« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

桜づくし

いやいや・・・東京日記、なかなか終わりません。(笑)

最後の最後にすると、ものすごい季節外れになりそうなので

(すでに結構遅いけど・・・)

東京で撮った「桜の写真」を紹介したいと思います。

予想よりも開花が遅れ、蕾の時期から桜吹雪まで

存分に堪能することが出来ました。



いろんなところで眺めましたが、自分的には地元の桜が

一番のお気に入りで、カメラ片手に2時間くらい歩いて

たくさん写真に収めました。

Saku_25
川沿いの土手が桜並木なのです



Saku_18
なんとも言えないほのかなピンクですね


Sakura


Saku_35
歩いたつもりで、堪能してくださいね。

またまた、1カ月の期間限定で「デジブック」を作ってみました。

5月29日までの閲覧です。

お楽しみください♪

<お・ま・け>
Dc0417886
無防備に歩いてたけど、「紫外線チェッカー」真紫だった。
Σ(゚д゚lll)ガーン

| | コメント (3)

2009年4月29日 (水)

「井のなか」

本郷~上野を歩いた晩は、お友達と飲みました。

12年前に行ったモンゴル旅行で、たった3人のツアーで

一緒になり、同じ遊牧民のゲル(テント)に寝泊りして知り合った

貴重なお友達。

「結構お酒はいけたはず・・・」と思って、のん兵衛にはもってこい!

な感じな店をネットで探して行ってきました。

場所は錦糸町の駅からすぐ。

Ino1
『井のなか』というお店です。

Ino2

わかる?このチラリと見える「一升瓶」の数々・・・。

このお店は「純米酒 燗酒居酒屋」なのです。

                         キタ――(゚∀゚)――!!

日本酒大好きなヲイラがflairと来ちゃったお店♪

Ino3
コの字のカウンターがいい感じです。
・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・

お店の名前・・・「井のなか」と言いますが、

井の中といったら「蛙(かわず)」ですよね?

実はこのお店、いたるところにカエルちゃんがいるんです♥

Ino4
コースターのカエルちゃんもコレクションしたいほど。

「日本酒いっぱい!&カエルいっぱい!」Kaeru001

これで、ちょびすけがこのお店に行かずにはおれなかった

理由がわかっていただけるでしょうか。(笑)


早速、お通しが出てきました。

Ino5
牛スジ煮込み ビーツスープ

こちらのお店、お野菜を「長島農園」というところから仕入れ

しているそうで、お野菜がすっごく美味しかった!

さてさて、お酒のほうをね・・・。

メニュー表を開くと、びっしり日本酒が。ワ━ヽ(*´Д`*)ノ━ィ!!!!

Ino6

いっちゃっていいスか?最初からいっちゃっていいスか?

「今日は、日本酒を飲む!!」と鼻息の荒いちょびすけは・・・

Ino7
乾杯から「どぶ」(爆)
bottle 奈良県 久保本家酒造 『生酛のどぶ』

うまし!!lovely なにこれ~!!

まろやかで風味もいい~。ぁぁ、五臓六腑に染み渡る。(笑)

アテも日本酒呑みなものを続々と。

Ino8
「あん肝」♥
紅葉おろしが合うだわねぇ~。


Ino9
「〆鯖」♥
大好物・・・あったら絶対頼んじゃう一品。
脂のってる!

お次の酒は・・・と。

Ino10
bottle  山形県 新藤酒造 『雅山流(がざんりゅう)』 純米吟醸

日本酒って香りや味わいもさることながら、

「綺麗」っていう褒め言葉が似合うお酒だなぁ!って思うんです。

キリッとして綺麗でした、雅山流。


まだまだ、食べるよ。食べ続けるよ。むははははっ!

Ino11
鶏しゅうまい 黒酢で♥
ムチムチでジューシー。


Ino12
焼き車麩のたらこペースト添え♥
HPで見て絶対食べる!と思ってた一品。
サックサクで香ばしいお麩にたらこが合う合う~。

そして、あの『夏子の酒』の作者、尾瀬あきら先生

実際に仕込みに携わったという・・・

Ino13
bottle  『おこぜ』
詳しくは こちら
ラベルは尾瀬先生デザイン。
少し黄色みがかった色が付いていますね。

そういえば、店内に尾瀬先生直筆のサインや絵が飾られてました。

ちびちびつまみに入りました。(笑)

完全に日本酒のん兵衛ゾーンです。

Ino14
いぶりがっこ♥


Ino15
クリームチーズの酒盗のせ♥

あれ?かなり飲んでるけど・・・アレが出てこない。

HPで見たアレが。

ちょびすけには、このお店に来たら是非!と思うものが

あったのだけど、それがなかなか出てこないことに気づいた。

(今さら!?笑)

そっか!お燗を頼んでないから出てこなかったんだよぅ~。

慌てて店員さんに、

「あのうぅ・・・○○で出てくるお酒がいいんですけど」と頼む。

そうして出てきたのが・・・

Ino17
『井のなか』さんオリジナル
カエル徳利&お猪口

Ino16
bottle 岩手県 菊の司酒造 『菊の司』

コレコレー!!コレで飲みたかったのー!(*´д`*)ハァハァ 

なんて可愛いんだろう。お酒口にするたび、カエルちゃんが。(照)

そうこうしてる間に、開店時間に入ったはずが

お客さん総入れ替えしてるし。(笑)


・・・いえいえ、まだまだ。

Ino18
若狭名物 「へしこ」

写真撮り忘れちゃったけど、長島農園さんの小松菜のお浸し

が感動的に美味しかった!

野菜が美味しいと、シンプルに食べてもわかるもんだな・・・

と感心。

へしこをちびちび・・・気づけば6時間以上飲んでるし!


そろそろ〆の酒を。

Ino19
bottle 島根県 桑原酒場 「扶桑鶴(ふそうづる)」純米にごり

〆にまたにごり!
`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!
ヨーグルトみたいに爽やかなんだけど、とろみがあって美味しかった!

ずーっとずーっと居て、ずーっとずーっと飲んでたから

オーナーさんもお料理やお酒の話をいっぱいしてくださいました。

料理も美味しく、チョイス日本酒もどれもぴったりで

あっという間の6時間!

「井のなか」さんъ(゚Д゚)グッジョブ!!

ちょびすけ的に ★★★ です!!




あー・・・また行きたいよ~。

いや、絶対行くんだもん。

お友達も美味しかったといってくれて、よかったよかったぁ。

Ino20
井の中になにかいるからチェックしてあげてね。(笑)

錦糸町へ行く、日本酒好きの方は是非是非行ってみてください。

カウンターもくつろげますよ♪

しかし、「電車でカエル・・・」って思うと、じぇんじぇん酔わないね。(笑)

「井のなか」店舗情報は → Inonaka_banner

| | コメント (7)

2009年4月28日 (火)

湯島~上野を歩く

昨日の記事の続きです。

東大前駅から本郷を散策して歩き、湯島までたどり着きました。

ここには三菱財閥の三代目のお屋敷があります。

U1
「重要文化財」なんだね。

入ろうと思ったら、おっと・・・有料じゃないですか。il|li(;=ω=;)il|li

しかも、このあと上野で「国宝 阿修羅展」を見るのがメインなので

あまり時間がなく、外から拝見。

U2
うぉ~!豪邸!!

この建物はジョサイア・コンドル鹿鳴館ニコライ堂を建築した)

という建築家が立てたもので、ガイドブックにも載っていたけど、

内部も非常に見応えがあるようです。

残念だけど、またいつか~。

入り口にも面白いものがありました。

U4
案内板しか見当たらなくて、
「なになに?なんのこと?」と思っていたら。

ありましたありました!案内板の左横の塀に!!

彫刻が施された石塀が。

U3_2

真ん中に、菱餅みたいな模様があるのわかりますか?

もっと接近してみましょう・・・

U5

これは「三階菱」という岩崎家の家紋なのだそうで、

この菱が変形していって、現在の「三菱」の社章になったとのこと。

ヘぇー!なるほどねぇ。勉強になりました。



さて、旧岩崎庭園の北側には、さだまさしの歌でも有名な

「無縁坂」があります。

U6
♪忍ぶ 不忍(しのばず)~ 無縁坂~♪karaoke
って歌ってますよね。

「無縁坂」は、森鴎外「雁」という作品の中で、主人公がよく

散歩する場所として登場するそうですよ。

U7

特に何がある・・・というわけでもなかったので、途中で引き返し

湯島天神の前を過ぎると、もうそこは上野!!

「不忍池(しのばずのいけ)」に到着です。

Dc0417512
ピンクのスワン可愛いな。

U8

上野の桜は満開でした!!

平日だったのだけど、すごい人で・・・。

でも、その人混みも気にならないくらい、桜が綺麗で

昼間っからほろ酔いで楽しそうに飲んでる人達をみて、

「日本だなぁ(笑)」って一緒に楽しくなりました。

U9
柳!!久しぶりに見た!!(興奮)

U10

池のまわりでは、骨董市をやっていました。

一見ガラクタっぽいものも、掘り出し物だったりするんだろうな。

U11
火鉢安い!!
うさぎの「三徳」も可愛いなぁ。



U12
2個で300円の「おさるフック(鉄製)」


U13
真ん中のカメラも気になったんだよなぁ。
かっこいいなぁ。


U14
無造作に並んだ、レンズやカメラ!!
カメラのマニアが吟味してました。

公園内に入ると、桜がまさに「咲き乱れる」というくらい

薄ピンクの洪水が両側から迫ってきて、うぁぁぁ~heart04

U15

Dc0417588

ソメイヨシノってね、木の寿命が60年くらいなんだって。

もともと、戦後復興のためにあちこちに植えられた桜。

ここ上野公園の桜たちは、老木になってきているらしい。

この綺麗な光景も、「当たり前にあるもの」って思ってちゃ

だめなんだなって・・・目に焼き付ける。

立ち直ろうって必死に頑張った人達の心がこもった

桜なんだね。


桜のトンネルをくぐり抜け、国立博物館へ。

U16

この日のメインイベント!!

「国宝 阿修羅展」へ。

Img_8055

(その時の記事は こちら

阿修羅を堪能してから、足もちょっと疲れたので、

上野公園内で甘味を楽しみました。

U17
「新鶯亭(しんうぐいすてい)」さんです。


U18
三色鶯団子

春らしい可愛いお団子ですよね。

一個ずつは頼めないんだけど、とにかく餡が滑らかで

真ん中に入っているお餅も重くなく、ペロッと三個いけちゃいました。

お持ち帰りも出来るみたいですよ。


さ、上野を後にするにはあの人にご挨拶しておかなきゃ。

U19
西郷隆盛どん

西郷どんったら、すごいキュートなウエストポーチ(!?)

してたんだね。(笑)

U20

ちなみにみなさん、一緒にいる犬の名前は知ってますか?

      「ポチ」でも「ハチ公」でもないやい!>ヽ( )`ε´( )ノ

U21
「ツン」と申します。
♪ためになったねぇ~ ためになったよぉ~♪

はぁ~・・・よく歩いた一日でした。満足満足。

って、このあと夜の部が続きますが、それはまた明日paper

*************************************************

ちなみに、骨董市で「おさるフック」買いました。(`ω´)グフフ

Saru
PCラックで満員電車ごっこ。麻ヒモでロープーウェイごっこ。(爆)
オパーイがあるので、♀らしい・・・(ノ´∀`*)

| | コメント (3)

2009年4月27日 (月)

文豪の面影を歩く ~菊坂から金魚坂

3月中、冷え込んでいた東京も、4月になってぽかぽか陽気に。

桜も一気に咲き始め、3月下旬から始まった

「国宝 阿修羅展」へ行くことに。

博物館へ直行するのももったいないので、出発前に買ってあった

下町散策のガイドブック片手にカメラを首から提げて、

ガイドブックに載っているコースを歩いてみることにした。book


降り立ったのは、

Bu1

ここから、文京区本郷→湯島→上野と、歩きます。

東大病院に入ったことあるけど、「東京大学キャンパス」は

初めて! (赤門はどこ?安田講堂ってまだあるの?などドキドキ)

Bu2


文京区本郷あたりは、多くの文豪が住んでいたところ。

見所も想像以上にあったけど、時間的に無理そうだったので、

ガイドコースどおりに。

Bu3
ね?すごいたくさんあるでしょ?

早速道に迷って、角にあったクリーニング屋さんのおじいさんに

聞く。

「銭湯の煙突が見えたら2~3メートル先を右ね、

看板あるからね。銭湯の煙突だよ。winkpaper

優しく丁寧に、何回も教えてくれた。

ありがとう・・・おじいちゃん。

でも、おじいちゃん・・・銭湯の煙突・・なかったよ・・・。(ノД`)シクシク



ここかな?あっちかな?とウロウロしていると、同じように

ガイドブック片手にウロウロしてるご年配のご夫婦がいらして。

思わず一緒に行ってしまった。(笑)

Bu6
Σ(゚Д゚;エーッ!!こんな道絶対わからないよ~・・・
っていう、住宅街のものすごい細道の先には・・・




Bu7
「樋口一葉 住居跡」

もう、建物はないけれど、樋口一葉が毎日使っていたであろう
「井戸」が今もひっそり小道の中にありました。

Bu8
お家に囲まれているので
静かーに見学しましょう~。

はぁ、東京とは思えないぐらい閑静。・:*:・(*´∀`*)・:*:・

だけど、自転車が止まってたり、洗濯物が干してあったり・・・

そこにはちゃんと生活感があった。

一葉はここで過ごしていたころ、家庭に多額の借金があり、

苦しい生活をしていたようです。


ここから程近い所には、一葉が通った「質屋さん」がありました。

Bu4


Bu5
今は質屋さんはやっていないみたい。


またしばらく歩くと、こんな人の住居跡もありました。

Bu9

ヲイラは宮沢賢治が好きで、賢治の生誕100周年の年には

岩手県へ「賢治ゆかりの地めぐり」の旅をしたくらい。

この場所は、最愛の妹「トシ」さんの危篤の知らせがあるまで

住んでいたそう。

知っているつもりだったけど、「注文の多い料理店」や

「どんぐりと山猫」なんかの童話が、東京で書かれていたのは

知らなかったぁ~。

黄色い矢印で「右の建物の2階中央です」って書いてあるけど、

今はすっかり新しいアパートが建ってました。

(2階はどなたか住まわれているようだったので撮影せず)

Buu10
さすがにこの建物ではあるまい。(笑)

建物は新しくなっているけど、ここに賢治が住んでいたと思うと

なんだかタイムトリップした気分。

教科書で見覚えのある風貌で、宮沢賢治がひょっこり出てきたり

などと一人で感慨にふけってみる。


商店街を歩いていくと、また左手に小道があって

「金魚坂」という短い坂がありました。

Bu11

細ければ細いほど、その先に何があるのか気になる。(笑)

食事が出来そうだったので、ここいらで一休みすることに。

ゆるやかな坂を上がったところには、可愛らしいお店があった。

Bu12

Bu13

なんで金魚坂なのかと思ったら、ここは金魚を飼育して

販売しているんですよ。

Bu14
ホーローの鉢と金魚のセット販売してた♪

店内に入ると、飲食スペースは階段で一段下がるようになっていて、

天井が高くて開放的!

Bu16
階段で下がるようになってるの、わかるかな?

セットの中国茶をすすりながら、

「金魚番付」などをほぅほぅと眺めていると・・・

Bu15
これ、金魚番付。

常連さんらしきお客さんが、お連れの方に説明してました。

「ここのね、階段で一段下がってるところは、昔は巨大な

水槽だったんだよ・・・」って。

才オォ(。゚Д゚)ォオ才

ってことは、今、ヲイラは「元水槽」の中に座っているわけだ!?

いいこと聞いちゃったぁ!これだから、こういう旅はやめられない。

お一人様だからその場で共感する人はいなかったけど、

一人で((o(´∀`)o))ワクワクしてしまった。(笑)

「やーん!ヲイラったらポニョじゃーん♥(心の叫び)」


そうこう悶えているうちに、注文してたカレーがやってきた。

Bu17
じっくり煮込まれて、お肉もホロホロになった「黒カレー」
美味しい!!
カレーに赤だしのみそ汁ってのも斬新。

ゆっくり時間かけてカレーを堪能。

お茶でホッとした後は、この次のルートをガイドブックで確認。

さぁ、上野へ向けて出発だ!


おっと、その前に・・・。

金魚屋さんの水槽も見学していきましょうね。

Bu18
このあたりは、夏になったら金魚屋さんが売りにくるのかな?
昔の下町の風物詩だよね。fish
「きんぎょぉ~ ぇぇ~  きんぎょっ♪」って掛け声。


Bu19
ポンポン金魚、綺麗だなぁ!

明日へ続く!

| | コメント (6)

2009年4月26日 (日)

久しぶり~!なケーキ

沖縄では、輸送の関係上、内地のチェーン店でないものが

結構ある。

最初は「あれ・・・ないのか~」なんて思ってたけど、

生活にも慣れてくると「何がないのか」忘れてたりして。

たまに東京に帰って「おー!おー!そんなのもあったね!!」

ってなんかいろいろ思い出すのが面白い。


今回妙に懐かしくてウキウキしたのが・・・

Dc0417725
「コージコーナー」のケーキ!

「GINZA」とあるものの、近所の大きめなスーパーなどに

結構入っていて、値段もリーズナブル。

ペコちゃんの「不二家」に次いで、親近感のあるチェーン

ケーキ屋さんだ。

一時期ものすごい流行って、お遣物によく買った。

コージーコーナーの何が素敵って、とにかく全てがジャンボ!!

