、再び訪れてみると

見事な薄ピンクの帯が~♪

10

ここの桜はほんとうに穴場だと思う。

近隣住民くらいしか来ないので、場所取りも必要ないし、

臨時の駐車場もかなりのスペースとってあるので(しかも無料)

私は、お花見と言ったらここ!な感じなのです。

 

 

川に向かって、枝垂れているから桜が目の前に見えるところもお気に入り。

7

8

                 ワンコの表情も、目がらんらんでご機嫌です。

 

 

お弁当食べて、桜餅食べて・・・

川で泳ぐ鯉やら、鴨なんぞ眺めて、田舎だわ~っと。(笑)

バーベキューなんかもOKな場所なので、人数多くても楽しめますよ。

 

9

Dc0401202

               隣のカップルが食べてる、焼き鳥のニオイにつられ、
                    ふんふんしに行っちゃった、柴ワンコさん。
  

 

 

春到来か~。毎日、眠気との戦いです。(;^ω^A ァセァセ

| | コメント (2)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »