« 紀伊半島の旅 1日目 | トップページ | 紀伊半島の旅 伊勢神宮 »

2013年8月 4日 (日)

紀伊半島の旅 2日目

すみません、写真の整理(1500枚)と、記憶を辿るのに時間かかって

スムーズな更新できてませんが、

紀伊半島の旅の続きです。

*1日目の日記は こちら

 

1

 

2日目は三重県鳥羽市から、伊勢市に移動。

そう、今回の旅のメインイベント~!といっても過言ではない、

「伊勢神宮」参りへ。

Linecamera_share_20130803110225

数年前に、 『レッツ!!古事記』

「日本の神様カード」を手にしてからと言うもの、日本神話に興味津々でして。

伊勢神宮は、「天照大神(アマテラスオオミカミ)」が祀られた、日本の神社の

トップなのであります。

今年は、20年に1回、

建て替えを行う「式年遷宮(しきねんせんぐう)」の年でも有り、

これは行っておかねば!というわけで。

 

そんなわけで、今日の記事は「鳥居ばっかじゃん!」という内容なので、

ご了承くださいませ。

 

伊勢神宮をお参りする際には、順番があります。

まずは「外宮(げくう)」と呼ばれる場所を参拝し、

その後に「内宮(ないくう)」という

順路が慣わしのようです。

 

************************************************************

Dc0725101               外宮への橋は、左側通行となっております。

 

外宮の正式名称は「豊受大神宮(とようけだいじんぐう)」と言い、

ここに祀られる「豊受大御神(とようけのおおみかみ)」は、

食物、穀物の神様です。

天照大神のお食事を司る役目があるのだそうで。 

 

Dc0725282
こちらが、外宮の「御正殿」です。

鳥居より奥は、写真撮影禁止、脱帽して参拝しましょう。

いやぁ、今までの人生で見てきた神社とは、趣が全く違います。

ものすごくシンプルな感じが、逆に太古から引き継がれてきたという

静寂さがあります。

 

Dc0725104

僅かに、塀越しに覗うことの出来る「茅葺の屋根」の苔むした感じが、

なんとも趣き深い。

  

Dc0725288

鳥居の前には、沖縄で言うところの「ひんぷん」見たいなのがあったんだけど

やっぱり、魔除けとかなんだろうか?いまだに謎。

 

勘違いしていたのだけど、式年遷宮で20年に1度の建て替え・・・というのは

隣の敷地に新しい正殿を交互に建てる事なのね。

そうよね・・・その場に建て替えたら、存在しない時期が出来てしまうもんね。

Dc0725105              隣のの敷地には、真新しい正殿が出来上がってました

他にもいくつか別宮があります。

Dc0725117

外宮の土地を司る「大土御祖神(おおつちみおやのかみ)」

が祀られた「土宮(つちのみや)」

Dc0725292              敷き詰められた石も、参道部分と色分けしてありました。

 

 

次は、「風宮(かぜのみや)」

Dc0725118

(P曲`q)

スズメバチの巣があり、立ち入り禁止でした~。残念。

風の神である「級長津彦命(しなつひこのみこと)」

「級長戸辺命(しなとべのみこと)」が祀られています。

鎌倉時代の元寇の際、神風で日本を守ったといわれているそうです。

 

 

そして、豊受大御神の「荒魂(あらたま=神の荒々しい側面)」を祀った

「多賀宮(たかのみや)」ですが・・・

炎天下の中、長蛇の列だったので・・・断念。


 

************************************************************

外宮の参拝が済んだ後、内宮に向かう前に、

近隣で寄っておきたかったところがいくつか。

 

「月讀宮(つきよみのみや)」 (創建 平安時代)

「月讀尊(つきよみのみこと)」という神様が祀られています。

Dc0725297

 

古事記は、「伊邪那伎命(いざなぎのみこと)・男性」と、

「伊邪那美命(いざなみのみこと)・女性」の二人の神様が、

次々神を生んでいくところから始まるのですが、

両性具有?だった神様は、一人でも神を生むことが出来、

「伊邪那伎命(いざなぎのみこと)・男性」の左目から「天照大神」が、

鼻から「建速須佐之男命(すさのおのみこと)」、

そして、右目からは「月讀尊(つきよみのみこと)」が生まれたとか。

 

つまり、3人は兄弟。

アマテラスやスサノオは有名ですが、あまり知られていないですよね。

父親であるイザナギノミコトから、アマテラスは天を、

スサノオは地を、ツキヨミは夜を司るよう命じられたそう。

(なんかバビル2世みたいなんだけど・・・(*'∇')ウフフフフ)

