« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月30日 (土)

お知らせ。

今日は皆様に・・・

Shock

な、お知らせをば。

ちょびすけ・・・

続きを読む "お知らせ。"

| | コメント (18)

2010年1月26日 (火)

お豆感謝祭

先週、友達ファミリーが沖縄観光に来ていました。

貴重な滞在時間を割いてくれて、ちょこっとホテルでお茶しながら

ゆんたくタイム。cafe

 

お土産に頂いたのが、こちら。

Dc012303

和菓子詰め合わせキター*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!

沖縄に住んで、思いのほか「和菓子」に思いを馳せちゃってる

ちょびすけのハートはお見通しでしたね。 (*'因`σ)σ<コノコノ!

(沖縄ならではの伝統お菓子が多いので、和菓子屋さんは案外少ないのですね)

 

中でも悶絶モノだったのが・・・

Dc012310

ヲイラの大好きな甘納豆さんたち

お多福豆・白花豆・大納言・大正金時・青えんどう豆ー!!

 

ウホウホ ウホホホ ウホホホホホー!

                              Photo  

            (大興奮なの!?一口でいける勢いなのね!?エ○ゴリくん!笑)

 

お茶だわ!これはお茶だわ!!日本茶よ!!

         Dc012343

 

お・・・おいしい~・・・。・゚・(ノД`;)・゚・

この柔らかすぎず、まぶされたお砂糖の「シャラリっ」って舌触りが

たまりません。

(和菓子LOVE友達におすそ分けしました。ルン♫)

 

さらに一緒に入っていた・・・

         Dc012623

「アマナットウ クリムシ ヨウカン」

甘納豆・・・

     栗蒸し・・・

          羊羹・・・。

 

         Dc012621

               ♬♩♫♪☻(●´∀`●)☺♪♫♩♬

 

オールスターじゃん!

もう・・・

栗とお豆のオールスター大感謝祭じゃん!!

五臓六腑に染み渡りましたよ。

▒▒▒|ョД`*) <オマメガ ギシーリ・・・ハァハァ

 

Dc012602

美味しかったぁぁ~ん♫

ご馳走様でした。(^-人-^) ムフッ

| | コメント (5)

2010年1月25日 (月)

ラボラトリー、それは研究室。

ひまわり畑に行った後、とっても可愛らしいお店でお茶してきました。

読谷村の「楚辺(そべ)」というところにある、焼き菓子屋さん。

         Dc0121287_2

「楚辺喫茶研究室 Sobe Labo(ソベラボ)」

研究室って聞くと、なんだか((o(´∀`)o))ワクワク感があるよね~♪

 

団地のような建物の一室なんだけど、改装してあって

店内もすごく素敵です。

         Dc0121253

天然木のショーケースが、暖かい感じでいいなぁ!

並べられたお菓子たちのイメージにぴったりだね。

オーナーさん手作りの焼き菓子が、並んでいます。

         Dc0121263

 

「ソベラボ」さんは、焼き菓子のお店で、

店内で頂くことも出来ます。

「レモンケーキ」と、静岡で栽培された紅茶「丸子紅茶」を選んでみました。

Dc0121246
                             *大きなカップで得した気分♪

 

注文したお菓子は、チューイチョーク舎さんの木製パレットに

乗って出てきます。

先日ちょうど、チューイチョークさんに行ったばっかりで、

このパレットが「チーズとか乗せたら可愛い!欲しい!」って

思っていたので、益々欲しくなってしまいました~。

Dc0121262

 

レモンケーキ!

タルト部分(でいいのかな?)が、サックサク。

そして、レモンの風味がものすごくしっかりしていて、

レモン好きにはたまりません。

もったいぶって、フォークでちょっとずつちょっとずつ頂きました♪

 

柔らかソファーでゆったり、可愛らしい店内に

「住みたい・・・ここに・・・」と思ってしまいました。(笑)

         Dc0121271
              *このジンジャーエールも瓶が可愛い~

 

タルトや、パウンドケーキ、クッキーやマカロンなどなど、

ちょっとお友達に家に行く時のお土産などにもちょうど良いですよね。

 

ヲイラが結構、ラブズッキュンだったのは、

キャンディーポットに入ったクッキー♪

Dc0121267

子供の頃から憧れのキャンディーポット。

「大草原の小さな家」って知ってますか?

昔放送していたアメリカのドラマです。

あの中で、主人公のローラファミリーがよく買い物に行く、

お友達(いじわるなんだけど。笑)ネリーの家が商店で、

キャンディーポットの中からお菓子を計り売りしているシーンを見ては、

ワクワクしたものなのです。

 

キッチンもとってもヵヮ。゚+.(・∀・)゚+.゚ィィ!!。

オーナーさんの好きな道具が凝縮したようなキッチンで、

次々と焼き菓子が作られていく光景も、和みます。

あまりに居心地が良くて、2時間くらいいちゃったかも!?

リラックスして寝ちゃう方もいるらしいです。(笑)

 

Dc0121273tile

 

可愛らしい「研究室」で(○`∀´○)ムハーですよ♫

 

★「楚辺喫茶研究室 Sobe Labo」情報
  住所:読谷村楚辺1058-#T-18
    電話:098-956-6451
  営業時間:12:00~19:00(イートインは18:30まで)
  定休日:火・水曜日
  P有り

 

| | コメント (8)

2010年1月23日 (土)

冬のひまわり畑

北中城(きたなかぐすく)のひまわり畑に、

カメラのレンズを3本かばんに詰め込んで

行ってきました。camera

Dc012175

2年前に行った時には2万本だったひまわりは、

昨年には10万本に増え、今年はなんと30万本って!!

もともと「休耕時期」の畑に、ひまわりを植えていたらしいんだけど

今ではこの「北中城村のひまわり畑」は、かなり有名になっていて

観光スポットとして数も増やしてがんばっているみたいです。

 

会場も「第一」「第二」と分かれて、

ヲイラが2年前に行った時よりも、うわぁ~!ってくらい

ひまわりが広がっていましたよ。

 

Dc0121205

ちょっと小ぶりな種類のひまわりで、可愛いです。

腰ぐらいまでの高さのものもあれば、ヲイラの身長を越えちゃう高さの

ものもあり、まるでひまわりの迷路に迷い込んだかのよう。

 

Dc0121145

Dc012189

 

ちょっと傾斜のある会場には、高くなっている側に見晴台が

出来ていて、ちょうどお日様に向いて咲いてるひまわりたちを

一望することが出来ます。

Dc012143

 

で・・・その見晴台の正面に

「ん?なんだ?あれ・・・」というものがあって、

会場に来ていた人たちの頭を「???」にしていました。

Dc012180

「なぜか卵から生まれるゴジラ」  :゙;`゙;`;:゙;`;:゙`;:゙;`ヽ(゚∀゚ゞ)ブッ

 

ひまわりとゴジラの関係性・・・謎。(笑)

Dc012138

どうみても、ゴジラ設置あとに、種を植えたっぽいゾーン発見。

外にも巨大な「サイ」とかがいて、みんな失笑してました。

 

 

ヲイラはひまわりの「後姿」が結構好き。

正面よりも、なんだか太陽に向かって一生懸命立っている姿を

応援したくなるんです。

Dc0121162

Dc0121173

踏み倒されても、台風で倒れても太陽に向かって咲こうとする、

健気な姿にいつも元気をもらえます。

        Dc0121141

 

        Dc0121117

 

この日は、ミツバチたちも大忙し!

