« 紀伊半島旅行 4日目 | トップページ | 紀伊半島の旅 5日目 »

2013年8月13日 (火)

紀伊半島の旅 宿坊に泊まろう!

紀伊半島の旅日記(過去記事もよかったらどうぞ~)

1日目

2日目

伊勢神宮

3日目

4日目

  

さて、4日目の続きです。

今回の旅の大きな目的地は2箇所。

一つは「伊勢神宮」 そしてもう一つは「高野山」でした。

南紀白浜から、一路、高野山へ。

          chi7.jpg

以前、来たことのあるちょび夫から「一回、行って見たほうがいいわ、あそこは」

と聞いていたのと、

2年前に「空海と密教美術展」を観に行ってから、これは是非訪れてみなければ!

って思っていました。

 

恥ずかしながら知らなかったのですが、「高野山」という山があるのではないのですね。

住所としては「高野町」で、

地名としての「高野山」とは、
八葉の峰(今来峰・宝珠峰・鉢伏山・弁天岳・姑射山・転軸山・楊柳山・摩尼山)
と呼ばれる峰々に囲まれた盆地状の平地の地域を指す
                                    (ウィキペディアより)

と、総称してそう呼ぶようです。

 

比叡山と並ぶ、仏教の聖地で、

弘法大師でお馴染み「空海」が開いた、真言宗の修行の地であり、

世界遺産に登録されている建物もあります。

山内には、117の寺院があり、そのうち53寺院が「宿坊(しゅくぼう)」といって、

参拝者の宿泊施設になっています。

聖地であるため、いわゆる「旅館・ホテル」の類はありません。

もちろん、少し車を走らせたところに泊まって・・・というのも有りですが、

「ここはせっかくだから、宿坊に泊まろう!」と思いまして。

 

お世話になりましたのは、町の中心部にある「福智院」という寺院です。

          dc0725614.jpg

数ある宿坊の中で、唯一、天然温泉があり、800年以上の歴史があるのだそう。

 

ちょっと緊張しながら門をくぐると、それはそれは手入れの行き届いたお庭。

          dc0725656.jpg 

入り口も、廊下も開け放たれていて、全く閉塞感もなく。

お坊さんが迎え入れてくださいました。

 

宿坊に泊まるというのが初体験で、なにやらお勤めしたり、

厳しい決まりでもあるのかと思いきや、表の門が21時に閉まることぐらいで、

何も強制されることもなく、

案内していただいた寺院内には、コーヒーが飲める喫茶スペースがあったり、

自由に使っていいパソコンがあったり、ビールの自販機までもありました!

                                       (;゜Д゚i|!)

 

「え!お酒・・・この中で飲んでもいいんですか!?」と

びっくりして聞いてみたところ、

「私たちも頂くことがありますので・・・」とのこと。

もちろん、ビールではないと思いますが、高野山では、冬場の暖を取るために

日本酒を頂くことが空海から許されているのだそうで。

仏教の世界では「お酒」ではなく「般若湯(はんにゃとう)という、

隠語で表されているようです。

お部屋に案内していただきました。

8畳の和室です。

セミの声がジーワジーワ聞こえる、静かな空間。

          dc0725650.jpg

なんとまぁ、エアコンに扇風機、テレビまでありましたよ。(笑)

快適すぎてどうしましょう。

お風呂を頂いたら、お部屋でまったり夕飯。

 

                          dc0725320.jpg

「精進料理」となっております。

               img_20130722_070301.jpg

とても丹念に作られているなぁ~!というお料理の数々。

                    page.jpg

                    page2.jpg

高野山といったら「ごま豆腐」ですよ。

濃厚でたまりません。

少量ずつだけど、見た目にも綺麗で、ゆったり食べるとお腹も不思議と満足。

デザートのスイカもいただきました。

 

夜は、希望者のみ「写経」がありましたが、この日は早めに就寝。

・・・というのも、翌日朝6時から行われる、

「朝のお勤め」に参加するため。 

夫は、「えー・・・出るのぉ・・・」とぼやいておりましたが、鼻息荒いちょびすけに

5:50に連れられ本堂へ。

 

だって!本堂には通常入れないんですもの。

ここ参加しなくちゃ、拝見できないわけですから。

本堂の写真撮影は禁止なので表現が難しいですが、

入った瞬間、思わず「うわぁ・・・」ってため息が出るほど、美しく、荘厳でした。

僧侶の方が、40分ほど読経します。

強制されませんが、思わず「正座」しちゃって、

足がじんわり痺れた・・・。(;゚(エ)゚) アセアセ

外国の方も多く泊まられていて、「どうぞお使いくださいね」と

椅子も用意されているので、無理して正座しなくても大丈夫ですよ~♪ 

 

読経の後は、本堂全体を見せていただくことが出来ました。

こちらでは「のど仏」を納骨するらしく、たくさんの骨壷が並んでいました。

ものすごく古くから納められている感じでしたが、不思議と怖いとか

そういう想いにはならず、むしろ、何百年も守り続けているということが

感慨深かったです。

こちらでは、近江彦根藩の「井伊家」 (桜田門外の変で有名な、井伊直弼など)

一族を代々お守りしているそうな。

 

さて、朝の勤行では、ご住職の法話が聞けるはずでしたが、

緒用で下山されていたため、残念でした。

しかしながら、この「勤行」に参加しないと見れないものが

本堂のほかに、もう一つ。

後ろの戸を開けてくださいました・・・

 

              dc0725617.jpg

うわっ!感動!!!

なんて美しいお庭なんでしょうかー。。+゚(゚´Д`゚)゚+。

実は、勤行だし・・・と思ってカメラを持っていかず、

お庭は撮影OKだと知り、勤行終了後は本堂に立ち入れないとのことで

半泣き(!?)で部屋までカメラ取りに行って、ダッシュで本堂に戻り

お願いしたら、快く了承していただき、撮影することが出来ました。ありがとうございます!

 

実はこの「福智院」さんのお庭は、故・重森三玲(みれい)という

有名な庭園家の方が作られ、ジャパンモダニズムとして海外でも

高い評価を受けているとのこと。

本当に、日本ならではの美しさです。

こちらの本尊である「愛染明王(あいぜんみょうおう)」から名前を頂いたという

                    「愛染庭」

              dc0725619.jpg

一日中眺めていたいくらい。

この枯山水は、雨などで形が崩れたらやり直すそうで、毎日直すのではないらしい。

 

全部で3つのお庭があり、他には・・・

                     石庭「蓬莱遊仙庭」

            古代中国の伝説「遥か南海にあって、不老不死の仙人が棲む理想郷、
                                     蓬莱島」を十五個の石組みで表現した枯山水蓬莱式の庭園

               dc0725625.jpg         

               dc0725628.jpg

               dc0725634.jpg

               

                                    登仙庭

                                      登龍門の故事で名高い龍門瀑(龍門の滝)を模した庭

                dc0725640.jpg

                dc0725642.jpg

 

 

                         

で、今この日記書くのに調べててびっくり!

このお庭を造られた、重森三玲さんは、2008年にヲイラが偶然立ち寄った

うっとりするほど美しかった、大宰府の光明禅寺のお庭も手がけていたんだわ。 

 

勤行のあとは、7時ごろから朝ごはん。

普段から朝の弱いヲイラですが、この日はすっごくお腹が空いて

(前夜が精進料理だったから?笑)ご飯をおかわりしちゃいました。

               dc0725651.jpg

豆乳鍋がめっちゃ濃くて、湯葉がどんどん出来て、まいうーだったよ。

 

 

寺院なので、チェックアウトの時間も、早めの9時になっております。

               dc0725644.jpg

               dc0725645.jpg

お世話になりました。

近かったらまた来ちゃうんだけどな~。(*'∇')ウフフフフ

               dc0725659.jpg

 

しかしね、夫くんが

「なんていうのかなぁ~、雰囲気がね、カルトな感じなの!町中がお寺で・・・。

だって、ああやって荷物運んでくれてる人が、お坊さんってすごくない?」って。

 

んー・・・・・なんで?別に?  ʅ( ‾⊖◝)ʃ

この温度差なんでだろうって思ってたんだけど。

あ・・・だって、ヲイラ、オツムの都合で入った高校がたまたま仏教校だったから

先生が「ほぼ、坊さん」って環境だったからね。

写経もやったし、お経なんて授業で読んだし、

毎日、坊さんに勉強教わってたもんでね。(笑)

むしろ、落ち着く感じ?(○゜ε^○)

 

妙に納得した、宿坊体験だったのでした。

             dc0725612.jpg

                   7月9日にOPENしたばかりの「ファミリーマート高野山店」にて。 

 

いよいよ、空海に会いに行きますよ~。

|

« 紀伊半島旅行 4日目 | トップページ | 紀伊半島の旅 5日目 »

コメント

スッゴイ濃厚な旅だぬーんッ!!(*´台`*) ハアハア
全てが素敵スギやっさ~っ!! ヽ(`Д´)ノ

マネしてみたいけど、この盛りだくさんツアー
ぶっちゃけ・・・おひとり様おいくら万円かかる感じぃなん?
(注:小声で教えてちょ♥)

投稿: カータン | 2013年8月18日 (日) 23:01

>カータン
濃厚でしょ~・・・。(笑)
まださらに濃厚になりますから。
まぁ、ちょっと海外行けるんじゃ?ってくらいかかってるけど、
食事や宿も適度にロープライスで済ませてるのと、
車で行ってるので、交通費が二人分かかってないから、
ツアーで5泊するよりはお安いかと・・・。(;´▽`A``
まぁ、でも一大発起しないと行けない旅だったわー。

投稿: 住人:ちょびすけ | 2013年8月19日 (月) 12:06

私も「高野山」て山があるんだと思ってたわー(-公-;)
ひとつ、お利口んなったw

精進料理と言ったらごま豆腐だよねー♪大好き❤

私たちが毎年初日の出の後にお参りする龍潭寺てお寺も井伊家ゆかりで枯山水のお庭があるよ。
作者は違うようだけれれども。

全然信心深いわけじゃないけど、高校・大学がアレだし、オジジも仏様&ご先祖様大好きな人だから、こういうの違和感ないなー。
今にして思う、増上寺合宿て貴重体験w

投稿: 高丘の湯宿 | 2013年8月27日 (火) 16:56

>湯宿ちゃん
この土地の周りを囲む8つの山が、蓮の花に似ているかららしいよ~。
龍譚寺なんだ。
あすこのキャンパスも龍譚池じゃなかったっけ?
で、増上寺体験ってなに~!!??
そんなのあったの?
うちんとこはお寺さんに行くなんてのはなかったよ。

投稿: 住人:ちょびすけ | 2013年8月28日 (水) 23:35

高校ん時に増上寺の宿泊体験があったんだよー。

投稿: 高丘の湯宿 | 2013年8月29日 (木) 10:12

>湯宿ちゃん
えー!!いいなぁ!うちは山中湖の研修センターとかだったよ~。

投稿: 住人:ちょびすけ | 2013年9月 3日 (火) 10:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紀伊半島旅行 4日目 | トップページ | 紀伊半島の旅 5日目 »