« ドイツ旅行記~ギーンゲン | トップページ | ドイツ旅行記~シュヴァンガウ »

2014年2月 4日 (火)

ドイツ旅行記~ローテンブルク

途中からご覧の方は


*出発 

*ハイデルベルグ城

*ハイデルベルク 旧市街

*シュトゥットガルト

*ギーンゲン

をご参照ください。

*************************************

ドイツ旅行3日目、テディベアの老舗「シュタイフ」社を見学した日の午後は、

車で100キロ離れた、次の街へ移動です。

ほんのちょっぴり、北上し、ローテンブルクという街へ。

Ro

車窓から、列車が見えました。

1

いいですねぇ。まさに「世界の車窓から」の感じ。

ゆったりできるのならば、列車で旅行も憧れる~。

 

 

正面に、塔が見えてきました。

2

塀のように見えるのは、城壁。

ローテンブルクは、城壁に囲まれており、

「中世の宝石箱」を称されるほど、昔の街並みそのもの!

・・・なのですが、城壁内に入る前に、手前のレストランでお昼ご飯です。

4

5

可愛らしいレストランに入って、まずは・・・

これ、ですよね~。

6

この日のメインメニューは「ジャーマンステーキ」!

いわゆるハンバーグなんだけど、合挽きではなく、牛肉100%で作るのが

ジャーマンなんだとか。

7

肉汁ジュワ~っていうよりは、ギュッと詰まった感じ。

ハンバーガーのパテに近いかな?

「肉!」っていう感じで、見た目より食べ応えありました。

8                  運転しなくていいって、サイコー♪beer

 

レストランの周りの景色も、可愛いのだ。

3

 

 

さ、バスで城壁の中「ローテンブルク」へ。

条例があって、観光客を街の中へ送る以外は、車両が街の中を走ることは

禁止されているんだって。

まずは、今夜お世話になるホテルへ荷物を降ろしに行きました。

これがまた、ずきゅーん♡

9

「プリンツホテル ローテンブルク」です。

こんな素敵なホテルに泊まれるとか、夢のよう。┣¨キ(*゚д゚*)┣¨キ

しかも、城壁のすぐ横にあるんです。

城壁は、上を歩けるようになってました。

13                    人が歩いてるの見えるかな?

10

 

 

お部屋は、小さくこじんまりとしてましたが、十分十分。

11

12

 

 

 

この日も、手書きのキュートな案内図をもらって、町を散策です。

14

 

ローテンブルクはとても小さな街ですが、

ヨーロッパの街並みというものに憧れがあったら、

どこもかしこも魅力的な建物がいっぱいです。

23

24

25

特徴的なのは「張り出し看板」と呼ばれる、お店の目印。

何のお店かによって、すごく素敵な看板が付いているんです。

15

16

17

 

18

そして、ローテンブルクで一番古い市壁の名残である「マルクス塔」をくぐると

市庁舎のあるマルクト(=マーケット)広場です。

19          マルクト広場では、小さな街の、小さなクリスマスマーケット開催中

予定では、市庁舎のバルコニーからマーケットを眺め

時計台のからくり時計を見るはずだったのだけど、

どちらも改装中でした。(´△`)↓

20               なんか工事中のカバーに絵で描いてある。(笑)

 

気を取り直して、散策です。

21

  

ローテンブルクには、名物のお菓子があります。

「シュネーバル(スノーボール)」というお菓子。 (雪球)という意味なのだそう。

こぶしくらいの大きさで、細長いクッキー生地をふわっと丸めて揚げ、

粉糖をまぶしてあります。

22

あまりの大きさに「食べきれるか?前歯折れないか?」と思い、

一回り小さいサイズの、チョコレートがけを買ってみました。

固いのかと思ったら、意外とほろっと崩れます。

揚げてあるけど、そんなにしつこくもなく。大きいの食べればよかったなぁ!

なんだか、昨日テレビでやってたんだけど、昨年韓国で大ブームだったらしいね?

