« 10周年だもの。 | トップページ | ノスタルジック弘前 »

2011年10月10日 (月)

夜行でGO!

夫くんの取れてなかった夏休み&結婚10周年記念日にのっかって計画した、

青森旅行!

せっかくなので往復新幹線ではなく、津軽海峡行くんなら夜行で行こう!って

ことになりまして。

 

Dc100901

上野発→青森行きの寝台車、ブルートレイン「あけぼの号」に乗ることにしました。

ヲイラは大宮駅から乗車、仕事で地方に行ってる夫くんは

高崎から乗車することになりました。

Dc100908

うわぁぁぁぁ。行き先を確認して、(〃∀〃;)ウキウキ。

本当にこのまま青森着いちゃうのかぁ。

実感も無いまま、ちょびすけは誰もいないプラットホームで、

「鉄子」に変身!!

「あけぼの」が入線してくるのを待ち構え、カメラスタンバイOKgood

 

連写モードで、にわか鉄道オタク気取り。

Dc100912

              キタ━─━─━(*・∀・*)v━─━─━!!!

 

ブルートレインに乗るのは、子供の頃京都に行って以来。

変わってないなぁ!

この渋い紺色の車体が、深夜特急感プンプンでたまりません。

 

車内はこんな感じです。

Dc100915

細い通路があって、片側は寝台になっています。

向かい合って上下にベッドがあって、それぞれカーテンが閉められます。

 

Dc100918                 正面のはしごで上のベッドにあがります。

 

指定席になっていて、もちろん知らない方とお隣さんで寝るわけですが、

女性一人旅なんかだとちょっと心配もありますので、女性専用車両もあり、

その車両には男性は立ち入れないようになっています。

 

Dc100917

          2階の人は寝てる間に落ちないように縦のベルトがはってあるんだよ。

ちょびすけの寝るところは、左側の上だったんですが、

車掌さんに聞いてみたら、この場所に他のお客さんいないとのことだったので、

下の段2ヶ所使っていいことになりました。

 

ヲイラの乗った大宮から、夫くんが乗車する高崎までは1時間ほど。

ロールスクリーンを上げて、ひとりしっぽり流れ行く夜の町を眺め、しっぽり。

夫くんとメールでやり取りしていたら、やっぱり人気の無い高崎駅で

夜の列車を待っていたもので

「夫、なんか鉄郎みたい~(≧∇≦)」だって。(笑)

 

いっぽう、そのとき偽メーテルは・・・

Dc100924

さきいかを買い忘れたのを悔やみながら、ハイボールで一杯やっちゃってたよ。

偽メーテル、おっさんかっ!(爆)

 

夜行列車なので、灯りも必要最低限に落とされて、窓もスクリーンが下りて

すっごい静か。

寝ているお客さんもたくさんいるので、駅についても案内アナウンスや

出発のベルは鳴りません。

静かに出発して、静かに人が乗ったり下りたり・・・。

 

宮澤賢治好きなちょびすけ、

すっかり気分は「銀河鉄道の夜」ジョバンニ

                 や、ハイボール片手に、なんだけど。(笑)

 

さて、高崎で夫くんと合流。

ちょっとお酒で乾杯して、12時ごろには就寝。

結構揺れるんだよね。

わりと寝つきは早かったんだけど、大きくガタガタゴトゴトくると、

そのたんび目が覚めちゃって。( ̄ω ̄;)

 

下車する「弘前」までは12時間くらい。

しょっちゅう目覚めちゃうから、朝起きれるか心配だったけど、

半分開けておいたロールスクリーンの間から差し込む、朝日で目が覚めました。

Dc1009594

5時過ぎくらいだったと思うんだけど、この時間はまだ新潟県内を

走ってたみたい。

Dc100943

車窓から、稲刈りを終えた田んぼが延々と見えました。

 

あけぼの号は日本海沿岸をひた走ります。

才オォ(。゚Д゚)ォオ才

Dc1009606

「八郎潟」だぁ!

子供の頃読んだ、斉藤隆介さんの「八郎」という絵本は今でも忘れられない1冊。

そうかぁ・・・ここが、あの、八郎が守った・・・。゚(゚ノω`゚)゚。

 

感慨ふけっていたら、=( ̄□ ̄;)⇒

秋田に入ったあたりで、ほんとに日本海がすぐのところを走るのだけど、

急に大雨と強風で列車が立ち往生。

30分以上、安全を考慮してその場で停車しちゃいました・・・。

Dc100948

波が超荒れてるし・・・。

ザ・日本海な景色ですね。

さすがそんじょそこらの雨女じゃないですわ・・・

Dc100957

しょぼぼーん・・・と走り出すのを待ち、

その後、ちょびすけに最大のミッションが!

秋田駅に7時過ぎくらいに停車するのだけど、

そこで「駅弁」を買って、

食べながら青森入りするのが「通」らしい。

 

そんなこというくらいだから、結構余裕があるのかと思って

秋田駅でお財布持って降りたら、

お弁当売ってるところかなり遠い~!!

一瞬躊躇したんだけど、車内で駅弁を食べることへの情熱が

ヲイラの背中を押し、超ダッシュ。

選ぼうと思った途端に「まもなく発車いたします~bomb」のアナウンス。

 

ヾ(.;.;゚Д゚)ノ 待って!待って!ヲイラは秋田じゃなくて、青森へ行くんだよ??

ってか、荷物全部列車の中!!

焦るちょびすけ。お弁当を吟味する間もなく、感覚で二つ重ねて

おじさんに渡し、おつりが250円なのに、

おっちゃんも アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!! しちゃって、

「いい!もう300円あげる!!」って。

 

もう、ぎりぎりセーフで目の前の扉から乗車。直後に扉閉まりました・・・。

どうでしょう、この駅弁への情熱。(`∀´)。

そうこうして、ゲットしたお弁当。

Dc1009597

 

Dc1009603

 

Dc1009604

お・・・お米がうまい・・・。。・゚・(゚`д´゚)・゚・。

万歳、あきたこまち!

駅弁LOVE 

Dc100958

予定より、40分近く遅れて到着しました。

「遅延のため、新幹線へのお乗り継ぎのお客様、新幹線は既に発車しました」

・・・って駅についてからアナウンスしちゃうあたりが、ぬるい感じで素敵。

え?

 

弘前駅は、すごく都会でした。

迎えてくれたのは、手作り感満載のこんな方でしたが。(笑)

Dc100959

レンタカーを借りて、いざ青森観光へ出発!!

 

|

« 10周年だもの。 | トップページ | ノスタルジック弘前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10周年だもの。 | トップページ | ノスタルジック弘前 »