 

で、以前、日本の神様カードを買ったばかりの頃、

何度も何度も「月読命(つきよみのみこと)」が出たことがあり、

すごく気になる神様だったのです。

Linecamera_share_20130804001614

 

両脇には、「伊邪那伎命(いざなぎのみこと)」と

「伊邪那美命(いざなみのみこと)」も祀られていましたよ。

Dc0725299

月讀尊は、

ちょっと思い入れおある神様だったので、お礼を伝えておきました。(❀ฺ´∀`❀ฺ)ノ

 

**************************************************************

さてもう一箇所・・・。

Dc0725302

「猿田彦(さるたびこ)神社」です。

「猿田彦神(さるたびこのかみ)」は、古事記の中で後に、

天照大神の孫「邇邇芸命(ににぎのみこと)」が、地へ下ろされた際に

宮崎の高千穂まで道案内した神様で、

その風貌から、天狗の原型になったと言われているそうです。

こちらの神社は、猿田彦神の子孫である

宇治土公家が代々宮司を務めていらっしゃるそうです。

また、猿田彦神社の中には、「佐瑠女(さるめ)神社」というのもあります。

Dc0725303

彼女の本来の名前は、「天宇受売命(あめのうずめのみこと)」

天照大神が岩戸の奥に身を潜めてしまった「天の岩戸伝説」の中で、

岩戸の前で衣を肌蹴させて踊り、皆が喚起し、

その様子を見ようと天照が岩戸を開けようとした・・・という神様です。

 

岩戸の前で踊った・・・ということで、芸能の神社として有名なようです。

で、先ほども出ましたが「邇邇芸命(ににぎのみこと)」が高千穂に行く際に

猿田彦神と共に案内し、一緒に伊勢に戻ってきたことから

「邇邇芸命(ににぎのみこと)」より、「さる」の名を名乗ってもよいと言われたそうで

「天宇受売命(あめのうずめのみこと)」から「猿女(さるめ)=佐瑠女」

となっているようですね。

 

 

猿田彦神社の裏手には「御神田」がありました。

毎年、5月5日に豊作を祈って、早苗を植える行事があるのだそうです。

Dc0725307

Dc0725308



ふぅぅぅ・・・・・いろいろ知らべて復習しながらまとめてたら、

外宮界隈の記事で長くなっちゃった。(笑)

気づいたら、まとめるのに3時間半かかってる!(;゜Д゚i|!)

 

というわけで、内宮の参拝はまた次の記事で~!

こちゃこちゃ難しい内容ですみません  (;^_^A アセアセ 

 

 

 

 

 

 

|

« 紀伊半島の旅 1日目 | トップページ | 紀伊半島の旅 伊勢神宮 »

コメント

NHKの歴史ヒストリアの伊勢神宮編見て行く気満々。
ちょびさんの詳しいブログでまたさらに♪
今年中に出雲大社とWで行けるといいんだけどぉ
それにしても・・陽射しが暑そう~
歩くのしんどかったんじゃ?

投稿: しーぽん | 2013年8月 4日 (日) 23:51

>しーぽんさん
伊勢神宮と出雲大社の遷宮が同じ年に重なるってのは、
日本史上でも珍しいことらしいね~!
私は今度は出雲大社だな~♪
懐かしの砂時計ごっこ。(笑)
街中とか駐車場歩いてるときは暑かったけど、神宮の中は緑がいっぱいだったから日差しは免れたよー ъ(゚Д゚)

投稿: 住人:ちょびすけ | 2013年8月 5日 (月) 16:55

古事記ってややこしいよね~

私は「眠れないほど面白い『古事記』」ての読んだけど。。。いや、まだ読み終わってないけど(←いつから読んでるんだっつのねw)、黄泉の国だの、との途中にある似たような国だったり、読んでるうちにわけわかんなくなってくる~。
ちょびはちゃんと理解できててすごいね.。.:**:.。..。.:*

最近も日本の神様カード、やってるのかな。

投稿: 高丘の湯宿 | 2013年8月27日 (火) 16:09

>湯宿ちゃん
ちゃんとしたのは読んだことないわ~。
「レッツ!古事記」砕けた感じだけど、
キャラを足してあるから、頭に入りやすかったよ。
そのかわり、思い出すとき、その顔が浮かんじゃうけどね、神様(笑)
神様カード、あんまりやってないかな。
悩んでることが減ったわ~♪

投稿: 住人:ちょびすけ | 2013年8月28日 (水) 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紀伊半島の旅 1日目 | トップページ | 紀伊半島の旅 伊勢神宮 »