今、ミツバチが激減しているって聞くので、

これは嬉しい光景でした。

        Dc012162_2

 

        Dc0121182

 

しかし、植物全般、しげしげと見ると非常に不思議な構造だったりしますが、

「ひまわり」っていうのはとても芸術的な作りだなぁ~!

って思います。

「ガク」の部分が、燃え上がる炎のようでかっこいいです。

Dc0121103

 

Dc0121115

 

30万本のひまわり畑は、まだつぼみも多くありましたので、

2月初旬頃まで見られそうですよ。

是非、一足お先に夏気分を~♪

Dc0121186

*********************************************************

これなかった夫くんに、お土産ひまわり♪

Dc0121242

 

        Dc012337
          *おチビちゃんは開こうと一生懸命です(❀ฺ´∀`❀ฺ)ノ

| | コメント (7)

2010年1月22日 (金)

うぉっと~!!!

20hit

昨日、何気なく自分のブログを覗いて驚いた!!

続きを読む "うぉっと~!!!"

| | コメント (5)

2010年1月21日 (木)

最古の石彫獅子

お正月休みの南部ドライブの際、観光ガイドに小さく載っていて

なんだか知っているようで行ったことがなかったところの看板を発見。

 

矢印をたどって行って見ると、どうやらそこは昔

「城(沖縄では“ぐすく”と読みますがあったらしい、ちょっとした丘になっていました。

Dc010469

「勢理(じり)城」があったのですね。

 

        Dc010467

日陰が涼しい階段を登っていくと、ベンチがあってちょっと休憩できる

小さなスペースになっていました。

 

そこに静かに立っていたのは、

        Dc010471

「富盛の石彫大獅子(ともりのせきちょうおおじし)」

現在のシーサーとは、ちょっと違う感じですね。

 

なんでも、300年以上前、ふもとの集落は火災が耐えなかったそうで、

「火除け」のために、村の守り神として立てられ、

それ以来続いていた火災がおさまったのだそう。

 

この「村落タイプ」の石彫りのシーサーとしては、

県内で「最大・最古」のものらしい。

石で出来た最古のシーサーがあるという情報だけ頭に入っていたのですが・・・。

 

顔つきも凛としていて、かっこいいです。

Dc010489

 

最大、という大きさは、高さ1.54メートル

ちょび夫と並んでもこんなに大きいよ~!

Dc010478

 

で、家に帰ってきて改めて調べてみたら、

この獅子は歴史の証人なのですね。

 

先の沖縄戦の際、丘になっていて城址に立っていた大獅子は、

アメリカ兵の弾除けにされていたのだそう。

Si
                (画像お借りしました)

とても同じ場所だとは思えない光景ですね。

 

しかしながら獅子は、沖縄が緑生い茂る城址に戻るまで、

ずっと静かに見守ってきたのだな。

改めて大獅子の写真を見てみたら、

とても痛々しい銃痕が残っていました。

        Dc010491
                  *左下に傷がありますね

 

今日も生き証人の獅子は

集落の安全を、丘の上から静かに見守ってくれています。

大切にしなくてはいけないですね。

| | コメント (4)

2010年1月20日 (水)

ほのぼのおやつタイム

昨日は友達のお店でまったりコーヒータイム。

(って、CAFEじゃないんだけど。笑)

 

いつも、

「今日行ってよい~?(΄◉◞౪◟◉`)」って連絡してから行くんだけど、

昨日は友達が、とっておきのおやつを準備してくれていました♪

         Dc012005

 

箱を持つと、ほんわか温かくて、甘~い香りが。o(^-^)oワクワク

なんと出来立てホヤホヤの・・・

         Dc012014
                   「マラサダ」!

映画「ホノカアボーイ」の中で、みんなが美味しそうに頬ばっていた

あのお菓子!

「マラサダ」は、ハワイ島ではとってもメジャーなおやつのようです。

沖縄でいったら、サーターアンダギー的存在?

 

劇中であまりにも美味しそうだったため、友達はずっとずっと食べたがって

いたのだけど、

実は灯台下暗しで、おうちのすぐそばで「マラサダ」を作っているお店を発見!

それがとっても美味しかったとのことで、

揚げたてが食べられるよう準備していてくれたのだぁ~♪

初めて食べる「マラサダ」。

ちょうど店内には「ホノカアボーイ」のサントラが流れていて、心地よいね。

Dc012022

子供の頃、ホットケーキミックスでドーナッツをよく作ってもらったので、

そんな感じかな?って思ってたんだけど、

違いました!shine

 

ほんわり温かいのにかじりつくと、「パシュゥーdash」っという音がしたような。

外はさっくりパリッと揚がってるのだけど、中はむっちりしていて

イーストのいい香りがするんですね~。

Dc012026

二人声を揃えて、口の周りを砂糖だらけにしつつ、

「おいひ~い!!(TωT)ウルウル」と思わず叫ぶ。

「5個ぐらいいけちゃうね♪」と言いながら、2個ずつ食べる。

 

この食感はちょっと癖になりますね~。

こちらの「マラサダ」は、宜野湾にある

ハワイアンカフェ「namakuma」さんで作られています。

Dc012003

一番美味しいタイミングで食べて欲しいという想いから、

作り置きになってしまわない程の数だけ作っているみたいです。

あらかじめ電話で予約したり、何時頃に・・・と連絡したほうが

購入しやすいそうですよ。

★Hawaiian cafe 「nakakuma」情報
  住所:宜野湾市大山2-7-17 B-6
  電話:098-988-4853
  営業時間:12:00~20:00
  定休日:水曜日

 

   

********************************************************

 

さて、今度はジュワ~♪とみずみずしいおやつ。

鹿児島から送られてきたというのを分けていただきました。

         

         Dc012011

「ボンタン」です~♪

手のひらからちょっとはみ出るくらい大きいの!

いい香り~。・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・

 

厚めの皮を剥いていると、まるでピンクグレープフルーツのような色の

ワタが。

実のほうも、ほんのりピンク。

Dc012028

 

手がびしゃびしゃになるほど果汁が滴ってこないのに、

食べるとジュワ~!っとジューシーで、

想像以上に甘かったです。

こんな甘いの初めて食べた~♪

 

とっても美味しいおやつタイム。

むふっ、幸せだ。(☉∀☉)

ご馳走様でした♪

| | コメント (4)

2010年1月19日 (火)

ひっぱりたいっ!