特に「ジャンボシュークリーム」が美味しかったなぁ。


久しぶりに、実家に帰りがてら買って帰った。

Dc0417731
モンブラン・ミルクレープ・桜と抹茶のケーキ・抹茶のシフォン

ケーキって頂くのもすごく嬉しいし、選んでいる時のあの感じも

とてもHAPPYで好き!

「○○はあんなの好きだしなぁ~♪あ、でもこれも旬な感じで・・・」

なんていろいろ考えながら、結局どれも自分が食べたいもの

だったりして・・・。(笑)


一人暮らしの頃、不二家で2年間アルバイトをしていたのだけど、

ガラス越しにお客さんがケーキを選んでいる姿が、

温かい笑顔で好きだった。

なんだかみんな目がキラキラしていて、

子供はガラスに張り付いて見てるし(笑)、

特にバースデーケーキを選ぶ時のお客さんの

柔らかな表情ったら、今思い出しても微笑ましい。shine



そんな「いつものケーキ」は、とっても楽しくて美味しかったなぁ。

  Cozy

不二家にはさらに思い入れがあるから、また食べたいなぁ。

でも、実家付近になくなっちゃったんだよね。(ノД`)シクシク

| | コメント (7)

2009年4月24日 (金)

ブクロ☆

帰省する直前、「黒部トンネル」のドラマを見ていたら

頻繁に「Echika池袋 OPEN!」のCMが流れていました。

通常は沖縄で東京の新スポットのCMなんて見ないけど、

ドラマのスポンサーが「東京メトロ(地下鉄)」

だったからのようだった。


確か沖縄に来てしばらく経ち、久しぶりに東京・表参道の駅に

降り立った時に、駅構内がものすごいオサレなことになっていて

「ちょっと離れただけで、すでに浦島太郎・・・il|li(;=ω=;)il|li 」

とびっくりしたソレが「Echika(エチカ)駅の地下だからだった。


そんな「Echika」がヲレ達の『ブクロ』・・・そう、池袋に出来た!

※ちょびすけは西武池袋線沿線育ち

「よかったなー!ブクロ!!これでもうバカにされないぞ!」

     ┐(´∀`)┌ <オイオイ 表参道の次にブクロに来ちゃったよ♥

とか、ほくそえみながら行ってみた。(笑)

Buku1
うっとりウサちゃん、カワユス♪

池袋を「副都心線」が通るようになり、それに合わせて!?

出来た感じのようです。

福岡の天神地下街とまではいかないものの、

ちょっとだけ雰囲気のある一角になっていました。

Buku3

事前にチェックして行ったのだけど、ヲイラが福岡で惚れた

「カランコロン京都」の系列SHOP、「げたばこ」というお店が

入っていたので、喜びきわまりない感じで。

Buku2
横一列の陳列だから、数は少ないけどね。

少ないながらも、おいてあるもの全てがツボでいいわぁ~。

ってなわけで、ここでもあれこれ買っちゃった。

Buku4
ロゴもなんか好き♥


Buku5
手ぬぐい・小風呂敷・花札風ポチ袋

「Echika 池袋」はテイクアウトの食ゾーン

なかなか充実してて面白かった。


驚いたのは、今回購入しなかったけど「ブクロドッグ」っていうの。

Bukurod
※画像拝借

そうアレ!以前記事に書いた「チーズドッグ」ですよ!!

実はこのチーズドッグ、池袋西武の地下が発祥の地らしいのです。

なるほど、それで「流行ったよね?」がヲイラ界隈でしか通じない

理由がわかったよ。(笑)

その場でいろんなトッピングで焼いてくれるみたいだから、

次回は買ってみようっと♪



面白いな・・・と買ってみたのは、ベーグルをスライスした

ラスク。

「JUNOESQNE(ジュノエスク)」というベーグルのお店の商品。

Buku6
ざらめ醤油なんてのもあって、珍しい~

わざわざ行くってほどでもないんだけど、池袋を利用している

人にはちょっと嬉しい「Echika」なのでありました♪

| | コメント (6)

2009年4月23日 (木)

谷中散歩。

浅草で一番のお目当てだった別腹。

「どんだけ豆?」ってくらいすごい、梅むらの「豆かん」

その為に、仲見世での食べ歩き、お昼もおそばで控えめに

しておいたのに、散々迷って探したにもかかわらず、定休日。sweat02

ぁぁ・・・なんて詰めが甘いんだちょびすけ・・・。il|li(;=ω=;)il|li


気を取り直して、電車で日暮里へ移動。

「谷根千(やねせん)」(谷中・根津・千駄木)を、

谷中~千駄木コースで散策することに。

Ya1
「谷中霊園」
桜、一分咲き!?
(徳川慶喜など、著名人のお墓多数)

ここでまた、「谷中カフェ」というところに行くはずが見つからず、

交番で教えてもらうも、「移転のため閉店」の張り紙・・・。

ガガガ━Σ(ll゚ω゚(ll゚д゚ll)゚∀゚ll)━ン!!!

神様・・・ヲイラは休業の星の元に生まれたのでせうか。(泣)



でもでも、谷中でのメインははずしませんでしたよ~。

それはヲイラの「和物好き」のルーツになった店。

高校時代に初めて買った風呂敷がここのもので、

それ以来の手ぬぐい・和物好きなのです。

Ya2
「いせ辰」
※江戸時代末期1864年創業の江戸千代紙専門店
絵柄は現在1000種類以上あるらしい

この、谷中の本店は、ものすごーく小さなお店で、

遠くから歩いてきて「あ!あそこは絶対いせ辰だわ!」って

わかるぐらい。

なぜなら、人が入りきらなくて外で順番待ちしてるから!

