« 東北地方、道路通行実績サイト | トップページ | 今だからこそ!アンパンマン! »

2011年3月16日 (水)

具体的な対策を一刻も早く!

今日、震災が起きてから初めてスーパーに足を運びました。

噂どおり、がら空きの棚が何とも異様な雰囲気でした。

 

報道でも「買占め行動は自粛しましょう」とひっきりなしに言っていますね。

買占め行動が起こってしまったことは、実際に余震が続き、自分のところにも

大地震が来るかもしれない・・・停電に備えなくては・・・

放射能が来るかもしれないから備蓄しておかなければ・・・という心理から

そのような行動が始まったのでしょう。

 

これに関しては、その後の「備蓄があるから大丈夫」

「放射能は深刻なレベルではない」という報道で、

少しずつ落ち着いてくるのではと思っています。

実際、商品が店に並ばないのは、

①物流が滞っていること

②まずは被災地へということで優先して送られている

ということもあるようです。

 

つまり、ここのところ「買占め→被災地へものが届かない」という流れの報道が

多かったですが、以下の記事を読んで現状が少しわかりました。

※読売オンラインの記事より

ルート途絶で集積所滞留…避難所に届かない物資」

 

救援物資は、食品メーカーや備蓄品から、震災翌日に被災地へ

既に輸送されているのだそう。

問題は、そこから各避難所への輸送が滞っているとのこと。

基地にはかなりの物資が集まっているけれど、自衛隊の隊員も

「人命救助」の情報が入れば、そちらを最優先に行動するし、

やっと到着したんだ!と思った、国土交通省の作業船「清龍丸」は

救援物資をのせて着岸したけれど

沿岸にたどり着いたはいいが、そこから分配して走るトラックと燃料が

無かったため、荷物を降ろせず引き返したとのこと。

 

ものすごく辛い話だけれど、辰巳琢郎さんのブログによると、

報道カメラも入らない、自主的に集まった小さな避難所などでは、

水も食料も届かず、子供達の餓死が起こっているという情報。

せっかく助かった命なのに、これは一刻を争う事態だと思う。

 

あまりに広範囲すぎる災害のため、国、警察、消防、自衛隊だけでは

細部に渡るまでのフォローに手が足りてないようだ。

原子炉問題も同時に起こってしまって、誰もがいっぱいいっぱいなのだと思う。

でも、子供が餓死していくなんて・・・。

 

報道カメラが空撮を行ってきたことを私は悪いとは思わない。

映しただけでそこを立ち去ったわけではないと信じたい。

「取り残されている人を見つけた」という情報は、連絡してくれていたと思う。

公的機関だけでは見つけられなかった、避難地を見つけてることに貢献

してくれていたと思う。

 

だからもう、次の段階に動いて欲しいと思った。

民放各社が一斉に一日同じ情報を放送し続ける必要も無いと思うし、

未曾有の大災害なのだから、互いに話し合って協力して、

放送するのは1局に絞るとか(節電にも繋がるし)、

安否情報はこの局で・・・とか。

報道機関は公的扱いになるとのことなので、取材に使うヘリコプターで

今まで確認してきた、誰からも救助の来ていない、小さな避難所に

食料、飲料水、医薬品や毛布くらいの荷物であったら、

投下してあげることが出来るんじゃないだろうか?

 

救援物資は、目の前まで届いているのに、

陸路で運べないために、子供達が餓死していくなんて・・・。

 

あとは、ガソリンは被災地や物資を送る車両に優先し、

不足している車両の提供など・・・具体的なことをやって欲しい。

時は一刻を争っているのだから・・・。

 

私にはあらゆるアイディアが浮かばないのだけど、

とにかく報道されていない深刻な状況をここに書くことで、

知識を持ち、行動が許されている人たちが、立ち上がってくれることを祈って

記事を書きました。 

 

 

追記:燃料供給への動きが見え始めましたね!よかった!
    運んでくださる運転手の皆さんも、どうかお気をつけて。

 

|

« 東北地方、道路通行実績サイト | トップページ | 今だからこそ!アンパンマン! »