「秘密のケンミンSHOW」っていう番組が好き♥ (*´∇`*)

なぜだか沖縄では、平日の夕方と土曜日と、2回放送されている。

(内地とは放送日がずれて・・・)

 

沖縄にも面白文化が満載だけれど、各地方にも

「それとそれ~!?」とかいう面白い食べ合わせだったり、

県民性がぶつかりあって、とっても面白い番組。

珍しい食べ物などは、案外そこでしか売ってないものだったりして、

気になりつつも番組中の試食シーンで、味を想像するに終わってしまうのだけど。

 

先日の放送で、

「これなら試せる!(○`∀´○)ムハー!」っていう郷土料理(!?)が

あったので、早速材料を買ってきて試してみることに。

 

はい、材料。

Dc011321

あー、これみて「アノ県」の人はピコーンと来ちゃうんだろうなぁ~♪

作り方は簡単です。

Dc011330

pencil 鯖缶と納豆を器に出して、混ぜるだけ!Σ(=゚ω゚=;) マジ!

 

Dc011337
                        *見た目は地味だけど。(ネギも入れてみますた)

 

そこへですよ・・・

茹でたうどん(釜揚げ)を混ぜて食べるという・・・その名も

山形名物「ひっぱりうどん」!!

 

鯖缶と納豆!?って思うし、なんとなく想像の付く味か?と思いましたが、

意外や意外。

鯖も納豆もお互いに臭みがあるけれど、二つあわせると

まろやかに合わさって、融合してる!

 

         Dc011331

ヲイラは丼に入れちゃったけど、本来は

                  

こういう鍋で家族分茹でて、茹で汁ごと食卓にドドン!と置いて、

みんなで器にうどんを引っ張り合うので「ひっぱりうどん」らしい。

 

あーん、あーん!いいなぁ!!

ちょびすけも引っ張り合いたい~!!Ψ(*`Д´*)Ψグヘヘヘ!!

・・・と悶えつつ、ひとり丼から静かにうどんを移動。(笑)

 

Dc011343

あくまで、ビジュアル的には地味。(笑)

うどんの茹で汁を入れて、伸ばしてもいいようです。

 

味は、鯖缶についてるのでそのままでもいけます。

あまつさえ、うどんなしの「鯖缶+納豆」でも一品いけそう。

(え?だめですか?山形県の皆様。sweat01) 

 

山形では、さんまの缶詰やツナ缶でもいいようで、

お好みでバターを混ぜたり、粉チーズ振ってたり

トッピングはそれぞれの好みで自由に楽しむらしい。

 

お魚の缶詰って、骨ごと食べられるし、

栄養価も高いって案外見直されてるらしいよね。

納豆も身体にいいし、これ、めんどくさい昼の一人ご飯に結構いいっす。

引っ張り合えない部分で、盛り上がれないけど。(笑)

 

おだぐさまも是非食べてみてはいかがだべすねか?

(↑山形弁)

********************************************************** 

「ケンミンSHOW」おすすめの一品が買えるらしいよ ♪

                   → 「秘密のケンミン館」

 

| | コメント (7)

2010年1月17日 (日)

季節を待たずして・・・。

昨年・・・いつ頃だったか、確か内地ではすっかり「夏」も終わった時期に

いつも利用している「楽天」のショップで、

SALEのSALEぐらいの値段になったのを見計らい、

さらに「楽天ポイント」を使ってゲットした、このバッグ。

Dc011403

かなり前から良いな良いな~・・・と思いつつ、値下がりするのを待ってたので、

実際、手元に来た時にはちょっと季節外れ。

(沖縄でもさすがに季節外れ?って時期でした) 

 

Dc011411
                       *巾着仕様になっていて、中身も安心♪

 

素材が春夏っぽい感じなのだけど、結局気に入ってしまって

何度か使用していたわけなんです。

 

で。

ちょっとポカポカ陽気だった先週のとある日に持ち歩いて、

椅子に座って携帯を出そうと、ふと目をやったら・・・

 

 

ん?なんか変?

         Dc011417
                 *本来あるべき姿が、こちら・・・

 

 

「嘘だろぉぉぉぉぉおおおお!!!(心の叫び)」

 

だって・・・だってね・・・。

持ち手がこんなことになっていたのです。・゚・(ノД`;)・゚・

 

 

Dc011426

「majiで切れちゃう5秒前♥」

って感じ?

                    ショック☆<( ̄□ ̄;)>☆ショック

 

なぜか片側だけが2本とも、糸出ちゃってる~!!

帰りはハラハラしながら、片手で下を支えつつ歩きましたよ。

 

ま・・・まだ、10回も使ってなかったのにぃ!

っていうか、本来使おうと思ってた季節到来前に、崩壊。

ちょっと修理するのは厳しいよなぁ・・・この状態。・゚・(ノД`;)・゚・

 

でも、原因は間違いなくちょびすけ。

かばんちゃんのせいではないです。

毎日入れ替える「バッグ・イン・バッグ」が、まず重すぎ。

Dc011515
               *色合い、使い勝手、お気に入りの無印のバッグ・イン・バッグ

 

これだけで相当ずっしりなのですよ。

しょっちゅう使うから、ついつい毎日持ち歩いてしまう・・・

Dc011523

SHOPカード入れ3冊、通帳&お薬手帳、フリスク。

このほかにティッシュ、ハンカチ、(ポイントカードで)パンパンの長財布。

 

 

そして、一番致命傷だったと思われるのは、

「コンパクトデジカメ&デジタル一眼」まで持ち歩いていたこと!

これがおそらく許容量をはるかにオーバーしていたんだろうなぁ・・・。

バッグ的には

「重いよ・・・ち・・・千切れるぅぅぅ・・・」

とうめいていたに違いない。

                    人( ̄ω ̄;) スマヌ

 

季節を待たずして、崩壊しちゃったバッグちゃん。

でも捨てちゃうのはもったいなすぎるよぬ。

なので、持ち手をカットして、なにかの収納にでも

再利用しようかと思ってるんですが、そのほかに救済法ありますかね?

 

いやぁ・・・ちょびすけは華奢なオサレバッグは、

持たないほうがよかですねぇ・・・。llllll(-_-;)llllll ずーん

もうすぐシーズン到来♪って思ってたのにぃ~!

| | コメント (5)

2010年1月15日 (金)

どっちもリフレッシュ!