                            ヽ〔゚Д゚〕丿 スゴイスゴイ

Ya4

「江戸千代紙」は、浮世絵師が考案した模様を、

彫師が版木を彫り、摺師が和紙に手摺りしたものなのだって。

店内には千代紙以外にも、粋な柄の和小物がたっくさん!

Ya5
もう、ここに住んじゃいたい!
ちと狭いけど・・・。

やっぱり、いせ辰の風呂敷は柄が断トツにかっこいいのだ。

今回の戦利品は・・・。

Ya6



いせ辰、お薦めです!

Ya3
この看板をお見逃しなく~。

***************************************************

和小物を堪能し、団子坂を歩いていると、これまた趣のある

おせんべい屋さんがあります。

Ya8
「菊見せんべい総本店」



Ya9

見ているだけでも楽しいよねぇ。

ここのお店には、森鴎外がよく買いに来ていたそうだよ。

下町には、多くの文豪が住んでいたから、こういう老舗が

たくさんあって、同じところで買ってると思うと感慨深いです。

Ya10
左の四角いおせんべいを買いました。

*************************************************

さて、浅草からずっと歩き続けて、チェックしてたお店で

いろいろゲットして、そろそろ甘いものを補充しなければ・・・

というわけで、「店がやってなかった」続きでしたので、

通りがかりの個性的な雰囲気を醸し出しているお店へ。

Ya11
名前からして、ワクワクするよね。
オーナーが「江戸川乱歩」好きらしい。

ちなみに、乱歩の「歩」の字に、○がつくのがポイントです。

ここは喫茶店なので、いわゆる「甘味系」はなかったけど、

お薦めのレアチーズケーキがとっても滑らかで、

ほのかな酸味で美味しかったぁ!

Ya12

谷中界隈はものすごい猫が多いようで、店内に

「猫マップ」(どこのあたりになんと言う猫がいるか)なんぞが

貼ってあって笑った。

もちろん、ここのオーナーも大の猫好きで、

看板猫(フロアマネージャーらしい)「良介くん」なる

存在がいる。

なんと良介くん、眼鏡をかけているとのことで店内をくまなく

探してみたけど、「にゃぁ~」という鳴き声だけで発見できず。

Ya13

猫好きなあなたも、谷中へ行ったら「乱歩」へ

「ビールと女性好き」の良介くんに会いに行って見ませんか?cat

| | コメント (9)

2009年4月22日 (水)

やげん掘

昨日に続きまして、浅草日記。

仲見世通り、浅草寺を散策のほかに、浅草へ行ったら・・・

と決めていたお店がありました。

これまた、仲見世通りと十字に交わっている

「新仲見世通り」にある七味屋さん、「やげん掘」です。

Asa14_2

こちらのお店では、自分の好みに七味を調合してくれます。

Asa15_2

昔っから、縁日の屋台で売ってる七味屋さんで、

歌を歌いながら調合しているのを見て、憧れていたっけなぁ。

あ、こちらのお店では歌は歌いませんけどね。(笑)

ちょび家は山椒好きなので、「山椒多めで・・・」とお願いしたところ、

やげん堀さんの七味は、もともと山椒の風味が強めとのこと

だったので、かわりに「陳皮(みかんの皮)」を多めに調合。

Asa17

調合しなくても、中辛などすでに袋に入っている商品もあります。

七味の入れ物もたくさん置いてあって、それはそれは可愛い!

携帯用など、どれも味が合って欲しくなっちゃうものばかり。

Asa16_2

木製のを買っちゃおうかなぁ・・・とも思ったけど、

やはり湿気には弱いらしく、沖縄には不向き!?と思って断念。

でも、とってもリーズナブルで可愛いのがあったので、

七味用山椒用と色違いにしてみました♪

Asa18
黒地に赤い唐辛子柄がキュート

Asa19

気づけば以前、友達が送ってくれた七味がここのだったよ。(笑)

***************************************************

あともう一箇所、浅草で寄っておきたかったところへ。

浅草寺に向かって右側に、交番があるのだけど、

そこの前に1本のイチョウの老木があります。

Asa12

疲れた足を癒すため、皆さんが何の気なしに腰掛けていましたが

実はこのイチョウ・・・とっても重みのあるイチョウなのです。

交番側へまわってみると、それがなぜだかわかります。

Asa11

頼朝が挿し木したと伝えられていることもありますが・・・

裏側には無言ながらも、訴え続けているものがあるのです。

Asa13
空洞になって、真っ黒焦げになっています。

たびたびの空襲をうけ、東京大空襲をくぐりぬけ、

その身を焦がしながらもこの場所に今日まで、

無言で何かを訴え続けているのですね。

広島・長崎・沖縄のように平和学習をあまりしていない

東京っ子ですが、大戦中は東京下町も壊滅的な被害を受けたこと、

もっと知るべきだと思いました。

人で賑わうこんなところに、ひっそりと立ち続ける負の遺産。

楽しいことも・・・ですが、どうしても見ておきたかった

「浅草で見ておきたい場所」のひとつです。

そうそう、余談ですが浅草寺境内、「ハトマメ」禁止になってた。(笑)

どうりで鳩がいなかったよ、うん。 ポロッポー♪

| | コメント (6)

2009年4月21日 (火)

下町散策~浅草編

さて、がっつり春休み(!?)で東京へ向かったちょびすけですが、

世の皆さんは「年度末・年度始め」で多忙のど真ん中。

っていうか、基本的に平日ってお仕事であったり、

子供の幼稚園やら小学校があるわけで・・・。(;´∀`)

こりゃぁもう、平日昼間はお一人様散策でしょう!ってことで

行ってきましたのは・・・

Asa1
台東区浅草!
(アサヒビールのビルって何回観てもすごいよね。
いつも、よい泡立ち加減で・・・笑)

ベタでしょ~?ベタなんですよ、はい。

最近、ベッタベタなところに興味津々なんです。

もう、「どうだ!東京!」っていう写真が撮りたくて。(笑)

で、ここなわけです。

Asa2
桜は二分咲きくらいなのに、ものすごい人込み!