日本にも上陸したって言ってました。

ローテンブルクの名物なんですよ~♪  

これ、他の街ではあまりお見かけしなかったので、

ここで食べておいたほうがいいですね。 

 

可愛らしい、真っ赤な車が目印のお店があります。

26

こちらは「ケーテ・ウォルファルト」という、クリスマスグッズ専門店。

1年通して販売していて、ドイツのあちこちに支店があります。

▒▒▒|ョД`*)ニホンニモ アルミタイダケド・・・

27

28

店内撮影禁止だったんですが、もうね~、大興奮。(〃∀〃)ウキウキ

ありとあらゆるクリスマスグッズが揃ってる!

旅行中、ここまで大きな買い物もしていなかったので、

ツリーに飾る素敵なオーナメントを見つけ、大人買いしちゃいました~♪ 

 

お買い物を終えて、入ってきたのと反対側にある門まで歩いてきました。

「ブルク門」です。

29

30

門をくぐると、向こうには広々とした公園が広がってました。

31

城壁に囲まれたローテンブルクの街を、外側から眺めることが出来ます。

32

 

市民の方々が、犬の散歩をしていたり、景色も良くて、

のどかな公園になっていました。

33

 

また門をくぐって市街地へ。

ローテンブルクで一番大きな教会。

「聖ヤコブ教会」です。

34

14世紀に190年の歳月をかけて建築されたそうです。

重厚な扉を開くと、静寂に包まれた質素な礼拝堂。

35

 

 

36

37

38

39

 

 

この教会で見ておいたほうがいいのは、2階です。

階段で上がると、ある彫刻があります。

40

「聖なる血の祭壇」といいます。

リーメンシュナイダーという彫刻家が彫ったもので、菩提樹の木で出来ているとか。

41_2

注目すべきところは、祭壇の上部にある十字架の水晶の部分

十字軍が聖地エルサレムに遠征した際に持ち帰られた、

「キリストの血が3滴」納められていると信じられているんだって。

このため、ローテンブルクは、北アルプス以北の、最重要な巡礼地と

されてきたようです。

42

教会を見学して出てきたら、もう薄暗くなり始めていました。

ドイツは日が落ちるのがほんとに早い!4時過ぎたら、かなり暗くなってきます。

43

44

 

真っ暗にならないうちに、ローテンブルクで一番の撮影スポットへ。

「プレーンライン(小さな広場)」と呼ばれるこの場所は、

ドイツの中世の景色を伝える、最も美しい場所なんだとか。

二本の道が合流して、黄色や緑の建物がとても可愛らしいです。

45

 

あっという間に日が暮れていきます。

46

47

夕暮れが近づくと、焦ったりするものですが、

この柔らかいオレンジ色の灯りが灯りだすと、気持ちが盛り上がってくるから

不思議です。 

(日本との違いに気付いたんだけど、青や赤の電飾がないんですね。

それがある意味新鮮で、私はこっちの雰囲気のほうが好きかも♪)

クリスマスマーケットの開催自体、日照時間が短くなってくる季節に

気持ちが落ち込まないようにするため・・・という意味もあるというのが、

頷けますね。

 

 

この日は、このままフリータイムだったので、クリスマスマーケットを散策して

夕飯を堪能することに。

市庁舎前にマルクト広場のマーケットにやってきました。

48

49

小さな街の、小さなマーケットは、お店の内容も非常にクラッシックな印象。

ローテンブルクのクリスマスマーケットは、規模や内容はさておき

ドイツの人たちからも

「あそこのクリスマスマーケットは良い」と言われているのだそうです。

 

50

51

53

54

   

 

お!ありました!

マーケット恒例のソーセージが♪

55

結構、しっかりと焼いていますね、どこのマーケットでも。

ソーセージ自体にしっかり味が付いている感じですが、

お好みでマスタード&ケチャップを。

うんまっ!皮がパリっとして、最高!

56

 

 

 

 

この旅、2回目の「ゲブランテ・マルデルン」 を購入。

58_2

アーモンドがサクサクでほんとはまるわ~。

 

 

もうひとつ、気になっていたお菓子も食べてみた。

「焼き栗」です。

ドラム缶みたいな容器で焼いてます。

582

天津甘栗みたいな甘さじゃなくて、ほんとに栗を焼いただけ。

皮が焦げ焦げになってるのをパクっと割ると、

栗本来の甘みが美味しい!

コレもハマって、買って帰りたかったけど、焼き立てが最高だと思うのね。

 

いろんなサイズのソーセージもあったよ~。

59

 

 

暖を取るため、グリューワインも飲みましょう。

60

61

612

メニューの右下に「Pfand」と書いてあるのが、カップのデポジット料金。

1ユーロ=145円くらいだったので、カップを返すと217円くらい戻ってくるってこと。

602

ここではカップは返却しましたー。

613

   

 

 

 

 

魅惑のサラミ屋さんもあり~。

66

    

 

 

またまた、ソーセージ屋さんを見つけ、本日2回目の購入。

だって、二人で1個じゃ足りないよね~。

62

63

              こちらは小ぶりのソーセージ3本いり! 

 

 

初めての飲み物にも挑戦。

ノンアルコールだったのかな?

アップル何ちゃらだと思う。(笑)

64

温かいりんごジュースにシナモン?みたいな。

「飲むアップルパイ」みたいな感じで、結構暖まりました。

65

 

そうこうしているうちに、夜8時ごろになると、皆さん帰路につき始めるんですね。

なんか祭りの後の寂しいような、興奮冷めやらないような。

でも、地元の皆さんがほっこりしてお家に帰っていく姿は、本当に和みます。

ローテンブルク・・・もう一回来てみたいな!と思う街でした。

67_2

私たちも、どっぷり夜になる前に、ホテルに戻り・・・

どうやら、シャンパンでお疲れ乾杯!のはずだったんですが・・・。

乾杯している写真までは残ってるのに。

68

夫くんが生ハム出して、りんご剥いてるとか全く覚えておらず。

すんません、どうやら服着たまま爆睡した模様。

69

                  しかも、ベッドを横に占領。(笑) 

 

こうして、ローテンブルグの夜は更けて行ったのであった・・・・・・・。(P曲`q)

 

                                           続く

|

« ドイツ旅行記~ギーンゲン | トップページ | ドイツ旅行記~シュヴァンガウ »

コメント

おとぎの国みたいにカワイイ建物がいっぱい。
すっごい素敵~~! 
それにドイツといったらやっぱソーセージ
おいしそう おいしそう
もうビール片手にずっと食べて飲んでたい。 
ちょび夫の愛目線での激写がちらほら
いいね~~楽しそう♪

投稿: しーぽん | 2014年2月 4日 (火) 22:46

PCの調子が頗る悪くてスッカリカキコ遅くなりました。

シュネーバルあれ系大好きだわ♪
んでバスとか絵本の世界だね~♪(人´∀`).☆.。.:*・゚
ワタシ観光そっちのけでビールとソーセージで
終わっちゃいそうです。www

お城もスゴイねぇ~♪
疲れ果てて爆睡分かるわぁ~!!(爆)

投稿: カータン | 2014年2月11日 (火) 19:10

>しーぽんさん
お返事遅れてごめんなさい!
もうね~、なんでもっと遠慮なく食べなかったんだろうって後悔よ~。
一人一個食べたって余裕だったのにぃ!
ちょび夫は、いかに私の変な姿を激写するかが、旅のミッションになってるみたいです。(笑)

>カータン
シュネーバル、大きいの一個いけるよね。
案外ミスドっぽい感じだった。
最近日本でも売ってるみたいだから、見つけたら是非♪
さすがにね、外でビール飲んでる人少なかったな。
そこそこ寒いっすからね。
今度、日本でオクトーバーフェスト行こうよ~♪

投稿: 住人:ちょびすけ | 2014年2月16日 (日) 17:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドイツ旅行記~ギーンゲン | トップページ | ドイツ旅行記~シュヴァンガウ »