どうやら、昨年4月以来だったようです・・・。

        Dc011407

車のオイル交換に行ってきました。

我が家の車のカーナビには、メンテナンスを知らせする設定が可能で、

Dc011409

3000km走るごとに、「交換時期です」とアナウンスしてくれるよう

設定しています。 (通常3000~5000km毎の交換が必要) 

 

昨年4月に交換してから、確か秋ごろに、

エンジンをかけるたびに「交換時期ですkaraokeと言われ、

「行かなくちゃなぁ~・・・(´・ω・`)」って毎回毎回思いつつ、

気づいたら年越してました~!!sweat01

  

街走りでも11km/ℓは走るはずが、最近はもっぱら10km/ℓ台を

越えなくて、俄然燃費が悪いこと間違いなし・・・で、

「そろそろ、まずい?」と思って、9ヶ月ぶりに行って来たわけです。

 

大概平日に行くので、作業の待ち時間も1時間弱くらい。

そんな「オイル交換の日のお楽しみ」

        Dc011405

それは、ファッション雑誌を読むこと!book up

 

東京にいた頃は、毎月『with』『more』を本屋でペラリとめくり、

興味のある特集のほうを選んで一冊買ってました。

え?年齢的に違うんじゃないかって?

いやぁ・・・敢えて若作りしてるつもりもないんだけど、

洋服の好みで選ぶとこの辺なんです。 

(職業柄、いわゆる通勤服系ってあまり着たことがなく・・・)

年相応の雑誌に載ってる服って、桁が一つ違うんだもん~。・゚・(ノД`;)・゚・

ほいだから、このあたりが好き♥

 

        Dc011402
           *さすがに、この丈のスカートは世界が許さないだろうけど。(爆)

 

洋服を見るのは大好きです♫

ウィンドウショッピングはしょっちゅうするし、

頭の中であれこれコーディネートしたりするのも大好き!

(センスの有無は別としてね。笑)

けれど、沖縄に来てからは全く買わなくなってしまいました。

 

たぶん、最初の数ヶ月は買ってたんだろうけど、

途中で気づいちゃったんですね・・・。

そう・・・秋冬あたりに。maple

「沖縄でこんなん、着れませんからぁぁぁあああ!!(泣)」

って。

まず、雑誌で秋冬の特集してる10月あたりなんて、まだ夏なのだ。sun

冬のコートなんて、沖縄来てから一回も着てないのがたくさん。

 

雑誌どおりに季節がやってこないことに気づいちゃって、

ファッション雑誌を買うのをやめた、というわけ。

でも、妄想コーディネートを楽しみたい~♪(❀ฺ´∀`❀ฺ)ノ

ってわけで、オートバックスのこのコーナーが大好き♥

超楽しみ。

パパッと読めば2号くらいいけるのね。

今日も「秋号」あたりを読みあさってきました。 (冬は完全アウェイだから。笑)

 

久しぶりにあれこれ頭の中で着替えを楽しんで、

車のほうもすっかり作業が終了。

交換時期をかなり遅らせてしまったので、オイル交換のほかに

オイルを濾すフィルター(エレメント)と、

エンジン内を洗浄するオイル(フラッシングオイル)も交換しました。

かなりどろどろオイルだったはずだから、洗浄してあげないと

せっかくフィルター換えても詰まっちゃいますからね。

 

毎回書いているけれど、オイル交換をしたあとは、

車の調子も即効変わるのがわかります。

どうがんばっても、10km/ℓしかいかなかったのに、

お店から家までの街走り(信号で止まったり走ったり)なのに・・・

Dc011414

15km/ℓ越え~!

16.5kmまで行きましたよ~。

 

このご時世、これだけ燃費が変わるのは、非常に大きいですよね。

車もちょびすけもリフレッシュして、スイスイスイ~♪っと

街を走るのでありました。(΄◉◞౪◟◉`) 

| | コメント (4)

2010年1月14日 (木)

今年もやめられない・・・。

新年早々、コンビニで発見して思わず二個買い。

         Dc010603

炭酸はあまりたくさん飲めないので、完全に「おまけ目当て」(笑)

あー・・・今年もやめられそうにない「釣られ買い」でございます。

(〃∇〃) てれっ☆

 

 

だって~、んもう、可愛かったのですよ。

Dc010605

ロビンシリーズでもお馴染みの「Pansonworks」の、戦国&幕末コラボ。

 

 

我が家には

「ヘーゼルちゃん」と・・・

Dc070580

 

食いしん坊の「フランク」

         Dc031723

「ペーターくん」(ピーター!?)がいるんですが。

         Dc010636
             *めっさ、瑛太っぽいのは気のせい?(笑)

 

今回の「戦国&幕末」シリーズは、歴女とかにはたまらん感じで。

あ、ヲイラは歴女ではないっすけど。

Dc010609
                    *大河ドラマどっぷりな感じのラインナップ♪

 

大本命は「沖田総司」だったんだけど、手前のほうにいなかった・・・。

さすがに奥から出すのも2列目までが、恥じらいの限界。(笑)

 

 

・・・というわけで、紅一点の「篤姫」と、

Dc010614

 

 

今年盛り上がってる「坂本竜馬」をゲット。

Dc010618

 

ヴィレッジ・バンガードにいくと、

パンソンワークスのいろんなコラボがあって

毎回、良いな良いな~♪って、手に取ってみちゃいます。

か・・・可愛い。 *。(*´Д`)。*°萌え・・・って。(笑)

Dc010624_2
                         ええ、その通り!

 

ついでに、あんなに

「JINの竜馬のイメージが強すぎてぇ~っ (΄◉◞౪◟◉`)」とか言ってたくせに、

ろくに大河ドラマを見たことがない我が家が

「竜馬伝」見ちゃってるので・・・・・・・・・

 

 

 

視聴率いいと思いますよ!福山さん!(笑)

[壁](エ) ̄) 

| | コメント (5)

2010年1月13日 (水)

神の島へ 後編

昨日の記事(前編はこちら)に引き続き、

神の島「久高島」めぐり日記、後編です。

 

聖域「イシキ浜」を眺めた後は、星の砂がある「うぱーま」浜です。

久高島で一番広い砂浜。

       1

早速「星の砂」を探してみました。

・・・探さずとも、一すくい目の砂の中に、すぐ発見!

2
                    *親指付け根あたりに二個あるけど、見えないね。(笑)

ではでは、もう少しアップの写真を。

        3

きれいな☆型を夫くんが見つけました。

本当に、さくっと適当にすくっただけで、必ず星の砂がありますよ。

(昔よく、瓶に入った色つきの星砂、お土産にもらったなぁ!)

実は、生き物だって知ってましたか?  星の砂については こちら

 

「うぱーま」を過ぎると、島の北端まで一本道となります。

       4

これほんと、真夏だったら徒歩は大変な道だね。(;´▽`A``

 

 

延々まっすぐな道を歩いた先は、久高島の最北端。

「カベール岬」です。

琉球の創世神「アマミキヨ」が降り立ったといわれている場所で、

(みずのえ)の日に、この場所から神様が馬に乗って島の廻りを

巡視するといわれているのだそう。

       5
           *神事に使ったのか、岸壁に白い丸石が置かれていました。

向こうに見えるのは、沖縄本島です。

 

また一本道を戻り、今度は島の西側の外周路を歩きます。

       6

「ロマンスロード?!」

しばらく歩いて、なるほど納得。

見晴らしのいいスポットがいくつかありました。

7

海がきれいですね~!