Asa3
ちなみに、雷門の堤燈を真下から見ると、
立派な龍の彫刻があるって知ってた?
(クリック拡大)

浅草は何回か来たことがあるんですが、仲見世通りの

あのベタ加減が大好きで・・・。

誰が買うんだろう?っていうペラい着物だったり、

ペナントだったり、刀だったり。(´`c_,'`)プッ

Asa4
この・黒」の配色がお江戸感を醸し出しているよね~。

一軒一軒見たいところだけど、先が長いので要所要所で。

Asa5
柴犬のぬいぐるみ可愛かったなぁ。
五重塔の右にちょこんと見えるのが「浅草花やしき」でござーます。
フリーパス買って、半日で見終われる花屋敷はお薦めですよ!
いろんな意味で。(笑)

さ、ちゃんとお寺さんにお参りお参り・・・

お約束のお線香かぶり(治したい所に煙をかぶるアレ)と、

手水で清めてね。

Asa6
浅草寺が修復中だったのがちと残念!

お参りした後は、周辺を散策です。

Asa10
猿回しやってたずらよ♪

浅草寺へ向かう仲見世通りと十字に交わっている

「伝法院通り(でんぽういんどおり)」ってのがなかなか面白い。

こんな看板発見です。

Asa7
なんとな!?
ねずみ小僧がどこかに潜んでいるとな!?
探せ探せ!ねずみ小僧~!!



(」゚ロ゚)」<いた━━━━!


Asa8
「志村、上~~~!!」(笑)

他にもあっちこっちにいろんな方がいましたよ。

Denpoin

Asa9





なかなか趣のある通りでして、

櫛屋さんだったりタワシ屋など・・・。













Tawasi_3
この巨大「ワニたわし」を2~3歳くらいの女の子が
ずっと小脇に抱えてて、離さず・・・。
お兄ちゃんが「欲しいんでしょ?ね、お母さん欲しいんだって!」
なんていう会話がなされてましたが・・・

うーん・・・そのぬいぐるみ痛くないかい?
お母さんも、いいよと言えないよねぇ。
3900円のたわしのワニじゃ。(同情。笑)
(;ωノ|柱|

盛り上がってたら、すっかりお腹も空いたので、お昼ご飯。

どこも長蛇の列で、あまり満腹にしたくなかったので、

お蕎麦屋さんへ。

Asa14
「尾張屋」さんというお店。

なんでも、小説家の永井荷風が通った店らしく、

写真などが飾られてました。

お天気ながらも、ちょっと小寒だったので温かい天ぷらそばを。

Asa15
立派な海老の天ぷら!
しっぽまでバリバリ食べちゃいました。
おつゆもお蕎麦も美味しかったなぁ。

まだまだ散策は続きますが、続きはまた明日~。

そうそう、途中でヲイラ的にものすごいツボでレアなものを

発見し激写してみましたcameraimpact

Asa16
ご存知でない方はこちらをどうぞ!karaoke
(爆笑したい方必見!)

| | コメント (6)

2009年4月20日 (月)

憩いの場「ファミレス」

「憩いの場」っていうと、なんかおばあちゃんっぽいね。(笑)

地元に帰ったら、まず行きたかった場所。

それは、ファミレス

夫くんがあまりファミレスを好まないので、最近はすっかり

行かなくなっているのだけど、東京郊外育ちのヲイラには

「外食=ファミレス」という図式が出来るほど、

馴染みの店。(笑)

果たしてお料理が美味しいのか!?と聞かれると、

それは微妙なラインでもあるのだけど、いろんな意味で

「ごちそうの場所」だなぁ・・・と最近気づきました。


そんなヲイラのために、地元の友達がファミレスに

付き合ってくれました。

Dc041701
お目当ての不二家レストランが閉店しちゃってて、
「COCO'S」に変更。


Dc041703
ファミレスの扉を写真撮ってるのって、
かなり怪しいよね。( ´,_‥`)プッ

今は結構当たり前になりつつある、ドリンクバーも

出たての時は、才オォ(。゚Д゚)ォオ才 って驚いたもんだよ。

ヲイラ的には、お茶の種類が豊富なドリンクバーに遭遇すると

テンションupupupです。

Dc041704
フレーバー付きの緑茶まであって、
ъ(゚Д゚)グッジョブ!! COCO'Sさん。

久しぶりのファミレスでは、いかにもそれっぽいものを注文。

Dc041706
「ジャンバラヤ」
┴┬|゚Д゚)))キタコレ

ジャンバラヤが初めて登場した時、

名前のインパクトといい、程よいボリュームといい、

メニューを後ろから開くタイプ(別腹チェックのため)のヲイラには、

非常に斬新だったもんだ。 (後ろのほうに載ってるのよね)

で、ジャンバラヤってどこの料理かってことは、

いまだに知らないけどもね。(笑)


そして、ファミレスといったらこれよね~・・・な別腹!!

Dc041711
パフェですよ、パ・フェ♥
(*´I`*)

もうね、これだけで500キロカロリー近くあるの。

やばいの、笑っちゃうくらい。(;^ω^)

で、そんな会話をメニュー見ながら

「ギョエー!だめ?これ?」

とか人に判断委ねちゃったりする空間が楽しいのよね。

「いいんじゃん?食べちゃえ!食べちゃえ!」

みたいな?(笑)

たぶんヲイラはそういう時間と空間で、ファミレスが好きなんだな。


郊外に住んでると、飲食店といったらもっぱらファミレスが

多い・・・というか、そうじゃないお店はほとんどないのだよね。

そんな中で育ったので、

「お父さん遅いから、今日は外食ね♪」

なんて時のこっそりファミレスも楽しかったなぁ・・・って。

メニューをパラパラしながら、どれにしよう~♪♪っていう

時間が、子供ながらに至福な時でした。


今じゃもう、24時間じゃなくなりつつあるそうだけど、

昔は、友達と夜遅くまでファミレスでしゃべったもんだ。

きっと、思い出も一緒にファミレスが楽しいんだな、ヲイラ。

・・・と実感したのでありました。

           Such a lovely place ! ファミレス♥ (≧∇≦)

**************************************************

そんな、ヲイラのファミレス希望にお付き合いしてくれた

地元の友達からお土産を頂きました。

Dc041920

相変わらず、話題のスイーツにうといヲイラなのですが、

後日、デパ地下でこのお店の前に長蛇の列が出来ているのを

発見!

