« 紀伊半島の旅 奈良の美味いもん処 | トップページ | 紀伊半島の旅 最終日 »

2013年8月27日 (火)

紀伊半島の旅 クラッシックホテル

紀伊半島の旅5日目にして奈良県にたどり着いたちょび夫婦。

道中、宿は観たい場所の立地条件を優先して選んだのですが、

唯一、奈良での滞在は、「このホテルに泊まりたい!」という希望で。

 

Dc0725793

奈良公園の一角にあり、創業明治42年(1909年)という、

100年以上の歴史のある「奈良ホテル」です。

画像左側は新館ですが、右側は当時の建物のままだそうです。

Dc0725794

 

「西の迎賓館」と呼ばれ、過去宿泊された方々をざっと見ても、

そうそうたる顔ぶれです。

乃木希典大将、アインシュタイン、チャールズ・リンドバーグ、チャップリン、

愛新覚羅溥儀、ヘレン・ケラー、マーロン・ブランド、ローマ法王、鄧小平

オードリー・ヘップバーン、ダライ・ラマ14世  などなど・・・

  

扉を押して入った瞬間、タイムスリップしてしまったかのような空気。

なんてクラッシックなホテルなんでしょうか~!

Dc0725753

 

しかも、一番最初に目に入ってきたのが、階段手すりを拭いている方が・・・

(上の写真の階段踊り場にちらりと映ってる)

Linecamera_share_20130826131740

わー!わー!メイドさん!? (うろ覚えなイラストですみません。こんな感じでしたsweat01

シンプルだけど、清楚で可憐な、品のある水色の制服の方が

お掃除してて、ちょびすけ悶絶。 (☉∀☉)ムッハー♡

ベッドメイキングをしていたメイドさんは、おばあちゃんだった♪素敵だったなぁ。

見ると、フロントの方も、ベルボーイの方も

とてもハイセンスで、クラッシックな制服に身を包んでる・・・かっこいい~・・・

創業当時からの制服なんだって。

 

興奮気味でチェックインしようとしたら、ありえないことが発覚。

一日間違えて予約を入れてしまって、宿泊日が前日になっていたとのこと!

ガガガ━Σ(ll゚ω゚(ll゚д゚ll)゚∀゚ll)━ン!!!

しかも、何度もお電話くださっていたらしいのだけど、

これまた、楽○トラベルで予約したため、登録住所と電話番号が自宅になっていたのです。

当然、連絡取れず、連絡しないで来ない・・・という状況だったわけです。

とにかくひたすら、申し訳ありませんとお詫びし、泊まれなかったらどうしよう・・・と

落ち込みましたが、嫌な顔一つせず、部屋を手配してくださいました。

大変ご迷惑をかけたにもかかわらず、神様のような対応・・・ありがとうございました。( ノД`)

 

階段、廊下・・・とにかく酔いしれてしまいそうな空間。

Dc0725391

Dc0725390          この、和風シャンデリアは、ヘップバーンが絶賛してお気に入りだったそう。

ご厚意で用意してくださったお部屋は、希望していた本館(昔からある建物)。

天井が高く、扉も大きくて重厚感があります。

Dc0725780

Dc0725452                 扉の上に小窓がついてるデザインも素敵。

 

写真で一目惚れ、泊まってみたい!って思ってたお部屋のまんまでした。

Dc0725756

客室の天井も高く出来ています。

うかがったところ、水周り(シャワールーム・洗面・トイレ)以外は、創業当時のままとのこと。

ガラスも、分厚くてちょっとゆがんで見えるような、昔のままのガラス窓。

Dc0725772

Dc0725765

 

Dc0725768

 

うっとりため息・・・。

はい、撮影タイムはいるよね、ときめきシャッタータイム。shinecamera

Dc0725761                  大正3年に設置された、スチーム暖房

 

Dc0725483                       アメニティまで素敵♡

Dc0725386              なにこれ、ちょびすけのくせに絵になる!?マジック。(笑)

 

Dc0725799                    浴衣はもちろん、鹿柄。

 

客室の調度品一つ一つもそうでしたが、館内全般に歴史を感じます。

Dc0725387                    2階吹き抜けから望むロビー

 

Dc0725389      階段踊り場にある銅鑼(どら)は、昔、朝食の時間を知らせたりするのに使っていたそうな。

Dc0725474               吹き抜けの片隅で、気取ってみる、的な写真。(笑)

 

Dc0725478

ロビーラウンジまでもがこんなに落ち着いた雰囲気。

Dc0725392          このラウンジ内には、アインシュタインが弾いたというピアノがあります。

 

こちらのホテルでは、1泊朝食つきのプランにしていました。

夕飯は商店街にある「よばれや」さんで頂き、

さてさて、翌日、朝食を頂くため、券を持って食堂へ。

Dc0725471

ぬぉっ!(;゜Д゚i|!)

なにこの「きちんとした」雰囲気。

建物だけじゃなく、宿泊しているお客さんまで皆さん、きちっとしてる~!

優雅で、品の良さそうな方ばかり・・・。

「え!?ちょっとドレスコードとかない?大丈夫?」みたいな。

もう、いつもはビュッフェ形式のホテルとかしか泊まらないんで、ど緊張。 

 

ぉぉぉ・・・窓から興福寺の五重塔が見えるよ。┣¨キ(*゚д゚*)┣¨キ

Dc0725453

 

 

朝食は和・洋のどちらかを選びます。

夫くんは和を選んだので、和食のセットが運ばれてきました。

Page

 

洋食はコースになっていて、いくつか自分で選ぶようになっています。

フレッシュジュースに、スープに、サラダ・・・。

シリアルをチョイスしたら、小さな器に非常に品の良い量盛られてきまして、

「ん?両端、ナイフとフォーク・・・」

目線の先にスープ用の丸いスプーンと、小さいスプーンがあったので

「これでいいんだよね?」と夫くんに聞いて、

小さいスプーンでシリアルを食べました。

器を下げに来たボーイさんが

「あっ・・・ティースプーンをお使いでしたら、新しくお持ちいたします・・・」

 

 

           Σ( ̄ロ ̄lll) 

て・・・てぃー・・・すぷーん・・・???

      





       オーマイガー!!!(´Д`;≡;´Д`)

 

アテクシ・・・アテクシ・・・ティースプーンデ シリアル タベチャッタ ヨ・・・(涙)

もうね、恥ずかしすぎて、穴があったら入りたかった、いやほんと、真面目にね。

でも、シリアル、ティースプーンデ3口くらいの量だったんだよ。ぐすん。

 

 

その後、運ばれてきたオムレツがまた、美しいこと。

Dc0725461

Dc0725466                 もう、顔面引きつりまくりのアテクシ( ̄ω ̄;)

一番楽しみだったのは、ホットケーキ!

パンケーキじゃなくて、ホットケーキなのね。

なんか老舗らしい感じで、ときめくわ~♪

Dc0725463

ある意味、懐かしい感じの、いたってシンプルなホットケーキが美味しかった~。

そして、このオサレなジャムも、ハードルを上げたよね・・・(*´Д`*)

Dc0725464               子供だったら、絶対に持って帰りたい系 ( ゚д゚)ホスィ…

はぁ~、いい経験でした。

こんなクラシカルなホテル、初めて泊まったかも。

従業員の方のサービスも徹底していて気持ちがよく、

清清しさすら感じる老舗ホテルでした。

なんとまぁ、これで朝食のお値段抜いたら、1万円以下だったってのが驚きです。

あー、たぶん、奈良県出身だったら、

「結婚式は是非奈良ホテルで!!!」って思ったかもなぁ。

ほんとに、泊まってみてよかったと思ったホテルでした。(≧∇≦)

 

Dc0725789

 

次回、いよいよ、旅日記最終回~!

 

 

|

« 紀伊半島の旅 奈良の美味いもん処 | トップページ | 紀伊半島の旅 最終日 »

コメント

痛恨のしくじりっwwwww
でも泊まれてよかったね~。
これアウトだったらせっかくの旅が尻すぼみになるところだった!?
まぁ、それならそれで別のアドベンチャー体験ができたんだろうけど( ゚艸゚)・;'.、ブッ

奈良と言ったら鹿!
鹿と言ったら。。。。♪まる~い~鹿せんべ~♪ だよね。
もちろん、食べたんだろうな(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

投稿: 高丘の湯宿 | 2013年8月27日 (火) 17:35

チョーーーー素敵やん♪(*´台`*) ハアハア
なんか昔の文豪とかがさ、執筆とかしちゃったり
したんだろうね♪
クラシコォ~な奥ゆかしさにネェさんおしっこちびりそうに
なったけど、妹はほらぁ、ティースプーンでさぁ
シリアルいっちゃったからさぁ

おあいこっ!!(爆)

投稿: カータン | 2013年8月27日 (火) 20:03

>湯宿ちゃん
ほんと危うく、寺に駆け込まなくちゃいけないところだったよ~。
たまたま空いてたからよかったものの。
大反省・・・。。+゚(゚´Д`゚)゚+。
鹿せんべい、食べるも何も、持った瞬間取り囲まれて
あげるというより「遠くへ投げる」って感じだった。(笑)

>カータン
貴賓室とかもあるのかしら~?
部屋は違うけど、あの廊下や、食堂にチャップリンやアインシュタインがいたのかと思うと、胸がいっぱいになるよね。
もうね、朝食の光景「えっと・・・皇族の方では・・・」って感じ。
テーブルマナー甘く見てたね。淑女失格だね。(笑)

投稿: 住人:ちょびすけ | 2013年8月28日 (水) 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紀伊半島の旅 奈良の美味いもん処 | トップページ | 紀伊半島の旅 最終日 »