本島もより一層、近く見えます。

本島の南城市に「ニライカナイ橋」という橋があって、

南部の絶景ポイントでもあります。

Nira
                     *これがニライカナイ橋。 左端に久高島が見えますね

いつもは本島側から、久高島を眺め、

「ああ・・・あの向こうにニライカナイがあるのかぁ・・・」と感慨にふけるのだけど

久高側から、肉眼でニライカナイ橋発見!shineeye

      9_3

本島から眺めると、久高は遠く小さい島に感じるのだけど、

久高から眺める沖縄本島は、こんなに近く、大きく見えるんだなぁ~!

海もとても綺麗です。夕日の見えるスポットでもあるようです。

       8

 

さて、この先を進んでいくと、久高島でもっとも神聖な場所だと思われる

場所へ。

外周道路のちょっと小道を入ったところにあります。

Dc0110118

一見、林のように思いますが・・・

10

「うぷうがみ(フボー御嶽)」という場所。

琉球七大御嶽(うたき)の一つ。

       11

重要な祭祀が行われ、先祖の魂が宿る聖域です。

首里城のある「首里」と、「玉城(たまぐすく)」に向かって

拝む場所がありますね。

 

「男子禁制」の場所ですが、今現在は島の人であろうがなんであろうが、

「神女」以外はなんびとたりとも入ることが出来ないそうです。

       12

「立入禁止」の小さな看板に矢印がついていますが、

その横にある岩までしか入ってはいけません。

「御願(うがん)=お祈りする」場合も、ここまでしか許されません。

       13

沖縄本島にも聖域がたくさんありますが、観光スポットとして有料で

見学できる場所もあったりして、

久高島が現役で祭祀を執り行っている、神聖な島なのだなぁ・・・

と改めて感じさせられる場所でした。

 

ひたすら西側の道を歩いて、集落に戻ってきました。

14

久高の古民家は屋根瓦がちょっと変わっていました。

「屋号」なのでしょうか?

それぞれの家で、異なる文様が入っているんですよ。

15
                       *瓦自体の形も、本島と違いますね

 

18
                        *可愛く刈られた庭木がありましたよ

 

どんなに小さな島に行っても、必ずあるのは・・・こちら、

       16

ちょっと一息つけるテーブルと椅子が置いてあるのが、

島ならでは、ですね~。

塀の上に乗っているのは、魔除けの貝です。

17

どこのお家の塀にも、ちゃんと貝が置いてありました。

 

綺麗で立派な「小・中学校」もあります。

19
                           *学校の門にもシーサーさぁ

 

集落の中にも、いくつか重要な建物がありました。

「外間殿(ふかま)」・・・太陽・月・海の神様など七神が祀られ、
              正月の行事などが行われる場所。

Dc0110325

 

「大里家(うぷらとぅ)」・・・五穀の神様が祀られています。
               誰も住んでいませんが、拝殿になっています。

20

 

 

「御殿庭(うどぅんみゃー)」・・・右はシラタル宮、
                    左が神アシャギ(村の神を招いて祭りを行う小屋)

Dc0110312

左手にはイラブー(うみへび)の燻製所があり、香りたっていました。

21
                  *久高のイラブーは琉球王府御用達の最高級品なのだそう。

 

 

       22

ゆっくりぐるっとまわって、2時間半くらい歩いたでしょうか・・・。

お腹もぐーぐー鳴っていたので、集落の数少ない食事処で

昼食を。

 

「牛汁」を頂いてみました。

23

ウコンが練りこまれた黄色い麺。

牛肉と牛の胃袋が乗っています。

たっぷりの「おろし生姜」を乗せて食べると、身体もぽかぽか暖まります。

もずくや、アーサなども天ぷら盛り合わせも食べました。

25

そうそう!

そばに、刺身の小皿がついてきましたが、そこになんと

昨日の記事で書いた、麗しきおめめの「ティラジャー(コマ貝)」ちゃんが!!

24

可愛いといいながら・・・しっかり食べちゃいました。(笑)

 

 

沖縄本島も、琉球王国の独特な文化があって、

へぇ~!と住んでいながらも驚くことがたくさんありますが、

久高島はさらに独自の制度などがあることを知り、大変興味深かったです。

住民には土地を所有するという概念はないそうで、

土地は全部「字」が所有し、それを借りているという形になっているのだそう。

 

島に来てみる前は、聖域がたくさんあるので(男子禁制の場所も)

なにか「拒まれる」」ような感覚になるだろうか・・・と、

とても慎重な気持ちだったのですが、実際行ってみた感想としては

祭祀が行われている時以外は、いたって静かで穏やかな島だということ。

海ぶどうの養殖場もあったし、

そこにはちゃんと「普通の生活」がありました。

 

そう感じたのはきっと、久高の信仰はより自然と結びついていて、

聖域である場所は、おそらく島の人に聞かなければ

気づかないくらい自然の中に溶け込んでいるような場所にあるのでしょうね。

実際、地図に記載されていても

「どこにあった?」っていうものがいくつもありました。

 

無謀な行動さえとらなければ、誤って聖域に立ち入ってしまうなんてことも

ないように思いました。

本当に、どこにあるのかわかりませんでしたから。

(外周道路に面してはいないのでしょう)

 

ドキドキしながら、ちょっと身構えて渡りましたが、

自分にはとても心地のよい空気の、静かでのんびりした

素敵な島でした。

どうかこの島が、いつまでもこのまま大切なものを守っていけますように・・・。

                                      おしまい。

26

★久高島 概要

| | コメント (6)

2010年1月12日 (火)

神の島へ 前編

沖縄(琉球王国)には、日本に『日本書紀』があるように、

琉球独特の「神話」があります。

昔、アマミキヨという神が降り立ち「琉球」を創った・・・と言われていて、

その創世神、アマミキヨが最初に天から降りてきたとされる、

「聖なる島」があります。

 

それが「久高島(くだかじま)」。

沖縄本島にある、世界遺産「斎場御嶽(せいふぁーうたき)」の拝所からは

正面に「久高島」が臨むことが出来、

斎場御嶽は琉球王朝時代、ここから「ノロ」と呼ばれる神女が、

久高島に向かって祭祀を行い、祈りをささげていた場所です。

         Kudaka
              「斎場御嶽」正面に位置する久高島

 

本島南部からフェリーが出ていて、ずっとずっと訪れてみたいと思っていた

久高島へ、連休中にやっと行くことが出来ました。

 

安座真(あざま)港からフェリーで15分。

1

いよいよ、神の島へ出発です!

2

船は結構なスピードで進み、風もあったので上下にかなり揺れました。

しかしながら、遠くから見つめるより、海上にいるとどれだけ海が

透明か、よくわかります。

3

 

見えづらいかな?あっという間に進行方向に、島が見えてきました。

4
                     *ちょうどしぶきの上辺りに見えますか?

 

Dc0110332

港に到着しました!

レンタサイクルを借りてまわるのが主流のようですが、

周囲8キロの島で、北端まで自転車で20分とのことだったので、

ちょび夫婦はてくてく歩いて散策することに。 

 

地図を片手に歩き始めると、島では数少ないお店を発見。

        5

ここを抜けると、この先自販機やお店は全くありません。

 

 

外周の道は、海に面してはおらず、防風林のように

「アダン」が生い茂っています。

        6

小さな手作りの案内板があり、アダンのしたをくぐり抜けると

最初の浜、「ぴざ浜」です。

7

リーフ(さんご礁の浅瀬=青く見えるのはここまで)が、

結構近かったので、ゴォォォ~・・・と海の音がしました。

(波が立ってるところから向こうは、深いのです)

 

港周辺に集落があり、それ以外はほとんど自然のまま。

ひたすら、こんな道を歩きます。

       Dc011089

思わず、2006年に行った「鳩間島」を思い出しました。

曇りでよかった~・・・これが真夏だったら、日陰もなくて熱中症に

なりそうだもの、あの時みたいに。(笑) 

 

途中途中には、おそらく「島の皆さんが自分たちが食べる分」かな・・・

というくらいの、こじんまりとした畑が続いていました。

8
                                 *大根畑 

 

       9
             *苦くてお馴染みの「ノニ」も自生してました。

 

さて、そろそろ次の浜へ到着。

10

「伊敷浜」です。

入り口からして、なにか言わんとするような感じです。

       11

まるで、簡単にはいることを拒むように、木が生えてました。

・・・といいますのも、この「イシキ浜」は聖なる浜

       12

沖縄には「ニライカナイ信仰」というのがあって、

うーん・・・仏教でいうところの極楽浄土といいましょうか、

亡くなった人たちの魂が向かう楽土とされ、お盆の時などは

ご先祖様たちはニライカナイから帰ってきます。 

 

イシキ浜は、神がニライカナイから島に来訪する際に、

船が停泊する場所で、ニライカナイの対岸とされる聖域。

久高島では今でもこの浜で神事が行われます。

「立ち入り禁止」ではありませんが、ここで泳いだり、珊瑚や砂を

持ち帰ることは絶対にしてはいけません。

16
                              *とても長い長い砂浜です

 

神事に使われるらしく、この浜だけは白くて丸い石がたくさんありました。

       14

岩の上には、祈りをささげる場所が設けられています。 

13

       15

この水平線のかなたに、ニライカナイがあるのだなぁ・・・と思うと、

思わず手を合わせたくなります。

静かな気持ちになり、しばし眺めていたくなりました。

18

      17
                    おもわず、無心に。 

 

聖なる浜ではありますが、地元の方が漁をしていたので

見せていただきました。

19

「ティラジャー(コマ貝)」というんだって。

茹でて食べるのだそう。

手にとって見ていいよ~!と言って下さったので、しげしげと観察。

可愛い~!!

 

なんとティラジャーちゃん、目がありました♪

20

写真が小さくて見にくいかな?

拡大してみよう。

       Dc0110137_2

ね?つぶらな瞳でしょ~!?(笑)

で、左のほうにピラリと爪のようなものが出ていて、これで歩くんだって。

ヤドカリみたいだね。

おじさんが、

「網があったら焼いてあげるんだけどね」と言ってくださったのだけど、

見れば見るほど可愛くて、食べれない・・・(;´▽`A`` 

 

さぁ、ニライカナイに思いを馳せた後は、また北端目指して出発です。

       22

巨大なガジュマルに遭遇。

自転車で周遊してる皆さん、気づかず通り過ぎていってしまって

もったいないわ~。

 

長くなっちゃうので、今日はここまで。

明日は後編だよ。

Dc011021

★「久高島」についての興味深いあれこれは こちら

 

| | コメント (4)

2010年1月11日 (月)

やりましたっ♪

Dc0110741

ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

やりましたっ! 「合格」でしたっ!

昨年受けた「福祉住環境コーディネーター」の試験の結果が返ってきました。

 

100点満点中、70点以上が合格基準で、89点でした。

(( ̄~ ̄;)ウーン・・・もうちょっと間違えが少ないと思ってたけど・・・)

ひとまず、3級合格です。

Dc0110742
                       ワォ!免状がカードですわ♪

 

まぁ、2級をもってなんぼ・・・らしいので、覚えたことが全部頭から

消えてしまわないうちに、2級にトライできたらいいなぁ・・・と。

「合格通知」ってひっさしぶりに受け取ったので、なんかどきどきしました。(笑)

 

 

すっきりさっぱりshineしたので、カメラ片手にお散歩へ。camera

         Dc0110766
             *瓦に苔が生えてるのが大好きなヲイラ♥

 

Dc0110769

かっこいいシーサーにうっとりしながら、住宅街を歩いていると、

夫くんが

「あっ!ポインセチアだぁ!へぇぇぇ!?こんなに大きくなるのかぁ!」

と興奮気味に指差したので、パチリ。

Dc0110761

うっそ、まじでぇぇぇ~!!!

((((((ノ゚⊿゚)ノヌオォォォ


・・・と、すじ道の角を曲がったら、数軒先のお庭にも。

σ(´・ε・`*)

そんなにみんながポインセチアを庭に植えるわけがない・・・よね?

 

 

Dc0110760

'`ィ (゚д゚)/ 質問!

この植物の名前はなんでしょうかぁ~?教えてちょんまげ♪

| | コメント (9)

2010年1月 8日 (金)

オセチリズム

Dc0101155

鍋いっぱい出来てしまった「お煮しめ」さん。

 

 

 

昨年のお正月に引き続き・・・アレしてみました。

Ba_edited1

 

「ガーっとやって」

 

 

 

Ba2

 

ほいで、

Dc010656

これをすかさず投入しますね。 

 

 

 

・・・・・・・・。

Ba3

 

 

いやぁ、このおせちカレーほんと「蕎麦屋のカレー味」でうましです。

肉じゃがでもいいのか?とも思ったけど、

椎茸やたけのこ、ゴボウが入ってるので歯触りや、

味わいも深いです。 (あ、でもこんにゃく、昆布は除いたほうがいいです)

 

 

もちろん、オン・ザ・ライスよりも断然、そばorうどん

         Dc010675

正月明けの楽しみとして定番化しました、すっかり。

*******************************************************

お・ま・け
(☉∀☉) ウヒョッ

 

| | コメント (8)

2010年1月 7日 (木)

女王様!

昨年、ヲイラは本屋で「雑貨カタログ」という本を立ち読みしていて、

あるフレーズを読み、思わず感動で震え上がってしまいました。

「ぉぉ・・・こんなことを・・・こんな素敵なことを考える人が・・・!?」

 

そこには、どこかで聞いたことのあるやうな台詞がドドンと載っていました。

Dc010137

そう・・・どこぞの王妃様が言ったとか・・・の。(笑)

 

確か、ヲイラが読んでいたページは「美味しいパンを売るお店」の特集

だったような!?

思わず、ページをめくり戻し、読み返したら、やっぱりパン屋さんのページ。

事態をその場で飲み込めなかったちょびすけは、帰宅し、

即効ネットで検索。

 

そうして我が家にやってきましたのが・・・これだ!

1.good

 

 

         Dc010123

(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

昭和っ子にはたまらぬキラキラ瞳shine

なんて斬新な箱なんざましょー!

 

実はこれ、お菓子なんですよ。

「誘惑のソンブレロ」という名前の。(爆)

箱の中には、お菓子のほかにカードと、読みきり漫画が入っています。

Dc010149

 

         Dc010163
              *吹き出しの中がいちいちツボ。(爆)

 

「帽子が無いなら 日傘を買えばいいじゃない!」

「小麦よバターよ 新鮮な卵たちよ メタモルフォーゼ!」

「民どもよ、私の菓子を存分に楽しみなさい!」

                            (´0ノ`*)オーホッホッホ!!

 

実はこれを作っている人は、もともとデザイナーだったそうなのです。

先ほど、パンの特集に載っていたと書きましたが、

実際、高円寺と岡山にある「ナショナルデパート」というパン屋さん。

この中のお菓子のラインが「女王製菓」という名で販売されているのです。

毎回限定販売されるお菓子には、それぞれタイトルとストーリーがあって

本編(!?)は11話まで来てるのですが、今回ゲットしたのは

「別冊女王製菓 誘惑のソンブレロ」

         Dc010167

 

 

クーデターを起こそうとした国民たちに、女王様が世にも不思議な

「帽子型のお菓子」を差し出した・・・という設定。

 

Dc010172
                      さぁ・・・民よ・・・お食べなさい・・・(笑)

 

言っておきますが、帽子型ですからね、帽子!!drama

Dc010176

え?帽子のふくらみが寄ってる!?

それは女王様の気まぐれです!(´0ノ`*)オーホッホッホ!!

 

思いのほかしっとりしてて、メープルっぽい味がぎゅっと詰まって美味しい!

Dc010179

ネタ的にもおいしいですが、お菓子の味も美味しいです。 

 

ちなみに、同梱されてくる女王様の紙袋。

          Dc010121_2

どうやら民に大人気らしく、「一枚まで」とHPに念押しされてた。(笑) 

 

 

 

さて、ここまで来ると女王様のことで頭がいっぱいですが、

冒頭に書きましたように、ナショナルデパートは基本、パン屋さんです。

カンパーニュなんだけど、ものすっごい巨大なのです。 (1個5キロあるらしい)

パンが大きい秘密は こちら 

 

「お菓子を食べるなら、パンも食べたらいいんじゃない?」

女王様が夢枕にて仰せだったので、

「四季のカンパーニュ詰め合わせ」というのをお取り寄せしてみました。

         Dc010181

         Dc010112
                この中から8種類入っています。

この写真を見たら、小さいの?って思いましたが、

巨大カンパーニュの1/3をスライスしてあるので、想像以上に大きかった!

 

冷凍状態で届き、霧吹きしてトーストして食べます。

Dc0101114

外がパリッパリで、中はしっとり~♪美味しい!

このパン美味しいよ、とっても~!

冷凍だったから300℃くらいで10分以上焼いたけど、ふわふわでした。

味もいろいろあって、パンだけでも満足できる感じ。

いろいろ楽しめるので、詰め合わせがおすすめかも。 

 

いやぁ・・・ナショナルデパート

今まで知らなくてもったいなかった。(笑)

「くだらないけど本格的」good

           食べてみればいいんじゃなくて?メタモルフォーゼ♥ Dc010118

| | コメント (5)

2010年1月 6日 (水)

新年のお茶。

         Dc010415
              *眺めてるだけで ・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・

 

カワユスなぁ!

ガラスで出来た「茶壷(ちゃふう)」です。

この茶壷、昨年行った「暮らしのセンスアップ」というイベントの時、

ブースで使用されていて一目ぼれ

 

那覇にある「カメリア・シネンシス」というお茶のお店で買えると聞いて、

先日、ふらりといってみたわけなんです。 (麻婆飯食べたお店です)

売り切れだったので、入荷を待って取り置きしていただいてました。

Dc010430
                  *底の茶葉のワンポイントがいいですね♪

 

年末に取りに伺ったところ、素敵なおすそ分けを頂きました~!

Dc010440

説明書きを読んでのとおりなんだけど、

京都で新年のお祝いに飲まれている「日本茶(玄米茶)」で、

「大福(おおぶく)茶」って言うんだって。

 

お正月にどうぞってわけてくださいました。

オーナーさんご夫妻は、いつも和やかで、お茶に対する情熱いっぱいで

ほんとに素敵な方です。

 

早速、新年に頂いてみました。

Dc010444

日本茶の茶葉は、ピンッとまっすぐでなんだか「かっこいい」のです。

お湯は熱湯ではなくて、沸騰してから少し火を止めたくらいがちょうど良い。

 

         Dc010448

茶葉がじっくり、ゆっくり広がっていく様子を眺めているのが

またひとつの癒しでもあったりします。shine

ガラス製の茶壷が欲しかった理由は、これを眺めたかったから。

 

でも、中国茶は熱が逃げてしまうので、陶器製の茶壷のほうが

適しているのだそうで。

紅茶などはこれでも良いとのこと。

ちょうどティーカップ一杯分くらいの量なので、

「ちょっとお茶飲みたい」って時に便利なのです。

 

玄米の香ばしい香りがしました。

         Dc010458

平安時代から飲まれているお茶だなんて、感慨深いですね。

こういう「慣わし」を大事にするって素敵なことだなぁ!

もっと「My・お茶タイム」を大事にしよう~、と思いました。

この茶壷はしまいこまずに、いつでも使えるようにテーブルの上に

出しておこうっと♪

| | コメント (4)

2010年1月 5日 (火)

未確認モフモフ?

夫くんの正月休み最終日は、お天気も良かったので

早いとこ洗濯もやっつけて、「初・海」を目指して、南部ドライブ。

         Dc0104102
               *サトウキビの穂が出る季節だよ♫

 

お腹を空かせつつ向かったお店は、まだ初商いしてなくて・・・。=( ̄□ ̄;)⇒

ギュルギュル鳴らせながらたどり着いたのは、

「山の茶屋 楽水」

宮本亜門邸近くのあのお店です。

 

結構混んでて下のギャラリーで待ったのだけど、いい雰囲気でした。

Dc0104146

お店は吹き抜けになっていて、石灰岩から滝のように

ちょろちょろ水が流れてるんですよ。

         Dc0104159
              *岩に合わせて建物を建てたんだねぇ。

 

昨日の沖縄は真夏のような日差しで、

UVカットガラスの車に乗っていても、手や足がジリジリ・・・。

お店のおすすめ席もかなり眩しかった~!