「グーテ・デ・ロワ」というお店のラスクでした。

これが、バター風味が効いたサックサクラスクで、驚き!

Za


Dc041928

左側のは季節限定ものらしく、ホワイトチョコレートで覆われてます。

これがまた、うまし~でした。

あ(・∀・)り(・∀・)が(・∀・)と(・∀・)う!

Dc041925

| | コメント (3)

2009年4月19日 (日)

日本一早い花火大会

帰省日記を書く前に、ちょっとオンタイムな日記を。

東京滞在中、夫くんから

「宜野湾の花火大会の音楽プロデュースがマッキーらしい・・・」

という情報を得て、

「行くっ!行くっ!もちろん!」とチケットをお願いしておりました。

そんなわけで、昨日、日本で一番早い花火大会・・・

Kaien

「琉球海炎祭」に行ってきました。

ちょうど沖縄に帰って来た翌日、しかーも!

Dc041904
ヲイラの大好きな3人が揃い踏み!!
ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

ヲイラにとって、こんなに贅沢なコラボは、またとないっすよ!

会場は、宜野湾(ぎのわん)市のトロピカルビーチ。

夕日が綺麗でしたぁ~。・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・

Dc041835

折りたたみの椅子を持参して、いい場所に座れました。

たまたま、後ろにいらした方が花火を撮影に来た

「プロカメラマン」の女性で、しかも、CANONのカメラを

使用されていたので、ヲイラのデジイチで花火を撮るコツ

(シャッター速度やしぼり値などなど・・・)を教えていただきました。

三脚ないので若干の手ぶれはしたものの、おかげさまで

素敵な写真が撮れましたよ!

Dc041859


Dc041847


Dc041882


Dc041854   Dc041857


Hanabi1

琉球海炎祭は、花火と音楽のコラボなので、

花火は全てコンピューター制御で、

音楽に合わせて打ち上げられます。

目の前で上がるので、まるで3D画像のように迫ってきて

大迫力!


いろんな曲があって、子供も楽しめたり、思わず笑いがおこったり

夜空を見上げて、大興奮。キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ではでは、夫くんが撮ってくれた動画でお楽しみください。

「崖の上のポニョ」バージョン
お魚、ハート、ヒトデの形にご注目♪





「森永製菓メドレー」
きのこの山、たけのこの里、カール型の花火に爆笑。
※動画ではカールおじさんを探してみてね♪





砂川恵理歌 「ひかり」バージョン
※今宵もうっとりな恵理歌さんの、生歌と花火のコラボです





假屋崎 省吾
 × 槇原敬之 コラボバージョン
※活花をイメージした花火と、独特なアレンジの音楽にご注目

この、カーリーとマッキーのコラボ花火は、素晴らしかった!

カーリーの独創的な活花が花火にちゃんと反映されていて、

花火の音楽に使うには(しかも、音にあわせて打ち上げるには)

ものすごい難しそうな「愛の賛歌」が、

とても幻想的に仕上がっていました。

また、花火が燃え落ちる時の「パチパチ」という音が、

まるでエディット・ピアフの古いレコードを蓄音機で聴いている

ような気分にさせてくれました。


ラストに上がる金色の花火が、夜空一面に広がって

空が「シャンパンカラー」に染まって、とても美しかったです。

「琉球海炎祭」は有料でしたが、行ってよかった!

ビーチだから、人がぎゅうぎゅうというわけでもなく、

海沿いという素晴らしいシチュエーションもあってか、

心地よかったぁ~。


ちなみに、昨日は夫くんの誕生日でした。

ご馳走も食べなかったけど、とても楽しい誕生日となりました。

Dc041907
腕時計をプレゼントしたので、
これでいつ砂川さんに「今、何時ですか?」
と聞かれても大丈夫!(笑)

| | コメント (3)

2009年4月18日 (土)

おらぁ、帰ってきただ。

昨日、名古屋の中部国際空港(セントレア)から、

長~い、春休みを終了して那覇に戻ってきました~!ヽ(´▽`)/

(え?ちょびすけ、どこ行ってたの?笑)

Yaba
矢場とん 「味噌カツ丼」、うみゃぁ~♪

いやはや、沖縄転勤になってから、これだけ長い期間

沖縄を離れるのは初めてで、

さすがに

「ん?ただいまなのは東京?那覇?」という変な感じで。


今回は、おかげさまで桜の開花が遅れたため、

桜の開花から桜吹雪まで、どっぷり堪能できました。cherryblossom

何年ぶり?いや、何十年ぶり?っていう友達にも

たくさん会えたりして、とても充実した春休み頂きました。

(o・ω・)ノ)) <夫くんサンキューです


1カ月前にもなると、記憶もあやふやなアラフォーですが、

写真を見直して、「ぉぉ!そうだったそうだった・・・」と

散策日記もボチボチ更新して行きたいと思います。


年度末、初めの多忙な時期に時間を割いて

お付き合いくださいました皆さん!

素敵な時間をありがとうございました♪

Dc041808
セントレアの和雑貨屋で一目惚れした
「OLさん ポチ袋」 

| | コメント (2)

2009年4月 6日 (月)

大収穫!

またもやあちこちに出没しては、「買い付けか!?」ってくらい

手ぬぐい収集に余念のないちょびすけです。

今回の収穫総まとめは、おいおい紹介するとして、

「まさかこれが手に入るとは!!Σ(・ω・ノ)ノ!」という、

とっておきの一枚をお見せしちゃいます♪

Img_8097
ん?なになに?
何の柄?

これ、実はあの方のデザイン。

Img_8099
消しゴム版画作家 「ナンシー関」さん

2年前に衝動買いした「ハイカラ手ぬぐい案内」という本に載っていて、

うわー!!素敵すぎる・・・!!

と感動していた手ぬぐい。



手ぬぐい目当てでもなく、ふらりと立ち寄ったPARCOで発見し、大興奮。

即座に手にとってました。(笑)

さりげなく帯にプリントされたタイトルに、軽くめまいを覚えるくらいツボ。

Img_8104
(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

課長でも係長でもなく、部長

ジャパニーズサラリーメン部長らしく、美しいおじぎ。(笑)

Img_8107
「いやいや・・・どうも」
「こちらこそ、どうも」
腰の角度が絶妙な部長。(笑)

がんばれ!部長!って感じの素敵手ぬぐい。


いやぁ・・・出逢っちゃったなぁ。

まさかあそこで、この究極の一品に遭遇するとは思わなんだなぁ・・・。(感動)

ちょびすけの「手ぬぐい道」は、まだまだ続くのであった・・・。

| | コメント (6)

2009年4月 3日 (金)

国宝 阿修羅展

桜満開で、人があふれる上野へ行ってきました!train

Img_8063

それは、ヲイラが人混みをすり抜けてでも行きたいものをやっていたから!

上野の森にある、国立博物館で開催されている「国宝 阿修羅展」

Img_8055

「阿修羅像」と言えば、誰もが日本史の教科書で一度は目にしたことが

あるであろう、有名な像ですね。

三つの顔を持ち、六本の腕を持っています。


阿修羅像は、通常、奈良県の興福寺にありますが、

来年2010年で、奈良に都が置かれてから(※710年“なんと驚く平城京”ですよ。笑)

1300年を迎えます。

(せんと君とか、まんと君とかはそのキャラクターですね)


興福寺は710年に、藤原鎌足の子供、藤原不比等(ふひと)が建立しました。

なんと、阿修羅像が奈良より東京にやってくるのは50年ぶり!

しかも、通常興福寺内では「壁面でガラスケースの中」に展示されている

阿修羅が、むき出しの状態で360度から鑑賞できるということで、

「これは絶対に行かねば!」と鼻息を荒くしておりました。

あ、別にそれだけのために上京したわけじゃないですがね・・・。

初日は1万人が来館し、入場制限があった・・・とのことだったので、

遅めの3時ごろに入館。

今回は、八体の守護神像や、十体の弟子像なども来ており、

それはそれは圧巻。

おかげさまで入場制限はなかったものの、やっぱり春休みで、

桜も満開の季節なので、混んでました。(;´Д`A ```

Img_8070

阿修羅像はほの暗い部屋の中に一体で、むき出しの状態で立っていました。

その美しさは、まさに息を飲む・・・といった感じで、静けさの中に

ものすごいオーラを放っていました。

端正な顔立ち、すらりとした八頭身。長くてしなやかな6本の腕。

「ぁぁ・・・このまま何時間でも眺めていられそう。(*´ェ`*)」

正面の顔が一番美しいのだけど、その顔を眺めていると

ものすごい混雑した中にいるにもかかわらず、心が「無」になって

穏やかな気持ちになるから不思議です。


もともと阿修羅はペルシャがルーツで、その後インドの神「アースラ」が由来で

「あしゅら」となったようです。

インド神のアースラの場合、戦闘の神らしいのですが、仏教に取り入れる際に

「今までの戦いを懺悔する」という意味合いを込め、穏やかでいて、

なにか考えているような「阿修羅像」の表情になったとのこと。

心が落ち着くのもそのせいでしょうか。

とにかく、ヲイラは仏像や遺跡などが小さいころからとても好きで、

これを見ないわけにはいかなかったわけで・・・大満足でした。

(6月まで開催中のため、奈良の興福寺にはご不在なので気をつけて~!)


うっとりした気分で出てくると、物販コーナーがあってテンションupup

「阿修羅フィギア」はとっくのとうに売り切れちゃってました。残念!

思わず「マジで!?」と突っ込みたくなっちゃたのは、

ポストカードや、写真集などが並ぶ中、

なぜか麗しの「みうらじゅん×いとうせいこう著書」の『見仏記シリーズ』

ずらりと置かれていたこと。`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

そして、テーマソング!?のCDがアルフィーの高見沢さんだったこと!(笑)

なんか、ミスマッチングなんだけど、ヲイラ的にはツボ過ぎて楽しかったです。



で、結局、阿修羅系のものはなんら買うのを忘れ、国立博物館グッズ

買っちゃいました。

Img_8078  Mag
左がクリップで、右がマグネット


博物館に展示されている、歌川国芳(浮世絵師)の
「金魚づくし」という作品のデザイングッズらしい。
めっちゃかわいいんですよ、「金魚づくし」
Gyo
「酒のざしき」という作品。
ほかにもいっぱいあるみたい、このシリーズ。

奈良の物販コーナーもあり、美味しそうで可愛い、「蕎麦の実 黒こんぺいとう」を

買ってみました。

Konpei

Img_8072

ぁぁ・・・やっぱりヲイラは、いろんなものを見たい聞きたい知りたい!なのでした♪

| | コメント (7)

2009年4月 1日 (水)

灯台下暗し

都会の桜はまだまだ五分もいってないところが多いです。

しかも今日は雨に雷って・・・。

桜散っちゃわないかな~!?(;ω;)

さて、そんな感じで桜が出遅れ気味ですが、案外近所の桜のほうが

咲いてたりします。cherryblossom

むかーし保育園があったところが空き地になっていて、桜の木だけが残って

るのですが、そこの桜が満開でした。

携帯でパチリ!mobilephoneshine

Sakura

あとの桜写真は帰ってから、みんなが忘れたころにUPしますね~。(笑)

| | コメント (6)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »