« 夜行でGO! | トップページ | 期待以上に「現代アート」! »

2011年10月11日 (火)

ノスタルジック弘前

さて、寝台車で12時間かけて弘前市に到着。

最強妖怪あめふらしの例にもれることなく、駅に着いたらどしゃ降り。

レンタカーを借りて、弘前城に行こうと思っていたのに、

念のためにスーツケースにしたためていた「折り畳み傘」を早速使う羽目になり、

お城見学は断念。

 

次にチェックしていた目的地へ行ってみることに。

実は弘前、異国情緒あふれる洋館がたくさん残っているのです。

城下町であることから、明治以降『学都 弘前』として、

外国から教師をたくさん連れてきて、教育に力をそそいでいたとのこと

そのせいあってか、キリスト教も早いうちから入ってきていて、

古い教会もたくさんあります。

 

まずは、そのひとつ「カトリック弘前教会」へ。

Dc100964

明治末期に建築された、ロマネスク様式の建物。

隣にある小さな事務所に、見学させてもらえるかどうか伺ったところ、

とても清楚で、品の良い高齢のご婦人が、優しく鍵を開けてくださいました。

写真もOKということだったので、カメラを取り出しパシャパシャ。

 

Dc100966

結婚式などに使う商業的なものではない教会に入るのは、すごく久しぶり。

ちょび家、二人揃って同じ「教会幼稚園」に通っていたので、

毎週日曜には礼拝があったり、牧師さんのお話を聞いたりして育ったから、

この雰囲気がすごく懐かしい感じ。

 

Page

カナダ人の方が製作されたというステンドガラスは、

聖書の中に記されていることが物語形式で並んでいて、なかなかの見ごたえ。

Dc100973horz

教会を出る頃には、少し小雨になってきていたので、

このあたり一体に残っている洋館を巡ってみることに。

 

 

青森県初の私学校「旧東奥義塾外人教師館」へ。

学都を目指して招いた、歴代の教師の方々のご家族が住んでいたお家。

Dc1009622

現在、1階部分はコーヒーラウンジとして利用されているいるようで、

こんなところでお茶したら時間を忘れそうです。

Dc1009684

明治時代の建物って、本当に色合いも綺麗で素敵だよね~♫♫♬

居住部分だったところは見学出来るんだけど、明治の弘前で

この辺一体は大層異国情緒漂う地域だったんだろうね。

部屋の作りも、どれもこれも可愛くて、写真を撮るにはぴったり!

Dc1009673

シックで落ち着いた色合い。

部屋の作りも良く出来ていて機能的。

電気のスイッチだって、こんなに可愛いんだもの。

Dc1009672

 

壁紙に色が付いていたり、模様が入っていたりっていうのも、

日本ではなかなかない文化だよね。

Dc1009676

 

Dc1009611tile

家の中に、ブランコだってあるよ~(笑)

リアル木馬だって似合っちゃう。

 

トイレは和式になっていたけど、浴槽は無くシャワールームで、

タイル貼りの感じも、素敵。

Dc1009683             家族分、バスタオル掛けがあるとこなんて、洋館らしいよね。

 

キッチンには、パントリーだって付いちゃってる~♪

Dc1009680

憧れちゃうね~、こんな生活。

飾ってあるものがいちいちオサレでずるいわ~。(笑)

 

また、この敷地のすぐ近くにある「旧弘前図書館」もかなりノスタルジックです。

Dc100994

ツインタワーの作りが、目を惹きますね~。

M3

螺旋階段があったり、壁や建具の色がいいんだよね~。

今は、近代的で立派な図書館が出来ちゃってるんだけど。

 

で、ここのお庭には、これらの弘前に残る「洋館」のミニチュアが並んでいます。

Dc1009615

Dc1009649                    これは「青森銀行記念館」です。

 

中に人がいたり、よく出来ています。

M1

M2

驚くのは、これらの多くが「現存」しているということです。

本当はひとつひとつ実物を拝みたかったけど、

離れた場所にあるものもあったので割愛。

*実際の建物は こちら

 

出発前に、弘前の美味しいものってなんだろう?って調べたら

なぜだか「フランス料理」って書いてあって不思議だったんだけど、

車窓から見ていると趣のある喫茶店や、洋菓子屋さんなどが

この周辺にたくさんありました。

 

早いうちから国外に目を向け、それを教育に取り入れていた弘前なら

なるほど納得ですね。

全然知らなかったです。まるで長崎にでも来ているようでした。

弘前、また行ってみたいな~。

************************************************************* 

気づいたらお昼過ぎ。

フレンチ?とも思ったけど、宿泊先の夜ご飯が入らないといけないので、

車で30分くらいの黒石市へ移動。

Dc1009109

黒石市といえば、最近のB級ぐるめでもおなじみの

「つゆやきそば」が有名。

初めての出会いは、沖縄での「青森物産展」だったんだけど、

そのときはイートインコーナーが混んでいて、「つゆ」の無い焼きそばを

買って帰ったんです。

 

なので、今回は本格「つゆやきそば」を求め、

しかも、つゆやきそばMAPに載っていない、地元の人に人気のお店を

ブログなどで事前にチェック。

「妙光」さんというお店に来て見ました。

他にも定食はいっぱいあったけど、そこは王道のつゆやきそばで。

Dc1009104

ねぎ、天かす、にんじん、キャベツ、お肉が入ってました。

(つまり、焼きそばの具だよね)

黒っぽいのは、スープが「ソース味」だからです。(❀ฺ´∀`❀ฺ)ノ

うんうん!きっとここのお店、地元のお店の中でも美味しいに違いない。

やみつきになるソース味のスープ。

Dc1009107

 

偶然にもこの翌日、黒石市で

「つゆやきそば選手権」が開催されたみたいなんだけど、

こちらのお店は参加しないとのことで。

その辺も王道っぽくて、いいんじゃない?(* ´艸`)

 

結構、突然無性に食べたくなる感じです。

自分で焼きそば作って、スープ入れたらいいのかな?

でもこのストレート麺は手に入らないしね。

とにかく、情報どおり「妙光」さんのつゆやきそば、めちゃ美味しかったです!

★「妙光食堂」情報は こちら

この後は、一路、宿泊ホテルのある十和田へ向かって出発です。

|

« 夜行でGO! | トップページ | 期待以上に「現代アート」! »

コメント

やっぱ東北はいいね~ 
弘前は仙台からも遠くて行った事なかったなあ。
素敵な町なんだね。
つゆやきそばおいしそ~~
続編楽しみ~♪

投稿: くまじろう | 2011年10月11日 (火) 21:51

>くまじろう
東北いいよね。
寝台車の車掌さんのなまりが、なんともほっこりした気持ちになったなぁ~。
私も青森=りんごのイメージしかなくて、弘前がこんなモダンな街だったなんて、今まで知らなくて損したよ~。
アップルパイのお店がいっぱいあってね、MAPもあったよ。
今回弘前滞在時間が短かったから食べ損ねたんだけど、
いろいろ食べてみたいな~!

投稿: 住人:ちょびすけ | 2011年10月12日 (水) 17:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜行でGO! | トップページ | 期待以上に「現代アート」! »