Dc0104176

 

お正月の食べ疲れだったので、薬草を練りこんだそばを頼んでみました。

Dc0104185
                    *上に乗ってるのはお肉じゃなくて、大豆のアレ

 

Dc0104181
                   *内地風の季節の野菜天ぷらはカラリと揚がってました

 

Dc010491
         *食事についてくるデザート 「あまがし」(金時豆や押し麦を甘く炊いたもの)

 

小鉢もついてたので、思いのほかお腹いっぱい~。

         Dc0104180
                *窓ガラスに映った海を撮ってみた・・・

 

さて、お腹を満たした後は、ちょっと車を走らせ浜へ。

昨日は光の加減や、時間で、あまり青くは見えなかったけど、

透明度はすごくきれいでした!

         Dc0104138

  

温かかったからか、藻がすごかったけど。(笑)

         Dc0104119

 

波打ち際に、たくさん「未確認生物」がいましたよ!

 

 

モフモフ?

いや、ペチョペチョ?

 

いかにも「もっさり」という感じで藻が絡まって、思わず撫でたくなっちゃう姿。

Dc0104108

ね?なんかめっちゃ生き物っぽくない?(๑→ܫ←๑) クッ

可愛い♥ 

尻尾のようにチョロリと藻が垂れてるところとか、絶妙。(笑)

 

Dc0104106

こんな正月休み最終日でした~。

 

| | コメント (3)

2010年1月 3日 (日)

お正月の風景(沖縄の場合)

ちょっと上着を着ただけで・・・

            Dc0101234

無性にアイスが食べたくなったり・・・

 

 

 

Dc010203

「プシュッ!シュワッ!」をごきゅごきゅ飲みたいような暑さになったり。

 

 

 

 

でも・・・日陰や朝夕なんかは・・・

          Dc0101236

路地でまどろむニャンコも思わず・・・

 

続きを読む "お正月の風景(沖縄の場合)"

| | コメント (4)

2010年1月 2日 (土)

エクセレーンッ☆

万年、寝正月のちょび家ですが、今年は珍しく元旦

「初詣」に行ってまいりました。

ここ数年は、「子年」の守り本尊「千手観音」がある、

首里観音堂に行っていましたが、今年は沖縄生活まる5年になる節目なので

久しぶりに「波之上宮」へ参拝。

          Dc0101230

 

道路は大渋滞でしたが、ちょび家は食べすぎ解消のため、

徒歩で行ったので渋滞回避。

しかしながら、さすが元旦!

境内はひとだらけで、全然前に進まない・・・と思ったら、

「手水」のところでひしゃくの数が6本しかなくて、30分待ちぐらいでした。

誰が整理するわけでもなく、きちんと並んでいるわけでもないのに

静々とひしゃくを譲り合い、誰も文句を言わないのは、

日本人の気質なのか?元旦マジックなのか?

わかりませんが、なんだか「ジャパニーズって謙遜系ね♥」と

夫婦で感心してしまいました。(*'因`σ)σ

もちろん、「手なんかどうでもいいやっ!」ってすっ飛ばしていく

せっかちさんもいらっさいましたけども。(笑)

 

厄年だらけの30代、神社にはお世話になったので、

参拝方法も「二礼ニ拍手一礼!」とすっかり頭に入っちゃいました~。

毎年、お守り(交通安全のも)を買って、おみくじを引きます。

          Dc010236
           *ここの神社の「紅型(びんがた)守り」はお気に入り♪

 

さてさて、おみくじです。

ここ数年、「凶」をひいてばっかりだったヲイラ。

無心で一枚、これだ!ってのを掴み人影へダッシュ!

 

Dc010238

なんてポップなおみくじざますの!?

そう・・・沖縄のおみくじは、裏に英語表記されているのもあるんですよ~。

 

 

・・・ぺらりと剥がす。  ┣¨キ(*゚д゚*)┣¨キ

 

 

 

 

 

Dc010243

「エクセレント」!!(✪ฺܫ✪ฺ)

 

 

 

・・・って何?(笑)

ひっくり返してみてみると。

Dc010253

「大吉」デタ━━━゚(∀)゚━━━!!

 

「大吉」なんてたぶん、10代の頃引いた以来出ていないのさー。

全項目いいことばかり書いてあったもんだから、

なんかおみくじ握り締めて泣きそうになってしまったよ。

んで、「持って帰る~!!!・゚・(ノД`;)・゚・」って、

まるで初めて大吉引いた子供のように、持ち帰ってしましました。(笑)

 

Dc0101227
                      *グッ虎ックgoodshine (駄じゃれ初め)

 

Dc0101221

1月ですが、子供たち・・・泳いでた。=( ̄□ ̄;)⇒

 

どうぞ、エクセレントな年になりますように♪(^-人-^) ニャムニャム

 

 

| | コメント (6)

2010年1月 1日 (金)

2010年キター!

明けましておめでとうございます! Shishi10

やってきました2010年!

紅白見て、スーザンボイル観ながら、そばをすすり・・・

0時には除夜の鐘の代わりに、船の霧笛を聞いて年明け。

「年の初めはさだまさし」を観て就寝。

 

昨年は、クリスマス後からずっと飲んだくれの、食べ疲れだったので

「もう、大掃除と、おせちはいいや~」って思ってたのですが、

師走のスーパーで、

「じゃ、おせちの代わりに何食べる?」と考えると、またそれも思いつかなくて。

結局、毎年同じの、自分が食べたいものだけ作って・・・

お正月を迎えました。

元旦は10時ごろもっさり起きて、こんな感じで。

          Dc0101200
             *琉球ガラスで出来た鏡餅、可愛いのだ♪

 

Dc0101181

結局、三十路にはたまらない煮しめ。

今年は、京人参と京芋を使ってみました。

あー、おいしいなぁ・・・やっぱ「和」だな。(笑)

 

Dc0101163

黒豆は圧力鍋で初挑戦!

加圧の加減がなかなか難しいね。(;´▽`A``

 

 

Dc0101185

伊達巻と、数の子は出来たのを購入さぁ、

日本酒をチビチビ飲みながら、「コント山口君と竹田君」を見て笑う。

 

Dc0101204
           *このガラス製鏡餅、実は泡盛入れ。

         Dc0101208
                   *お雑煮もいつもの関東風で。

 

もうすでに、食べまくりの飲みまくりな2009年、スタートです。

本年もよろしくお願いします!

                ちょびすけ Cho

| | コメント (6)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »